アート・デザイン・ギャラリー

世紀末ウィーンのグラフィック

世紀末ウィーンのグラフィック
https://mmat.jp/exhibition/archive/2019/20190413-63.html
目黒区美術館
4/13-6/9
 
Img_5657
 
「世紀末ウィーンのグラフィック」展。デザイン、建築、版画などを芸術として扱ったウィーン分離派の展覧会です。主にデザインに注目した展覧会ですが、クリムトやシーレの素描もあります。同時期に開催しているクリムト展やウィーンモダン展などとあわせて観たいです。
 
Img_5658
 
ヴァーグナーやホフマンの建築物はもう少し掘り下げて欲しかったですね。実物の家具が幾つかあったのは良かった。後半の版画などのコーナーは浮世絵などに繋がる様な展示です。
 
Img_5659 
 
やはりウィーン分離派やその周辺のデザインは必見。特にモーザーやベニルシュケ、ココシュカなどの図案などはとても良い。形状を単純化させていく様は琳派を思い浮かべます。クリムト展やウィーンモダン展でおそらくカバーしきれない作品などがこっちにあるのではないかと思います。セットで券とかセット割引あったら良かったのに(あったのかな?)。
  

| | コメント (0)

トム・サックス ティーセレモニー/ポップアップストア(その他オペラシティ 衣真一郎展等)

トム・サックス ティーセレモニー
https://www.operacity.jp/ag/exh220/
東京オペラシティ アートギャラリー
4/20-6/23
 
Img_5957  
 
凄い!とても楽しい!今年の10本に入りそうな展覧会です。茶道やイサム・ノグチへの愛のあるパロディやオマージュを込めた作品たち。バカバカしいのだけど、とてもまじめに取り組んでいます。
 
Img_5901
 
展示は5コーナー:シアター、外部庭園、内部庭園、回廊、歴史展示に別れています。基本は以前にニューヨークのイサム・ノグチ美術館で開催された同名の展示を展示品を追加しながらも再構成したもののようです。
 
Img_5955
 
ジャックナイフ式茶杓、マキタモーター内蔵茶筅、NASAマーク象嵌の金継ぎ茶碗などトムならではの茶道を見せてくれて、思わずクスッと笑ってしまう、もしくはツッコミ入れたくなる、そんな作品ばかりでした。オススメです!
さて、これから細かく展示の紹介をしていきますので、もし、ネタバレが嫌な方は以下は展覧会を見てからの方が良いかもしれません。
 
Img_5867
 
Img_5870
 
まずはシアターの映像コーナー。13分ほどありますが、これは絶対に見ないとダメです。ニューヨークのイサム・ノグチ美術館で開催された「ティーセレモニー」展の映像です。基本的に今回のコンセプトはここに入っています。私は時間調整の為、まず展示のほうをざっくり見てから映像を見て、その後に再び展示を見るという流れにしましたが、この順番は良かったです、おすすめします(実は最後にもう一度映像を見た)。椅子は、以前トムの別展覧会で使われたNASAチェア。これ、背面は亡くなった人の名前ですかね?
 
Img_5954
 
Img_5955
 
出品リストでは回廊にある作品の番号の方が若かったですが、脚立に付けた手書きの矢印看板があったのでそちらへ誘導されるままに行くと、イサム・ノグチ風の彫刻オブジェが迎えてくれます。その奥にある入口が「Torii」。鳥居!?既にトムならではの日本文化の解釈炸裂です。鳥居をくぐって(中央を通ってしまいました、神様すいません、笑)まずは外部庭園。色々なものが置いてありますが、やはり正面のものにまずは釘付けになります。
 
Img_5929
 
Img_5943
 
なんと、池があります。そしてその中には大きな鯉が泳いでます!これ、普通の美術館だと展示室に生き物持ち込み禁止ですからね、オペラシティで良かったですね(ここでも生き物の展示は過去あったのかな?)。そして、その池の横にあったのが……トイレ!インシノレット社のトイレでしたので、排泄物を焼却するエコトイレでしょうか?
 
Img_5790
 
Img_5906
 
そこから茶室のある内部庭園へ行きます。穴の開いた合板や箒の柄やドラム缶で造られた柵と中門を通ります。その横にはコンクリートっぽい色の合板の壁。これまたコンクリート風に穴があいています。作品名「Tadao Ando Wall」。作品名見て笑いました。
 
Img_5901
 
さて、内部庭園エリアへ。こちらにはつくばい、燈籠、待合所、盆栽、茶室などがあります。
 
Img_5796
 
Img_5916
 
一番奥に待合所。その前に燈籠。手前がつくばい。つくばいには石鹸のポンプが、笑。
 
Img_5912
 
Img_5913
 
燈籠はてっぺんに容器、下の部分はバケツで出来ています。
 
Img_5904
 
Img_5903
 
盆栽は綿棒と歯ブラシ。この構成がまさにトムサックスワールド!
 
Img_5885
 
Afof4877
 
茶室は畳敷き。外見に似合わずちゃんとしている風に見えますね。いえ、かなり独自ですけどね。
 
Img_5894
 
Img_5807
 
掛軸、花入もあります。デジタルカウンターは何?手前に設置されたカメラ3台は何?
 
Img_5896
 
Img_5897
 
茶室の水屋。トム流茶道道具が整えてあります。蓋置きがヨーダでしたよね……。
 
Img_5813
 
Img_5878
 
内部庭園から出て、回廊の方には掛軸やベンチ、待合室に靴箱など。掛軸がスタートレックだったり、かなりラフに描いた円相だったりしてます。
 
Img_5957
 
最後に歴史展示コーナーとでも言うのですかね、過去の作品や予備の茶道具などが展示されています。ヘルメットやヘッドホンを使った兜は映像でトムがかぶっていました。
 
Img_5996
 
Img_6022
 
茶道とも日本とも全く関係ないけどロブスターはカッコよかったなぁ。茶道道具はNASAの文字が象嵌された白茶碗やジャックナイフ式茶杓やマキタモーター内蔵茶筅などがあります。こちらも映像で使われていました。
 
Img_5857
 
Img_5965
 
奥の方には白いNASA茶碗の棚。様々なサイズの樂茶碗の様な形の白い茶碗が並んでいます。金継ぎしてあるものもありましたね。
 
Img_5844
 
Img_5967
 
予備の茶道具の棚、ヨーダのペッツは映像に出てきていました。そうか、ヨーダはスターウォーズの中でも日本の精神を学んだようなイメージで出ているのですよね。トランプも出てきていたけどこれはちょっと不明。花札がネタかな?
 
Img_6002
 
Img_6001
 
スタッフの服装も今回の展覧会用に特注です。袖の所にはメッセージが!
 
 
さて今回、この展覧会と連動した展示が都内のギャラリーなどで行われています。その一つがビームス 原宿での「トム・サックス ポップアップストア」。グッズが販売されていて、抽選でNASAチェアの購入権が手に入ります(既に締め切り)。
 
Rtkh3572
 
トム・サックス ポップアップストア
https://www.beams.co.jp/news/1443/
ビームス 原宿
4/19-5/6
 
その他の連動企画は
 
トム・サックス 「Smutshow」
http://www.tomiokoyamagallery.com
小山登美夫ギャラリー 4/20-5/25
 
トム・サックス 「Indoctrination Center」
http://www.tokyo-studio.co.jp/cas
KOMAGOME 1-14 cas 4/20-5/14
 
またスポーツメーカーのNIKEがトム・サックスとコラボした製品のポンチョなどの新作が出るようです。青山のNIKELAB MA5などで4/27から発売とのこと。あわせて行きたいです。
 
 
 
収蔵品展066 コレクター頌 寺田小太郎氏を偲んで
https://www.operacity.jp/ag/exh221.php
東京オペラシティ アートギャラリー
4/20-6/23
 
今回はオペラシティの収蔵品の寺田コレクションを昨年亡くなった寺田氏を偲んで、という形で展示。今年度オペラシティで展覧会が開催される白髪一雄の作品、李禹煥や舟越保武、日本画の屏風なども展示されていました。相笠昌義の公園の絵、舟越桂のドローイングなどは良かったな。
 
 
project N 75 衣真一郎
https://www.operacity.jp/ag/exh222.php
東京オペラシティ アートギャラリー
4/20-6/23
 
ぼんやりとした風景画。モチーフは田園、古墳、建物などいろいろとありますが、独特の筆跡のせいか、受ける印象が同じなのです。何を描いてもイメージが同じというのも面白いですね。
  

| | コメント (0)

吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵

吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵
http://www.nact.jp/2019/chashitsu/
国立新美術館
3/20-2021/5/10
 
Img_5687
 
吉岡徳仁のガラスの茶室-光庵が国立新美術館で公開されています。それも無料で入ることの出来るエリアで、およそ2年間の長い期間の公開ですので慌てなくても大丈夫!
 
Img_5743
 
このすべて透明の茶室は以前、2011年に第54回ヴェネツィア・ビエンナーレで公開、その後2015年に京都の将軍塚青龍殿の大舞台で公開されていました。私はどちらも見ることが出来ず、残念な思いをしていたところ、東京での無料公開と言う話を聞いてさっそく見てきました!
 
Tfwi1611
 
黒川紀章設計の国立新美術館のガラスファサードを背景にするとまた見え方も変わってきます。
 
Img_5713
 
ガラスの茶室と言うことで「光」によって見え方が変化していきます。斜めに差し込む光を屋根が反射していく様は美しかったです。雨の日、夕陽に照らされて、夜の佇まいなど様々な姿を見てみたいです。
 
Img_5711
 
Img_5693
 
他にも周囲には吉岡徳仁デザインのガラスの椅子「Water Block」も展示されています。これ、六本木ヒルズにある、雨に濡れると透明度が上がりさらに透けて見える椅子と同じ素材かな?
 
Img_5701
 
Img_5706
 
にじり口は下部だけにレールがあるのでしょうか?上部にはレールらしきものは見当たらず。
 
Img_5696
 
Img_5705
 
床部のクリスタルの固まりは見事ですね。部屋内にあるオブジェと共に日の光を一番受けそうな面です。この上を歩くの軋みそうで怖いです。もちろん構造上はしっかりとしているでしょうけど。

| | コメント (0)

トルコ至宝展/うつわベーシック 碗と椀/Bunkamura Gallery Selection/米田知子「アルべール・カミュとの対話」/国立新美術館のデザイナーズチェア

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美
http://www.nact.jp/exhibition_special/2019/turkey2019/
国立新美術館
3/20-5/20
 
Img_5736
 
トルコ イスタンブールにあるトプカプ宮殿のお宝が来ています、と言う展覧会。その実は、なんとチューリップ展でした!いや、もちろんトルコ石やダイヤモンドなどの宝石が眩い装飾具なども沢山あります。
 
Img_5737
 
オスマン帝国の皇帝の住処であるトプカプ宮殿。宮殿内にあったハーレムは有名です。奴隷として連れて来られたトプカプ宮殿内にあった女性を集めたエリアです。その女性たちも運よく皇帝の寵愛を受け皇子を産めば待遇が良くなるのですね。
  
Img_5739
  
その宮殿にはあちこちにチューリップをモチーフにした装飾があります。この花はトルコ語で表現される4文字の綴りがアッラーの並び替えになることより、とても崇められていたそうです。最後にあった日本との交流ゾーンも面白いです。
 
 
 
うつわベーシック 碗と椀
http://www.nact.jp/information/museumshop/gallery/utsuwabasic/
SFT GALLERY
3/13-5/13
 
Img_5721
 
16名の作家さんのつくる茶碗(椀)の展示。購買も可能です。小野哲平さんの茶碗があり、現在、私も使っているのもあってかこの風合い好きだなぁと改めて思いました。
 
 
 
Bunkamura Gallery Selection
https://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/190417selection.html
Bunkamura Gallery
4/17-4/24
 
Img_5668
 
出展アーティスト:大矢加奈子 奥澤華 経塚真代 ZUCK 長友由紀 西浦裕太 伏黒歩 丸山純子 水田典寿 渡邉知樹。
 
Img_5671
  
以前BankARTでも見た丸山純子さんのレジ袋の花がありました。ただ、この作品、見る場所でだいぶイメージ変わりますね。
 
 
 
米田知子「アルべール・カミュとの対話」
http://shugoarts.com/news/8947/
シュウゴアーツ
4/13-5/25
 
小説家 アルベール・カミュに関わる土地に実際に行って撮影された映像と写真の展示。フランスのパリ日本文化会館や上海ビエンナーレで展示されたものを再構成したものだそうです。
 
 
 
そう言えば、国立新美術館の館内にある休憩用の椅子等はデザイナーズチェアなのは前から知っていましたが、作家と作品名のキャプションがあるのは気づいていませんでした。埼玉近美にも同じようにデザイナーズチェアが置いてありますし、埼玉の方が種類は多いですが、物の具合はこちらの方がいい感じですね。
 
Img_5716
アルネ・ヤコブセン「スワンチェア/エッグチェア」
 
Img_5732
ハンス J. ウェグナー「CH07 シェルチェア」
 
Img_5734
ハンス J. ウェグナー「CH25 ラウンジチェア」
 
Img_5717 
紺野弘通「RINチェア」
 
全部で何種類あるのか探してみたいです。 
 

| | コメント (0)

ギュスターヴ・モロー展― サロメと宿命の女たち ―

ギュスターヴ・モロー展― サロメと宿命の女たち ―
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/19/190406/
パナソニック汐留美術館
4/6-6/23
 
Img_5628
 
最近、世紀末芸術が流行っている気がします。去年のルドンやロートレック、ムンク、ガレの展覧会。今年はエドワード・バーン=ジョーンズに出ている展覧会もありますし、これからクリムトやウイーン分離派やミュシャの展覧会もあります。そしてこのモロー展です。この美術館にはルオーのコレクションがありますが、ルオーはモローの弟子でした。ご本人が準備をしたモロー美術館の初代館長でもあります。他にもフォービズムのマティスやマルケなどもモローの影響を受けた画家。
 
Img_5626
 
この展覧会では拡大解釈をすれば(かなり個人勝手な解釈ですいません)モローは「まるでマザコンで、何か酷い目にあったのか女性は男を惑わすものだと思っていて、愛した一人の女性とは結婚せず(出来なかったのか)、でも美しい女性を描くことはやめられない、女性の官能さが気になり、描く女性が本当に美しい」と言う画家のように見える展覧会でした。実際にそうだったのではないかと思います。作品は素晴らしいです。
 

| | コメント (0)

ブレイク前夜展

ブレイク前夜 次世代の芸術家たち
https://art-view.roppongihills.com/jp/shop/adgallery/prebreakthrough/index.html
六本木ヒルズA/Dギャラリー
PartⅠ 3/29-4/8、PartⅡ 4/10-4/21
 
Img_5520
 
Img_5518
 
PartⅡ参加作家:浅香弘能、浦川大志、金巻芳俊、神田さおり、木原千春、鮫島大輔、杉本克哉、平良志季、冨田伊織、富田菜摘、永島信也、ヒグラシユウイチ、藤田朋一、宝居智子、松枝悠希、宮岡貴泉、山田航平。
 
Img_5510
 
Img_5508
 
PartⅡを見てきました。金巻芳俊の多面の木彫り彫刻の女性、富田菜摘の廃品を使った動物達などおなじみの作品たちもありました。他にも冨田伊織の透明標本も良く見ますね。
 
Img_5506
 
Img_5516
 
松枝悠希の飛び出るマーク、ヒグラシユウイチの岩塩のピストルも最近良く見ます。ブレイク前夜というよりもアートファンなど一部にはブレイク済み的な作家も多いです。
 
 

| | コメント (0)

進行的収蔵/BERNARD FRIZE/TIGグループ展/杉戸 洋「cut and restrain」/有元伸也 「TIBET」/平川 紀道 human property

進行的収蔵
http://www.otafinearts.com/jp/exhibitions/2019/post_124/
オオタファインアーツ
3/19-4/20
 
参加作家:竹川宣彰、嶋田美子、アキラ・ザ・ハスラー、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、さわひらき、タン・ディシン、マリア・ファラー、アンディ・ウォーホル 、ナム・ジュン・パイク、Wang Zhibo 他
 
Img_5535
 
六本木クロッシングでも話題の竹川宣彰「猫リンピック」の小型版がありました。愛らしい猫たちの競演!
 
Img_5539
 
小沢剛「なすび画廊」は草間彌生とか福田美蘭とか照屋勇賢とか……。
 
Img_5541
 
丸山直文の絵画や杉本博司やアラーキーの写真。
 
Img_5537
 
他にも奈良美智など小品で楽しいものがありました。
 
 
BERNARD FRIZE
https://www.perrotin.com/exhibitions/bernard_frize/7199
PERROTIN TOKYO
3/22-5/8
 
Img_5531
 
ベルナール・フリズ、面白い作品でした。手描きでこの作品を作っているのもイイです。整然とした色の組み合わせ。形の綺麗さ、色の美しさ。でも近くで見た時の手描きの不安定さもある。
 
 
タカ・イシイギャラリー グループ展
https://www.takaishiigallery.com/jp/archives/20081/
タカ・イシイギャラリー 東京
3/23-4/27
 
参加作家:マリオ・ガルシア・トレス、桑山 忠明、村上友晴、オスカー・ムリーリョ、鈴木 理策、マリア・タニグチ、登山 博文、ケリス・ウィン・エヴァンス。鈴木理策作品、確か、以前どこかの展覧会でみた作品でしたが雪が降り積もる森の写真。いつ見てもいいですね。
 
 
杉戸 洋「cut and restrain」
http://tomiokoyamagallery.com/exhibitions/sugito2019/
小山登美夫ギャラリー
3/16-4/13
 
杉戸 洋さんの作品はいつも見てよく判らない。判らないし、それ程好きと言うわけでものだけど不快感が無い。なんか見ていて気持ちが良いところもある。ただ、やはりなんだか判らない。どう向き合ってよいのか難しいです。ただ、それで良いのだとも思います。
 
 
有元伸也 「TIBET」
http://www.zen-foto.jp/web/html/exhibition-current.html
ZEN FOTO GALLERY
4/5-4/27
 
チベットの土地や人、その生活を撮影した作品。現在、都市のあり様を撮影しているフォトグラファーの原点がチベットだった。共にその大元に生活と言う物が根付いている気がする。
 
 
平川 紀道 human property (alien territory)
http://www.ykggallery.com/exhibitions/norimichihirakawa-human-property-alien-territory/
Yutaka Kikutake Gallery
3/22-4/27
 
テクノロジーを使いながらもそのテクノロジーの限界を問うような作品、の様です。私は一部のコンセプトを少し理解出来そうな気がする……という程度ではありますが、テクノロジーの限界や失敗、それが結局人間性にも繋がる気がして、限界があり、万能でもないデジタルテクノロジーの欠点が人間のような不完全なものにも思えてきそうな感じです。
 

| | コメント (0)

初田徹個展「Growing」

竹工芸家 初田徹 個展「Growing」
https://min-gallery.jp/exhibition/343/
MIN jewelry & crafts(学芸大学駅)
4/11-14・4/18-21
 
竹工家、初田徹さんの個展に行ってきました。私は初田さんの作った竹の菓子切や箸などを使っています。初日の夜に行ったら作家さんも在廊中。他にも在廊する日もあるようですので作家さんのブログでご確認下さい。気軽に話しかければいろいろと竹について話を聞かせてくれます。
 
初田徹 Official Web 個展の案内
https://www.toruhatsuta.com/2019-0330-growing/
 
D33j6bmu0ael_8m
 
Img_5568  
 
今回の展示の中心は一輪挿しの花籠。過去の作品よりも作家性を押さえる事が今回の特徴(それが今回の、今の初田さんの考える作家性)となっています。つまり、買う側、使う側に対して、余白のある、想像の入り込む空間のある作品たち。
​ 
Img_5565
 
Img_5595
 
定番の菓子切や箸などももちろんあって、これら日常使い出来るものたちは手軽に買う事が出来る。気に入った物を普段に使うことの出来るのは本当に贅沢な事だと思います。
 
Img_5560
 
Img_5571

 
使うと言う意味では花入れや籠なども同じで、それを自分達が想像していくのが余白なのかも。花入れと花の入った花入れの違い。ただ、完成された作品と闘っていくと言うのも面白いんだけど。
 
Img_5575
 
Img_5573
 
そして、初田さんがここ数年ずっと言っているのが「竹の美しさ」。竹の美しさと言っても、曲がり具合や組み具合、編んだ時の様相、素材の肌のなめらかさ、経年変化や加工の感じなどそのポイントは様々。物によっては人の人生を越える年月を経て燻られ創られた竹の肌の色もあります。削る、曲げる、編む。作品となる前の段階が非常に大事で綿密で時間がかかるもの。もちろんそれは工芸の世界では竹に限ったことではないことだと思いますが。
 
Img_5574
 
Img_5570
 
そう言った道具や作品を生活の中で使う側の幸せさ。一つ一つのこちらの所作、気持ちなども併せて大事に出来たらいいな、と思います。

| | コメント (0)

花 ・ Flower ・ 華 ―四季を彩る―

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】花 ・ Flower ・ 華 ―四季を彩る―
http://www.yamatane-museum.jp/
山種美術館
4/6-6/2
 
Img_5302
※内覧会に参加してきました。
※掲載写真は特別に撮影の許可を頂いております。
  
山種美術館での春の展覧会は花がテーマの物が多いです。去年は「桜」がテーマでしたが今年は一昨年と同様、更に幅広く四季折々の「花」をテーマにした展覧会となっていました。春から夏へ、秋から冬へ、そしてまた春の訪れを感じる季節へ、と梅、桜、牡丹、朝顔、菊、椿と季節を感じさせる花々を描いた絵画の展示でした。また、これらの絵には花と一緒に小鳥などが描かれているものもあります。それらも引き立て役だけじゃ勿体無いので一部取り上げてみます。
 
Img_5330
桜関連の作品展示風景
手前から横山大観「山桜」、小林古径「桜花」、石田武「吉野」 全て山種美術館所蔵
 
Img_5328
小林古径「桜花」 山種美術館所蔵
 
まずは春から夏にかけての花から。春と言えば桜が有名。やはり桜を描いている画家は多いのか、作品数もあります。個人的には小林古径「桜花」の柔らかくも儚い感じが好きです。
 
Img_5323
渡辺省亭「桜に雀」 山種美術館所蔵
 
Img_5324
渡辺省亭「桜に雀」(一部) 山種美術館所蔵
 
ここのところ人気の渡辺省亭はその桜の花にかわいらしい雀をあわせてきました。あんまり花びら散らしちゃだめだよ、と言いたくなりますね。
 
Img_5318
奥村土牛「木蓮」 山種美術館所蔵
 
春を訪れる花と言えば個人的には木蓮を思い出します。この奥村土牛の絵以外にも速水御舟や鈴木其一なども木蓮を描いています。あの大振りの花の誘惑に惹かれたのでしょうか。
 
Img_5337
安田靫彦「牡丹」 山種美術館所蔵
 
Img_5332
小林古径「萼」 山種美術館所蔵
 
そして春から夏にかけて、花の王様と呼ばれる牡丹の花が咲きます。大振りな花と言う意味では木蓮と同じですが、花びらの複雑な構成は描くのが大変そう。それが画家としてチャレンジしたくなるのでしょうか、牡丹を描いている作家も多かったです。このコーナーにあった菱田春草「白牡丹」は普段でも撮影OKです。そして初夏の花「紫陽花」。これも人気の花です。こちらも描くのが大変そう。
 
Img_5334
小林古径「白華小禽」 山種美術館所蔵
 
Img_5343
小林古径「白華小禽」(一部) 山種美術館所蔵
 
夏の花、泰山木の大きめの白い花と青い小鳥の対比がとてもいいです。鳥の種類は「オオルリ」か「コルリ」みたいに見えます。しかし、私はどうも小林古径の描く花が好きなようですね。
 
Img_5372
酒井抱一「秋草図」 山種美術館所蔵
 
さて秋の花。酒井抱一が描いた朝顔やススキ、そこに月が重なるもの。朝顔は今では夏に咲くイメージですが、旧暦では秋の花になるのですね。
 
Img_5380
酒井抱一「菊小禽図」 山種美術館所蔵
 
Img_5378
酒井抱一「菊小禽図」(一部) 山種美術館所蔵
 
同じく酒井抱一が描いた秋の花。こちらには小鳥が居ます。この種類は羽根に青みが入っているところを観ると「シジュウカラ」っぽいですがお腹に黒い帯が無いので「コガラ」あたりか、もしくは「ヒタキ」の仲間でしょうか。
 
Img_5312
酒井抱一「月梅図」 山種美術館所蔵
 
こちらは同じく酒井抱一の絵ですが梅が咲いているので冬の花になりますね。月に枝が重なる感じが先ほどの「秋草図」の月とススキと似ています。一つ前のエントリに書きましたが、現在、東京国立博物館で開催されている「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」展(4/29まで)に酒井抱一が十二ヶ月分の草花と鳥や虫の組み合わせを描いた「花鳥十二ヶ月図」が展示されています。これとあわせて観たいところです。
 
Img_5389
竹内栖鳳「梅園」 山種美術館所蔵
 
Img_5390
竹内栖鳳「梅園」(一部) 山種美術館所蔵
 
こちらも冬の花になりますが、先ほどよりも春の訪れが更に近い感じですね。鳥は「メジロ」ですが、色合いも明るく花とピンクと鳥の黄緑がいい感じです。このメジロの絵、やたらと可愛いですよね?
 
Img_5355
荒木十畝「四季花鳥」 山種美術館所蔵
 
Img_5366
田能村直入「百花」 山種美術館所蔵
 
他にも四季全ての花を描きこんだ物や様々な花の博物図鑑の様な絵、人物と花の組み合わせなどもあります。上村松園や菱田春草などの美人と花の組み合わせの絵は必見です。
 
Img_5408
 
ショップコーナーではゲームやアニメ、4月から実写ドラマ、6月から実写映画の公開が控えている『明治東亰恋伽』(通称 めいこい)とコラボした抹茶セット(キャラクターのコースター付)や缶バッチなども発売していました。「めいこい」には元々 菱田春草が登場していましたが最近 横山大観も登場したようですので映画化を控えたこのタイミングでのコラボはピッタリなのかもしれません。
 
さて、山種美術館の次の展覧会は「速水御舟」展。山種美術館の今年の展覧会の中でも個人的に一番注目の展覧会です。その次が若手の日本画家のための公募展「Seed 山種美術館 日本画アワード」の第二回目です。前回の第一回目の時がとても面白かったのでこちらも期待です。
 

 

| | コメント (0)

両陛下と文化交流―日本美を伝える―

特別展 御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1943
東京国立博物館本館
3/5-4/29
 
Img_5216
 
桜も散りはじめの週末でしたが、先週が寒かったので花見をしている人が多かったです。
 
Img_5221
 
平成時代の現陛下の即位の儀に使った屏風や宮内庁が持っている作品などの展示です。東山魁夷筆の「悠紀地方風俗歌屛風」は前期だけの展示だったの観ること出来ませんでしたが、後期展示の高山辰雄筆「主基地方風俗歌屛風」はじっくりと観ること出来ました。来月の令和の即位の儀用には誰が描いているのでしょうか?他にもボンボニエールの展示がおもしろかったですね。しかし、お菓子があんな少しの量で足りるのでしょうか?
 
Img_5422
 
後期展示の目玉は酒井抱一「花鳥十二ヶ月図」これはレベルが高い作品です。これを分割でなく全部いっぺんに見ることが出来る幸せ。今までも三の丸尚蔵館や皇室の名宝展、千葉市美の抱一展に出ていて観ています。これ、抱一作の同モチーフの絵が幾つも残っていますが、畠山記念館のは畠山で何度か観てるし、ファインバーグコレクションのはファインバーグ展や大琳派展で観てます。出光美術の屏風形式のも出光で「琳派芸術/琳派芸術2」「江戸の琳派」と良く出てきます。さて、残るは香雪美術館のとプライスコレクションのを観てるかどうかがわからず。どこかで出ていたかなぁ。香雪のは千葉市美の抱一展で出てたのですが展示期間の前期期間に行けなかったのが悔しい。
 
Img_5219
 
Img_5222
 
常設展も軽く見ました。今村紫紅の風神雷神は良いですね。
 
Img_5227
 
あと、表慶館でカルティエの招待制のなにかをやっていたようだったのですが、数日前に発表会があったのですね。カルティエは以前ここで展示もやっていたし、好きですね、表慶館。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧