高円寺・中央線

阿佐ヶ谷アートストリート 2017

阿佐ヶ谷でやっている阿佐ヶ谷アートストリート 2017を見てきました、が、もう少し頑張ってほしところもあり……はい。
 
 
 

続きを読む "阿佐ヶ谷アートストリート 2017"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6次元、トークショーメモ

ここ数ヶ月で参加した6次元さんのトークイベントメモです。
 
石黒謙吾の編集ゼミ特別編「分類脳で地アタマが良くなるナイト」
牟田都子「校正ナイト〈実践編〉」
石黒 由紀子「豆柴センパイと捨て猫コウハイナイト」
弥生美術館「森本美由紀ナイト」
千葉市美術館 山根佳奈学芸員「ルーシー・リー鑑賞会」
難波里奈「純喫茶ナイト」
「これで詩人になれますか?~文月悠光7周年記念イベント」
NEWS WEBナイト「インターネット時代にニュースを読む」
はちみつマイスター河村千影「利きハチミツナイト」
古野華奈子×服部円×ナカムラクニオ「猫の美術史ナイト!」
 
という具合の参加メモ
 
 
 

続きを読む "6次元、トークショーメモ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江口寿史 KING OF POP Annex展/生誕200年記念 伊豆の長八

吉祥寺で見た2つの展示。
 
江口寿史 KING OF POP Annex展
リベストギャラリー創
 
生誕200年記念 伊豆の長八
 ―幕末・明治の空前絶後の鏝絵師
武蔵野市立吉祥寺美術館
 
 
 

続きを読む "江口寿史 KING OF POP Annex展/生誕200年記念 伊豆の長八"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ルーシー・リー鑑賞会」荻窪6次元にて(ルーシー・リーの器と会える!?)

なんと、荻窪6次元で「ルーシー・リー鑑賞会」が開催される
そうです。それも実物数点をその場で見る事が出来る!
 
今、千葉市美術館で開催されているのが
「没後20年 ルーシー・リー展」(7/7-8/30)
 
2010年に国立新美術館でルーシー・リー展が開催されて、
その後も人気は上がる一方のルーシー・リーの器。
その実物を数点借りてきて(※展示品とは別のもの)、
本物の器の魅力に惑わされながらルーシー・リーを語る夜。
 
器ファン必見です!
 
これは行かねば!
 
-----------------------------------------------
詳細はこちらに
6次元
 
8/7(金)「ルーシー・リー鑑賞会」
ルーシー・ リーの作品(本物)をお借りして、その魅力について
語り合うイベントを開催します。
 
20世紀を代表するイギリスの陶芸家ルーシー・リー(1902-1995)
の展覧会が千葉市美術館で開催されています。
轆轤によって生み出される優美で緊張感のあるフォルム、象嵌や
掻き落としなどによる独自の文様、釉薬のあたたかみのある色調
などは、彼女ならではの造形世界。その作風はいかにして生まれ
たのでしょうか?
ルーシー・リー作品の他、影響を受けたアジアの器を比較しなが
ら、その魅力に迫ります。
 
ゲスト;山根佳奈(千葉市美術館学芸員)
時間:19:30スタート(19:00開場)
参加費:3,000円(展覧会チケット/ドリンク付き/要予約)
イベン ト予約はお名前、参加人数、電話番号を明記の上、
rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp (ナカムラ)まで
 
-----------------------------------------------
 
そして、この展覧会……
没後20年 ルーシー・リー展
千葉市美術館
7/7-8/30
20150707_18_45_34
 
私も行ってきました。幸運にも撮影を許可頂くタイミングで
行けましたのでブログに写真をUPしております。
ただ、器はやっぱり、写真では解らないのですよね。
 
没後20年 ルーシー・リー展
 
そして出来るなら、もっと近くで、出来るならガラスケース無しで、
欲しくなってくる……と器の魅力って本当に怖いです。
6次元でそれを目の当たりにして、器欲が更に膨らむかも……。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリヂストン美術館:ベスト・オブ・ザ・ベスト/トークショー「ベスト展にみる日本近代洋画の魅力ー青木繁を中心に」

ブリヂストン美術館でベスト・オブ・ザ・ベスト展のトークショー
「ベスト展にみる日本近代洋画の魅力ー青木繁を中心に」
に参加してきました。
 

続きを読む "ブリヂストン美術館:ベスト・オブ・ザ・ベスト/トークショー「ベスト展にみる日本近代洋画の魅力ー青木繁を中心に」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6次元、ナカムラクニオさん参加、夜のブリヂストン美術館イベント再び!

夜のブリヂストン美術館で6次元のナカムラクニオさんが
参加するイベントの開催です。

「ベスト展にみる日本近代洋画の魅力ー青木繁を中心に」
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/news/2015/378/

前に『ウィレム・デ・クーニング展』で実施したイベント、
6次元のナカムラクニオさんによる夜のブリヂストン美術館
ナイトアートクルーズ。
今回は「BEST of the BEST」展での開催。

前回の様子
ウィレム・デ・クーニング展「ナイトアートクルーズ 」
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2014/11/post-fb87.html

さて、今回はビルの建て替えにより暫くリニューアル閉館
するブリヂストン美術館、改装前最後の展覧会、その名も
「ベスト・オブ・ザ・ベスト」展での夜のトークです。

トークイベント
「ベスト展にみる日本近代洋画の魅力ー青木繁を中心に」
■開催日:2015年4月15日(水)18:30〜20:30
    (受付18:15〜)
■会場:ブリヂストン美術館 ホール/展示室
■定員:限定50名
■参加費:1000円

■申込方法等の詳細は以下の公式URLを参照ください。

「ベスト展にみる日本近代洋画の魅力ー青木繁を中心に」
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/news/2015/378/
415

聞き手として6次元のナカムラクニオさんが参加、美術館、
学芸部長の貝塚健さんのトークを展示室で聞く事が出来、
夜の美術館を50人の貸切にできるイベントです。

「ベスト・オブ・ザ・ベスト」展後期の展示替えで今は
青木繁《海の幸》等日本近代洋画も出展されています。
更に一部の部屋の写真撮影がOKと言う嬉しいお知らせ。

まだ「ベスト・オブ・ザ・ベスト」展を見ていない人、
前期展示は見たけど後期はまだの人、一度見たけど夜に
ゆっくり貸切で見たい人など、事前予約制なので早めに
申し込んだ方が良さそうです。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新印象派(東京都美術館)&点描ナイト(6次元)

東京都美術館、新印象派―光と色のドラマを見てきました。
また、荻窪6次元で行われた「点描ナイト」のトークショーに
も行ってきました。
 

続きを読む "新印象派(東京都美術館)&点描ナイト(6次元)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6次元で 『点描ナイト』開催!

東京都美術館で1/24日から始まる『新印象派 光と色のドラマ』
展と連動して2/5に6次元で 『点描ナイト』を開催するそうです!

---------------------------------------------------

【概要】(6次元HPより)

新印象派展 『点描ナイト』2/5(木)開催
http://www.6jigen.com/

東京都美術館で開催される『新印象派 光と色のドラマ』展。
[1月24日(土)~3月29日(日)] モネから始まり、スーラ、
シニャックの新印象派、そしてマティス、ドランまで、多様な
作品が展示されます。この新印象派が描いた『点描』という
技法に注目し、美術史全体から読み解くトークイベントです。
大橋菜都子(東京都美術館学芸員)×ナカムラクニオ(6次元)
時間:19:30~(19:00開場)
参加費:1500円(ドリンク付/要予約)
予約:件名を「点描ナイト」とし、名前、参加人数、
電話番号を明記の上、rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp  まで。

---------------------------------------------------
新印象派展と言うと・・・

新印象派-光と色のドラマ
http://neo.exhn.jp/
東京都美術館
1/24-3/29

印象派のモネの作品、そしてスーラ、シニャックのあの点々で
細かく、見ていても気が遠くなる感じで描いているあの絵、
ああいうのを見る事が出来る展覧会ですよね。

どの絵でもそうですが、点描の絵は特に実物を見ないと!と
言えるタイプの画ではあります。
モネの絵も点では無いにしろ、荒いあっちの筆跡の集積の絵
ですよね。

彼らの絵に共通するのは「光」を表現しようとしていたところ。
それで絵具を混ぜずに、点で構成して、絵具が明るいままの
状態で光を描いていた。

気が遠くなる作業と言うだけでなく、色の並べ方に「補色」を
使って効果的に見せたり、少し離れて見ると自然に見えたり
しなくてはいけないので、かなり分析力も必要な技術です。

そんな「点描」の解説聞きたいところです。どんなトークを
聴くことできるのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイガー立石 ムーン・トラックス展

6次元でやっている「タイガー立石 ムーン・トラックス展」に
行ってきました。

 

続きを読む "タイガー立石 ムーン・トラックス展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年の展覧会、今年の10本

毎年恒例、今年見た展覧会から10本選びました。

ちなみに、去年までの10本エントリは以下に

2013年今年の展覧会10本!
毎年恒例、2012年のアート/建築・デザイン展10本
2011年の展覧会10本!(アート/建築/デザイン等)
2010年のアート/建築/デザイン展10本
2009年の10本
2008年の10本
2007年の10本
2006年の10本
2005年の10本
2004年の雑記
2002年のTOP10

まずは手前味噌ですが今年でブログをやって10年経ちました。
まぁ、自分でも良く続いたものだと思います。
初めはアート中心ではありませんでしたが、それでもかなりの
アート展を見てきました。その10年目の10本は・・・

 

続きを読む "2014年の展覧会、今年の10本"

| | コメント (4) | トラックバック (6)

より以前の記事一覧