器・工芸

マルセル・デュシャンと日本美術

マルセル・デュシャンと日本美術
東京国立博物館
10/2-12/9
 
Img_8795_2
 
現代アート好きとしては逃げることが出来ないのがこのマルセル・デュシャン。だが私は逃げます。見には行きましたがうまくブログに書けなくて、ザックリとで済ませてしまいます。
 
Img_8955
 
東大にある大ガラスも展示されています。でも、なんか2004年に横浜美術館でデュシャンを見たときの楽しさ、森美のフレンチ・ウインドウ展の時のような繋がり感は感じられませんでした。きっと私がすれてしまったのでしょう。
 
Img_8966
 
が、一通りデュシャンを振り返るにはいい展覧会だと思います。もちろん泉という名の便器も展示されています。本物だろうがレプリカだろう良いじゃないの、既製品(レディメイド)なんだから、と言うデュシャンに小ばかにされてる気もします。
 
Img_8927
 
車輪と椅子をくっつけたからどうなんでしょうかね。煮詰まってやったら話題になってしまったってやつじゃないの?とか思いそうになります。
 
Img_8941
 
初期の頃の絵もありましたが印象派っぽかったりして実はちゃんと美術を学んだ技術のある人なんだと思いますが、それがこんな絵を描くようになるのですよね。多面性を一つの絵にするキュビズムの手法にさらに時間軸まで一枚の絵に閉じ込めてしまうなんて!
 
Img_8964
 
この人はとにかくコンセプトありきなんですよね。コンセプトで投げかける。この瓶を乾かすのはなんか好きなんです、個人的に、センスよくない?デュシャンによって、見る美術ではない、考える美術へ変わっていた、と言うのはちくま新書『いちばんやさしい美術鑑賞』(著 青い日記帳)にも載っていた話(この本でデュシャンの立ち位置を確認しました)。
 
ちくま新書『いちばんやさしい美術鑑賞』(著 青い日記帳)
 
 
Img_8952
 
Img_8953
 
で、上記の本にも載っていた大ガラス、上の分が花嫁……なんですよ。下の部分が男性(男根)……なんですよ。
 
Img_8976
 
後半の展示は美術をやめてチェスのプロになったり、女性の名前で活動していたデュシャンの紹介。ミニチュアで自分の作品をまとめたボックスを作っていたとかどれだけ自分大好きなんだか。
 
Img_8978
 
で、実は内緒で遺作を作っていたとかね。それが動かせないのをいいことにとてもエロいと言うか卑猥と言うような作品だったり。まぁ、この人は基本かっこ良くて有名で、女にも困っていなかったようだし、まぁ、エロい人ではありますよね。
 
 
 
さて、そんなデュシャンの作品の後にむりやりくっつけた日本美術の展示が「第2部 デュシャンの向こうに日本がみえる。」。
 
Img_8983
 
利休の竹の花入れはレディメイドではないですよね。日本で開催するにはこう言うのを付けるのは仕方なかったのか、それとも勢いでこんなことしてしまったのかわかりませんが、若手のキュレーターさんが担当したのでしょうか?
 
Img_8980
 
まぁ、長次郎の黒樂などもあり、名品を見ることが出来るので良しとしましょう。まったくデュシャンと繋がっていないけど。
 
Img_8987
 
Img_9004
 
浮世絵を見てリアルとうたったり、先達の絵から模倣して展開したものをデュシャンの訴えるオリジナルとコピーになぞらえたり、まぁ、突っ込みどころは多いです。
 
Img_9001
 
Img_9014
 
絵巻を見て、時間軸について語るのも、書に芸術性を求めるのも、まぁ、なんとでも言えますけど、まぁ、展示されているのが良いものばかりなので出張コレクション展示室ということで。
 
Img_9020
 
Img_8997
 
伝本阿弥光悦と俵屋宗達の「桜山吹図屏風」も見ることが出来て良かった。まぁ、こう言うコンセプトなのだからなんでもありっちゃありですね。あ、現代アートとは?そしてデュシャンのコンセプトとが素晴らしいってことを、この破綻したコンセプトとの比較で見せたかったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「LINK TO LIFE」茶のある風景/Artglorieux Selection/ジャッキー・サコッチオ/SEITEI リターンズ!/日本伝統工芸展 2018

「LINK TO LIFE」茶のある風景 展
ATELIER MUJI
9/7-10/7
 
Img_8691
 
Img_8704
 
写真を掛け軸に見立てて、移動式茶室で現代の茶の風景を表現するという試み。現代的な家具や知識、文化の中でお茶と言うものを捕らえてみた、と言う感じだろうか?
 
 
 
ジャッキー・サコッチオ 堪えがたいほどの光
THE CLUB
9/8-11/10
 
良く見るような抽象画かな?と思ったら作品の作りかたがおもしろかった。絵の具を滴らせた2つのキャンバスを刷り合せたりしながら模様を作っていくとのこと。作り方の説明が無ければ通り過ぎてしまいそうだけど……。
 
 
 
Artglorieux Selection
Artglorieux GALLERY OF TOKYO
9/27-10/3
 
Img_8719
 
グループ展、草間彌生作品などもありました。古河原泉の目線の強い女性の絵や中野大輔の銀箔を使った琳派風な絵も良いです。荒木愛の日本画が4点ほど。岩絵具で描かれた毛玉の感じが良いです。小さい方の作品では樹々が秋から冬に移ろっていく、一枚の紙の中の時間の流れ。
 
 
 
日本伝統工芸展 2018
日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場
9/19-10/1
 
これだけの日本の工芸品が一堂に集まるわけだし、選ばれた作品達だろうからきっと最先端の物たちなのだと思います。そういう風に見るとジャンルによってとても差があるなぁ、と思ってみてしまいます。陶芸に関しては作品数も多いというのもあるかもしれませんが、今と言う時代に通じるようなデザインや技法など新しいと思うようなものが多くありました。ただ、他のジャンルではそこまで凄いな、というものは多くはなかった。おそらく技法的には凄いとか、そのジャンルとしてはとても新しい試みだとかはあるのでしょうけど、ぱっと見て若い人が心を揺さぶられるようなものは少ないのではないか?もちろんそういう層が狙いではないという話かもしれませんが。
 
 
 
SEITEI リターンズ!孤高の神絵師、再降臨!!
加島美術
9/15-9/29
 
相変わらずの素晴らしい技法と描き込み。背景や木々の枝を墨などで簡略に描いているのにその手前の動物や鳥を博物画の様に精密に描きます。これは必見ですよね。ただし、それが故に手前が浮いているようにも見えるものもある。バランスなんだろうなぁ、とは思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹工芸家 初田徹 個展「煤竹と茶杓」

竹工芸家 初田徹 個展「煤竹と茶杓」
SPACE YAUPON(スペースヤポン)
9/14-9/16
 
Img_7758
 
少し前の展示ですが、竹工芸家 初田徹さんの今年に入って2回目の個展。前回と同じ会場での開催です。この回の展示は茶杓をメインに竹の良さを知ってもらうというもの。
 
Img_7757
 
茶杓というものはまだ自分の好みと言うのがわからない道具の一つです。どんなものが好きなのか、どこを見たらよいのか?自分自身の好みが掴めていない。
 
Img_7744
 
茶碗や茶入れなども以前は全くわからなかったのですが幾つも見ていくうちに好みが出てきました。なので茶杓も知識だけではわからないけど、幾つも見ていくうちに好みが出てきそうな気がします。
 
Img_7745
 
そういう意味でもこう言う実際に手に取って見て肌合いを楽しむ事が出来る展示はいいですね。茶杓の他にも菓子切りや花入れ、ペーパーナイフなどもありました。竹に触れる事が出来る展示ですね。
 
2018年最後の個展は12月8日(土)より東京都内で
 
初田さんは年内にもう一回個展を開くということです。12月8日から16日までと、今までより少し長めの期間です。こちらも見に行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金剛宗家の能面と能装束/春日権現験記絵-甦った鎌倉絵巻の名品-/半蔵門ミュージアム/動物たちの息吹(ホテルオークラ東京)

金剛宗家の能面と能装束
三井記念美術館
6/30-9/2
 
Img_7281
 
能面勢ぞろい。若い娘さんの顔から人外のものも顔まで、すべて歴史のある面ばかりです。普通、これだけまとめて能面を見る機会はなかなか無いですよね。一見同じような顔に見えても作者や作られた時期で変化があるようです。はい、わかりませんでした、同じ顔に見えます、笑。なかなかそこまでわかる様になるには大変そうです。どの位沢山観ればわかる様になりますかね。
 
 
 
第81回展 「春日権現験記絵-甦った鎌倉絵巻の名品-」(修理完成記念)
三の丸尚蔵館
8/18-10/21(展示替-9/18,21)
 
Img_7278
 
絵巻の名品の一つです。春日社へ奉納され現状は宮内庁で管理されているという由緒あるもの。修理の完成記念の展示で前期と後期で入れ換えが有ります。私が見に行ったのは前期の展示。とにかく色が綺麗です。当時の様相などもしっかり細かく描かれています。歴史を残す書物としての貴重さもあります。
 
 
 
半蔵門ミュージアム(2018/08月)
 
真如苑が所蔵する仏教美術品を公開するためにつくられた半蔵門ミュージアム。コレクション作品展示の目玉は運慶作と伝えられている大日如来坐像。他にも「信仰の絵画」と言う特集展示をしていました。こう言うのを観るたびに思うのですが、仏教関連では別の流派の物でも美術品を集めたりするのですかね?また2階のマルチルームではここにある大日如来坐像や他が所蔵している運慶仏などの体内写真なども含めたパネル展示をしていました。
 
 
 
第24回 秘蔵の名品 アートコレクション展「動物たちの息吹」
ホテルオークラ東京
7/30-8/23
 
Img_7298
 
ホテルオークラ東京のチャリティーイベント。企業や個人が所有していて見る機会が少ないような絵画などの紹介をする展覧会です。今年は動物をテーマにしていました。虎ノ門だから虎を多く集めた、と言う話ですが、企業や個人だと、威勢の良い虎の絵などは好まれそうですね。猫や豹などもあり、ネコ科は人気があります。藤田嗣治や菱田春草の猫は可愛いですね。後半は鳥の絵を中心してあり、最後にあった牧進「初霞」の白孔雀の絵に引き込まれました。琳派風と現代の融合したカッコ良さ。川端龍子のお弟子さんなんですね。
 
Img_7289
 
Img_7307
 
さて、ホテルオークラ東京はオリンピックに向け建替え中。それによりあと数年はこのイベントも無いようです。もしかしたら今の形では最後かもしれません。
 
Img_7293
 
Img_7297
 
ホテルオークラ東京のロビー周辺は谷口吉郎設計。本館は既に立替え中で息子の谷口吉生設計だそうですね。谷口吉郎設計の部分も使うとか。
 
Img_7305
 
Img_7299
 
チャリティーイベントをやっている別館ロビーも同じ谷口吉郎設計です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縄文―1万年の美の鼓動/トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館/フィンランド陶芸―芸術家たちのユートピア

縄文―1万年の美の鼓動
東京国立博物館
7/3-9/2
 
Img_7222
 
ツイッターのbur@rt編集長(@burart_jp)さんのチケプレで頂いた縄文展!
 
bur@rt ぶらっとアート
 
Img_7218
 
国宝土偶勢揃いに土器や装飾品。プリミティブな迫力はもの凄い。誰もが圧倒される力がある。そして現代と変わらないね!な縄文の人のオシャレも観てて楽しい!オススメの展覧会でした。
 
Img_7220
 
火焔型土器ってなんでああ言う形になったのですかね?
 
 
 
トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館
東京国立博物館
7/24-9/9
 
Img_7161
 
楽しい!とにかく普通はスルーしてしまう様な美術を見方を変えて楽しませるのはすごく良いですね。惜しむべくは子供達が並んでて大人が恥ずかしくて並びにくいことか!
 
Img_7170
 
Img_7171
 
ふじさーん、と叫ぶと……声の大きさで波の大きさが変化する。
 
Img_7259
 
大声を出すと大波!美術館で叫ぶっていいですね。
 
Img_7177
 
Img_7199
 
浮世絵の刷り方を学ぶために判刷りのしくみを楽しむとか、絵巻の中の生活様式を楽しむために舟木本の中からグルメシーンを探すとか。
 
Img_7184
 
Img_7195
 
見返り美人を自分の動作をさせるとか。麗子像に自分の顔をはめ込むとか。
 
 
 
フィンランド陶芸―芸術家たちのユートピア
目黒区美術館
7/14-9/6
 
Img_6711
 
現代のカイ・フランクに辿り着くまでのフィンランド陶芸の道のり。ロシアからの独立、スウェーデンの影響からの独自性など様々な事情の上での今のフィンランド、世界のアラビアなんだな、と。
 
Img_6712
 
シルキンとカイピアイネンが良かったです。ルート・ブリュック作品の複製は撮影OKでした。
 
Img_6713
 
そして現代のアラビア人気やカイ・フランクのデザイン、ミナ・ペルホネンなどに到着するわけです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人麿影供900年 歌仙と古筆/大名茶人・松平不昧/ うるしの彩り

「人麿影供900年 歌仙と古筆」展
出光美術館
6/16-7/22
 
とても見応えのある面白い展覧会でした。様々な歌人の出てくる三十六歌仙の図、柿本人麿の図などを中心の展示でした。そして、岩佐又兵衛関連の作品が多い贅沢な展覧会。広範囲は石山切などの和様の書なども並びます。眼福!な展覧会でした。
 
 
 
大名茶人・松平不昧 -お殿さまの審美眼-
三井記念美術館
4/21-6/17
 
Img_3767
 
茶人、松平不昧の集めた名品の展示です。茶道具が中心ですが、とにかく素晴らしい品ばかり、国宝だの重文だのの指定品も多くあります。
千利休、本阿弥光悦、牧谿などの名前が並び間ます。個人的には原羊遊斎作のものが目を惹きました。同じ時期にやっていた畠山記念館の松平不昧展には行けず残念。
 
 
 
うるしの彩り―漆黒と金銀が織りなす美の世界
泉屋博古館 分館
6/2-7/16
 
Img_4743
 
漆加工された逸品が並びます。漆の加工の種別や技術などについても説明してあって、とても勉強になる展覧会でした。また日本と中国や朝鮮などの漆を使った器の違いなども実際に見て確認することができました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

線の造形、線の空間

線の造形、線の空間- 飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸
菊池寛実記念 智美術館
4/14-7/16
 
Img_4105
 
様々な太さの竹の材料があり、様々な編み方があり、それらの組み合わせがあり、竹工芸ってまだまだ無限の可能性を秘めたものなんだと実感。
 
Img_4383
 
ちなみに写真は吹き抜け部分のインスタレーション作品です。撮影がここしかダメだったので……。
 
Img_4063
 
同じ材料から発しているものなのに、繊細にもダイナミックにも表現が出来る。
 
Img_4071
 
細編み、荒編み、いろんな技法があったり、上と下で編み方が違っていたり。
 
Img_4064
 
細い材料を使っているのになんで形が崩れないのだろう?とかこの細さだと実際に使用できるのかとか?
 
Img_4072
 
裏面と表面で編み方を変えて、裏面の一部の編みが表に出てきて構造となっていたり、とにかく無限の展開です。
 
Img_4072
 
とにかくすごい展覧会でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あなたの存在に対する形容詞」ミルチャ・カントル展/「虹のなか」Pip&Pop/ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて/「Four」 あおひー カジタミキ 河野紘幸 こそねえみこ/是蘭-水の地図-展/ふるさとの駄菓子/伊藤秀人展 「青瓷 釉の力」/八木夕菜「NOWHERE」

「あなたの存在に対する形容詞」ミルチャ・カントル展
銀座メゾンエルメス フォーラム
4/25-7/22
 
Img_4120
 
横浜トリエンナーレなどで見た作家さんです。
 
Img_4119
 
ドアを開けることで作用して鳴る鐘やガラスに指紋をつけた衝立など。透明プラカードの作品も。
 
 
 
「虹のなか」Pip&Pop(タニヤ・シュルツ)
銀座メゾンエルメス ウィンドウディスプレイ
5/24-7/1
 
Img_4116
 
銀座エルメスのショーウィンドウはタニヤ・シュルツ、Pip & Pop名義での作品。虹色の甘いお菓子のような正当派なウインドウ。
 
 
 
ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
5/14-6/23
 
Img_4129
 
グリッドを使ったデザインなど、ミニマルなイメージを展開するデザイナー。オランダのデザインはこの様な幾何学的なものが多いイメージですね。
 
 
 
「Four」 あおひー カジタミキ 河野紘幸 こそねえみこ
GALLERY ART POINT
6/11-6/16
 
4人展、あおひーさんの展示があったので。前よりも妖怪っぽイメージもあるあおひーさんの作品は近くで見ると文字があるのがわかる。反射、浮かび上がり、そして反復と言う世界の中。
 
 
 
是蘭-水の地図-展
GALLERY ART POINT.bis
6/11-6/14
 
是蘭さんの作品をやっているのを知らなかった。是蘭さんのコラージュ作品がワンコーナーに展示されていました。
 
 
 
ふるさとの駄菓子 -石橋幸作が愛した味とかたち-
LIXILギャラリー 東京
6/7-8/25
 
Img_4359
 
駄菓子に関する展示、面白い。全国を巡って記録した資料や道具など。
 
Img_4361
 
駄菓子に関わる仕事や人なども紹介している。今この文化残っているところもあるのだろうか?
 
 
 
伊藤秀人展 「青瓷 釉の力」
LIXILギャラリー 東京
4/27-6/24
 
美しい青。色とヒビなどの表の表情が美しい。曲線とそれが立つバランスも絶妙です。
 
 
 
八木夕菜「NOWHERE」
ポーラ ミュージアム アネックス
6/15-7/8
 
Img_4369
 
Img_4370
 
写真作品なのだが、アクリル越しに立体的に見せたり、アンドン面で透過して見せたり、綺麗な展示でした。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福田利之展|吉祥寺の森/ロバート・クシュナー展/東京カメラ部2018写真展/ 47 REPAIR & CARE/シブピカ博2018

吉祥寺美術館の福田利之展|吉祥寺の森展、ヒカリエで見たロバート・クシュナー展/東京カメラ部2018写真展/47 REPAIR & CARE/シブピカ博など。
 
 
 
福田利之展|吉祥寺の森
武蔵野市立吉祥寺美術館
4/7-5/20
 
Img_2547
 
福田利之さん、この方のイラストは私はスピッツのCDジャケットで知りました。
 
51wjchsje9l
 
Img_2565
 
とても雰囲気ある、そして少し懐かしい素敵な絵ですね。様々な本やCD、ほぼ日での活躍など広範囲に活躍している方です。懐かしい感じと言っても決して古い時代の方ではなく、今の時代の作家さん。
 
Img_2557
 
テキスタイルのデザインなども良かったです。絵本の絵も描いていました。
 
Img_2589
 
今回はなんとコピス吉祥寺が協賛。この美術館の入ってるコピス吉祥寺内をスタンプラリーで巡れば絵葉書が貰えるのです。これは嬉しいです。チラシも美術館用とコピス用二種類を新作で描かれたそうです。
 
Img_2550
 
お店などのロゴも手がけていて、これはお願いしたくなります(私はお店やっていないけど)。この展覧会はいろいろとオススメ!
 
 
ロバート・クシュナー 展「未知の霧の中へ」
8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
4/4-4/30
 
Img_2488
 
琳派風の日本の植物をコラージュの上に描くというのが素敵でした。今まで日本でも展覧会などやっているのですね、知りませんでした。
 
 
 
東京カメラ部2018写真展 Mastodon部門/cherish photo days部門 作品展示
8/ CUBE 1, 2, 3
4/26-5/5
 
なんか知らないけど東京カメラ部と言う8億人だとかなんとか、ようは大掛かりなものに選ばれたとかなんとかの写真展。
 
 
 
47 REPAIR & CARE -47都道府県の修理と手入れ展-
8/ d47 MUSEUM
4/5-6/11
 
Img_2493
 
リペア、修理ですが、その中には日本的な漆継ぎなどもあり、そうか、これもリペアなんだな、と。物を大事に使っていきましょうと言う昔からのメッセージもあるような気がします。
 
 
 
渋谷ヒカリエ開業6周年「シブピカ博2018 THE MARKET Fes」
8/ COURT
4/19-5/6
 
4/26-30のリトルオキナワの期間に行ってきました。普段は沖縄でしか買えないもの、接することのできない作家さんのものなどをじかに見る良い機会でしたね。今はネットで色々と買えるけどやはり一度は手にとってみたい、実際に見たいものってあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光琳と乾山 芸術家兄弟・響き合う美意識

光琳と乾山 芸術家兄弟・響き合う美意識
根津美術館
4/14-5/13
 
Img_2497
 
根津美術館の庭にカキツバタが咲くこの季節、毎年恒例の尾形光琳「燕子花図屏風」(国宝)が公開される展覧会となります。今年も見てきました、庭のカキツバタと国宝のカキツバタの競演。
 
Img_2499
 
今年は自由奔放な兄の尾形光琳、そしてしっかり者の尾形乾山、この二人の兄弟に注目した展覧会です。
 
後期展示を観てきました。まずは尾形光琳で秋草図屏風から燕子花図屏風、夏草図屏風と続きます。燕子花図屏風は比較的初期の作品。型紙を使ったコピペ技、大胆な構図など、そうかこれらは若いからこその荒っぽさなんだと。夏草図屏風は晩年の作。こちらは少しじっくり描きこんでいる。なんか余裕がみえる。
 
個人的には墨梅図が見所。シュっと伸びた枝。縦長の構図を上手く使っています。これは上手い。
 
Img_2504
 
乾山の器に光琳の絵などの兄弟コラボ作品などもありましたが、今回の展覧会の見所は乾山単体作品ではないかと思います。2年ほど前に乾山のみの展覧会がありましたが、乾山の作品をこれだけ見たのはそれ以来だと思います。
 
正直絵は上手いとは思えない乾山ですが、アイデアやコンセプトが素晴らしい。ある程度、器としての歴史や技法を学び、それを当時のモダンに落とし込む。葉や花の間に切込み穴を入れ込んだり、内側に絵を描いたり(細長の器の内側の絵なんかどうやって描いたの?)、モチーフなんかも色々勉強していますね。
 
天才の兄を同じ路線では越えられないが故の器の世界の選択、と勘ぐってしまいますが、その世界で見事マエストロとして花を咲かせます。乾山の器に渡辺始興が絵を描いていたことに関しても、兄の弟子に描いてもらったというだけでなく、兄とは違うものを生み出すことなども考えていたのではないでしょうか。
 
Img_2514
 
と、まぁ、色々妄想してしまいますが、日本の誇る芸術家兄弟は最強でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧