建築・インテリア

アートフェア東京2021

アートフェア東京2021
https://artfairtokyo.com/
東京国際フォーラム
2021/3/19-3/21
 
Img_1835
  
なんと、サントリー美術館の会員になっていると無料で入れるのですよ、アートフェア東京。通常で入るとちょっと高い(方針が変わり、ここ数年で値上がりした)ので、まずチケット買うことができないですが、無料ならと顔写真も登録して行ったら、顔認証されず、普通にQRコードかざして入りました。
 
Img_1700
 
アートフェアでは知らなかった作家さんの作品に出会えること。今回はこの吉田泰一郎「夜霧の犬」(GALLERY KOGUREブース)が良かったです。猫の作品もありました。
 
Img_1739
 
Tomura Leeブースで見た小澤香奈子さんの何かわからない不思議な生き物も良かった。ちょっと欲しい!と思わせる、うちに迎えたくなる何かでした。
 
Uube9003
Img_1703
 
ギャラリー玉英ブースで見た内田望さんの愛嬌のある鳥たちと野口哲哉のちょっとお疲れな武士、MAHO KUBOTA GALLERYブースのジュリアン・オピー、金巻芳俊、先にも書いた小澤香奈子、野原邦彦、ex-chamber museumブースで見た田島大介のパース具合、超絶技巧な髙橋賢悟、古美術鐘ヶ江ブースで見た前原冬樹のなんと一木彫作品など。ex-chamber museumブースには小坂学のケント紙立体作品も。
 
Img_1746
 
夢工房ブースには四代 田辺竹雲斎の巨大な作品。まさかこのサイズの竹工芸がここで見ることが出来るとは。
 
Qtdu7629
 
小山登美夫ギャラリーブースで見たシュテファン・バルケンホールの平面?と思ったらレリーフでした、彫ってあります。KENJI TAKI GALLERYブースには塩田千春、ANOMALYブースでは柳幸典、SH ART PROJECTブースで見たBackside works.の描く女の子も目を引きましたね。

Img_1723
 
ZEAL HOUSEブースの展示は目をひきました。古い大日如来の頭と現代アートを並べています。
 
Omrn2181
 
SHUGO ARTSブースのリー・キット、ルーシー・リー、シスレーとモネなども、藤田嗣治と竹久夢二と池永康晟が並び、彦十蒔絵・小黒アリサの金物にしか見えない漆芸、鈴木祥太の金工作品。
   
Img_1674
Img_1759
 
あの話題のスギちゃんこと杉田陽平作品(みんなのギャラリーブース)も。また、現代アートだけでなく古美術もあるのもアートフェアの良いところ。
 
Img_1772
Img_1790
 
下山直紀の動物、岡部賢亮のかわいい仏像など。
 
Img_1852
Img_1859
 
そしてこの建築の力に改めてびっくりするのですよね。このサイズの建物を両脇の柱(と片側の会議棟の壁)で支え、力を逃がしていく力学は凄いです。
 

| | コメント (0)

THE TOKYO TOILET (坂茂、片山正通 ワンダーウォール、槇文彦、田村奈穂、坂倉竹之助、安藤忠雄):有名建築家の渋谷区トイレリニューアル2020年全箇所回りました

THE TOKYO TOILET
https://tokyotoilet.jp/
 
Top300
 
THE TOKYO TOILET。渋谷区の17か所の公共トイレをクリエイターたちが手掛けるプロジェクト。いまトピにも書きました。
 
話題のスケスケトイレは壮大な計画の始まりだった
https://ima.goo.ne.jp/column/article/8820.html
 
他にもあった!あのスケルトントイレに続く有名建築家のトイレ
https://ima.goo.ne.jp/column/article/8964.html
 
全17か所のトイレのリニューアルのうち2020年に7か所工事終了したので見てきました。去年見たものですが、今さらあげてみます。
 
2020年は坂茂、片山正通 ワンダーウォール、槇文彦、田村奈穂、坂倉竹之助、安藤忠雄のデザインしたトイレが完成。今後、藤本壮介、伊東豊雄、マーク・ニューソン、NIGO、安藤忠雄、隈研吾、佐藤可士和のトイレが公開予定。   
 
はるのおがわ コミュニティパーク
坂 茂 2020年8月5日 オープン
https://tokyotoilet.jp/haruno_ogawa/
 
Img_e2329
Img_e2327
 
SNSで話題になったのがここ。坂 茂デザイン。代々木公園駅近くです。中に人が居ない時は透明になっています。 
  
Img_e2338
Img_e2324
 
人が中に入り鍵を閉めると不透明になるガラス壁。あられもない姿が公開される心配はないはず。ウムガラス系の電極を通すと不透明になるガラスを使っています。
 
Img_e2321
 
普段は透明なので夏場は中が凄く暑いです。冷房もないので厳しいですね。
 
 
代々木深町小公園
坂 茂 2020年8月5日 オープン
https://tokyotoilet.jp/yoyogifukamachi_mini_park/
  
Img_e2303
Img_e2300
 
先のはるのおがわコミュニティパークの色違い。場所もそれぞれすぐ近くにあります。坂 茂デザイン。
 
Img_e2304
Img_e2301
Img_e2298
 
先に書いたように夏には厳しいですが、あれだけ話題になって、このプロジェクトが注目されるきっかけを作ったトイレなのは評価できるところ。
 
  
恵比寿公園
片山正通 ワンダーウォール 2020年8月5日 オープン
https://tokyotoilet.jp/ebisu_park/
  
Img_e2914
Img_e2901
 
片山正通デザイントイレは恵比寿駅の西口から少し先の公園。
 
Img_e2921
Img_e2916
 
木目の様な模様のコンクリートを積み木の様において少し迷路感のあるトイレ。
 
Img_e2922
Img_e2919
 
結構硬派な感じですね。個人的には一番好きなデザインかも。
 
 
恵比寿東公園
槇文彦 2020年8月7日 オープン
https://tokyotoilet.jp/ebisu_east_park/
 
Img_e3019
Img_e2928
 
恵比寿駅東口から少し先の川沿いの公園です。槇文彦 デザインのトイレ。
 
Img_e2941
Img_e2931
 
中央に坪庭の様な空間があり、ぐるっと小屋の様に個室やガラス仕切りが配置。休憩用のベンチもあるのが素敵。

Img_e2930
Img_e2935
 
たこ滑り台があるので通称タコ公園、そこにあるイカトレイと槇さんが言っている様です(タコは槇さんデザインではありません)。
 
 
東三丁目
田村奈穂 2020年8月7日 オープン
https://tokyotoilet.jp/higashi_sanchome/
 
Img_e2864
Img_e2892
 
恵比寿駅から北側に少し行き、線路沿いにあるトイレです。プロダクトデザイナー 田村奈穂のデザイン。
 
Img_e2881
Img_e2876
 
よくぞこんなところに、と思う狭いエリアを三角形の建物の構造をうまく使って建てています。
 
Img_e2880
Img_e2874
 
赤いビビッドさなど目立ちますが、結構使いやすいかも。
 
 
西原一丁目公園
坂倉竹之助 2020年8月31日 オープン
https://tokyotoilet.jp/nishihara_itchome_park/
  
Img_e2624
Img_e2623
 
幡ヶ谷駅近く、坂倉竹之助デザインのトイレです。坂倉準三の息子さんなのですね。
 
Img_e2630
Img_e2628
 
白い部分は半透明で中には木々のグラフィック。外に生えている樹木の影と相まって良い感じ。
 
Img_e2627
Img_e2625
 
夜になって電気が点くと全体が行燈の様に光る様です。そこに浮かび上がる木のグラフィックの影が綺麗なのかな。
 
 
神宮通公園
安藤忠雄 2020年9月7日 オープン
https://tokyotoilet.jp/jingu-dori_park/
 
Img_e2558
Img_e2549
 
渋谷駅から北側へ、MIYASHITAパークを抜けていったところにある公園のトレイは安藤忠雄デザイン。
 
Img_e2560
Img_e2552
 
片側にせり出した屋根、ルーバータイプで外光を取り入れる通路の壁。
 
Img_e2556
Img_e2548
 
機能は特に犠牲になっていなくて、比較的オーソドックスな形状。両側から入れるのも機能的。
 
    
Img_e2925
 
今年にこの恵比寿の駅前トイレもリニューアルされるのですね。ここは佐藤可士和デザインになるとか。
 


| | コメント (0)

「日本のたてもの―自然素材を活かす伝統の技と知恵」古代から近世、日本建築の成り立ち

「日本のたてもの―自然素材を活かす伝統の技と知恵」
古代から近世、日本建築の成り立ち
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/tatemono/
東京国立博物館 表慶館
2020/12/24-2021/2/21
 
Img_9090
 
東博、科博、建築資料館の3館で開催されている「日本のたてもの」展。古代から近世、日本建築の成り立ち というサブタイトルの付いた東博の展示を見てきました。建築模型パラダイス。国宝の建物をこんなところからあんなところから見ることができるのです。
 
Img_9095
Img_9099
Img_9102_20210121172301
 
まず入り口すぐに3つの塔、一条寺三重塔、法隆寺五重塔、石山寺多宝塔。唐招提寺金堂は真っ二つの断面構造が見える模型です。屋根の裏とか普段見えないところがどうなっているのか見てしまいますね。
 
Img_9113
Img_9116
 
神社の模型もあります。春日大社本社本殿、檜皮葺屋根の檜皮の再現が凄いです。
 
Img_9130_20210121172301
Img_9131
 
茶室は如庵が出ています。こちらも再現性が素晴らしい。茶室の中に入っていけるような錯覚を覚えます。
 
Img_9163
Img_9168
 
東大寺の三門も大きい。分割されているのでこちらも断面が良く見えます。研究のための模型と言うこともあり、実際の構造を再現しているのですよね。
 
Img_9158
Img_9170_20210121172301
 
襖絵や庭の再現性が凄い大仙院本堂、黒い松本城も良いです。松本城、近くまで行ったことはあるのですが、登らなかったのですよね。こう言うのを見ると実際に行ってみたくなりますね。
 

| | コメント (0)

2021年以降の気になるアート展メモ(2021年1月2日時点→1月8日更新)

Img_8917_20210102194201
あけましておめでとうございます。すべてのひとへ愛を。まぁ、適当な感じでやっていますが、あまり変わらず今年もやっていきたいと思います。よろしくお願いします。
 
今年から来年にかけての展覧会で私が気になる展覧会のリストをまとめました。今後変わっていくかもしれませんね。
 
8日に追加更新(落合多武展(メゾンエルメス)、チームラボリコネクト、アニメージュとジブリ展(銀座松屋)、甘美なるフランス展(Bunkamura))しました。
 
 
【開催済みのもの】(終了日順)
 
光―呼吸 時をすくう5人
http://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/897/
原美術館 2020/9/19-2021/1/11(現状事前予約は満員)
 
KING&QUEEN展ー名画で読み解く 英国王室物語ー
https://www.ueno-mori.org/exhibitions/article.cgi?id=974794
上野の森美術館 2020/10/10-2021/1/11
 
上田 薫
https://pref.spec.ed.jp/momas/ueda_kaoru
埼玉県立近代美術館 2020/11/14-2021/1/11
 
「日本のたてもの―自然素材を活かす伝統の技と知恵」
近代の日本、様式と技術の多様化
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/tatemono/
国立科学博物館 2020/12/8-2021/1/11
 
生命の庭―8人の現代作家が見つけた小宇宙
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/201017-210112_GardenOfLife.html
東京都庭園美術館 2020/10/17-2021/1/12
 
1894 Visions ルドン、ロートレック展
https://mimt.jp/visions/
三菱一号館美術館 2020/10/24-2021/1/17
 
大山エンリコイサム展 夜光雲
https://yakouun.net/
神奈川県民ホールギャラリー 2020/12/14-2021/1/23
 
東郷青児 蔵出しコレクション
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/togoseiji2020/
SOMPO美術館 2020/11/11-2021/1/24
 
東山魁夷と四季の日本画
https://www.yamatane-museum.jp/exh/2020/higashiyamakaii.html
山種美術館 2020/11/21-2021/1/24
 
ベルナール・ビュフェ回顧展 私が生きた時代
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_buffet/
Bunkamura ザ・ミュージアム 2020/11/21-2021/1/24
 
琳派と印象派 東⻄都市文化が生んだ美術
https://www.artizon.museum/exhibition/detail/45
アーティゾン美術館 2020/11/14-2021/1/24(後期展示12/22-)
 
国宝の名刀『日向政宗』と武将の美
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
三井記念美術館 2020/11/21-2021/1/27
 
和装男子 ―江戸の粋と色気
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/men-in-japanese-kimono
太田記念美術館 2021/1/6/1/28
 

榎忠 RPM-1200/岩崎貴宏 針の穴から天を覗く
http://anomalytokyo.com/exhibition/chu_enoki_rpm_1200/
http://anomalytokyo.com/exhibition/looking-at-the-sky-through-the-eye-of-a-needle/
ANOMALY 2020/12/5-2021/1/30
 
生きている東京
http://www.watarium.co.jp
ワタリウム美術館 2020/9/5-2021/1/31
 
名和晃平 個展「Oracle」
https://gyre-omotesando.com/artandgallery/kohei-nawa-oracle/
GYRE 2020/10/23-2021/1/31
 
栗田宏一・須田悦弘展 - Contentment in the details - 
https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/index.html
山梨県立美術館 2020/11/14-2021/1/31
 
宮永亮展「KAA10」
https://www.kaat.jp/d/KAA10
KAAT神奈川芸術劇場アトリウム他 2020/11/21-2021/1/31
 
舟越 桂 私の中にある泉
https://shoto-museum.jp/exhibitions/191funakoshi/
松濤美術館 2020/12/5-2021/1/31
 
河鍋暁斎の底力
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202011_kawanabe.html
東京ステーションギャラリー 2020/11/28-2021/2/7
 
石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/eiko-ishioka/
東京都現代美術館 2020/11/14-2021/2/14
 
MOTアニュアル2020 透明な力たち
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/mot-annual-2020/
東京都現代美術館 2020/11/14-2021/2/14
  
装飾をひもとく~日本橋の建築・再発見~
https://www.takashimaya.co.jp/shiryokan/tokyo/
高島屋史料館 2020/9/2-2021/2/21
 
「日本のたてもの―自然素材を活かす伝統の技と知恵」
工匠と近代化―大工技術の継承と展開―
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/tatemono/
国立近現代建築資料館 2020/12/10-2021/2/21
 
「日本のたてもの―自然素材を活かす伝統の技と知恵」
古代から近世、日本建築の成り立ち
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/tatemono/
東京国立博物館 表慶館 2020/12/24-2021/2/21
 
眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで
https://www.momat.go.jp/am/exhibition/sleeping/
国立近代美術館 2020/11/25-2021/2/23
 
ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース ダブル・サイレンス
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1782
金沢21世紀美術館 2020/9/19-2021/2/28
 
トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション
https://yokohama.art.museum/special/2020/trialogue/index.html
横浜美術館 2020/11/14-2021/2/28
 
美を結ぶ。美をひらく。 美の交流が生んだ6つの物語
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2020_3/index.html
サントリー美術館 2020/12/16-2021/2/28
 
ブラチスラバ世界絵本原画展
https://www.ccma-net.jp/exhibitions/special/bratislava-picture-book/
千葉市美術館 2021/1/5-2/28
 
田中一村展―千葉市美術館所蔵全作品―
https://www.ccma-net.jp/exhibitions/special/isson-tanaka/
千葉市美術館 2021/1/5-2/28
 
器と絵筆 魯山人、ルソー、ボーシャンほか
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/detail.php?id=sp00204
世田谷美術館 2021/1/5-2/28
 

トランスレーションズ展
http://www.2121designsight.jp/program/translations/
21_21 DESIGN SIGHT 2020/10/16-2021/3/7
 
米谷健+ジュリア展 だから私は救われたい
https://kadcul.com/event/26
角川武蔵野ミュージアム 2020/11/6-2021/3/7
 
石岡瑛子 グラフィックデザインはサバイブできるか
https://www.dnpfcp.jp/gallery/ggg/jp/00000761
ギンザグラフィックギャラリー 2020/12/4-2021/3/19(後期展示 2021/2/3-)
  
   
【これから開催】(開催日順) 
 
きらきらでん(螺鈿)
http://www.nezu-muse.or.jp
根津美術館 2021/1/9-2/14
 
阪本トクロウ|デイリーライブス
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/index.html
武蔵野市立吉祥寺美術館 2021/1/9-2/28
 
香りの器 高砂コレクション 展
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/21/210109/index.html
パナソニック汐留美術館 2021/1/9-3/21
 
フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/exhibition/2020_bacon
神奈川県立近代美術館 葉山 2021/1/9-4/11
 
冨安由真展|漂泊する幻影
https://kaat-seasons.com/exhibition2020/
KAAT EXHIBITION 2021/1/14-1/31
 
千葉正也
https://www.operacity.jp/ag/index.php
東京オペラシティアートギャラリー 2021/1/16-3/21
 
複製芸術家 小村雪岱 ~装幀と挿絵に見る二つの精華~
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/museum/exhibition/komurasettai.html
日比谷図書文化館 2021/1/22-3/23
 
落合多武「輝板膜タペータム」
https://www.hermes.com/jp/ja/story/maison-ginza/forum/210122/
銀座メゾンエルメス フォーラム 2021/1/22-4/11
 
吉田博
https://www.tobikan.jp/exhibition/2020_yoshidahiroshi.html
東京都美術館 2021/1/26-3/28
 
DOMANI・明日展 2021 スペースが生まれる
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/domani2021/
国立新美術館 2021/1/30-3/7
 
20世紀のポスター[図像と文字の風景]
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/210130-0411_ConstructivePostersOfThe20th.html
東京都庭園美術館 2021/1/30-4/11
 
笠松紫浪 ―最後の新版画
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/kasamatsu-shiro-the-last-shin-hanga-prints-artist
太田記念美術館 2021/2/2-3/28
 
佐藤可士和展
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/kashiwasato2020/
国立新美術館 2021/2/3-5/10
 
写真家ドアノー/音楽/パリ
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_doisneau/
Bunkamura ザ・ミュージアム 2021/2/5-3/31
 
川合玉堂 ―山﨑種二が愛した日本画の巨匠―
https://www.yamatane-museum.jp/exh/2021/gyokudo.html
山種美術館 2021/2/6-4/4
 
小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index2.html
三井記念美術館 2021/2/6-4/18
 
FACE展2021
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/face2021/
SOMPO美術館 2021/2/13-3/7
 
Steps Ahead Recent Acquisitions
https://www.artizon.museum/exhibition/detail/60
アーティゾン美術館 2021/2/13-5/9
 
没後70年 南薫造
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202102_minami.html
東京ステーションギャラリー 2021/2/20-4/11
 
テート美術館所蔵 コンスタブル展
https://mimt.jp/constable/
三菱一号館美術館 2021/2/20-5/30
 
狩野派と土佐派 ―幕府・宮廷の絵師たち―
http://www.nezu-muse.or.jp
根津美術館 2021/2/25-3/31
 
白川義員写真展 永遠の日本/天地創造
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3455.html
東京都写真美術館 2021/2/27-5/9
 
電線絵画展-小林清親から山口晃まで-
https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=202012111607684505
練馬区立美術館 2021/2/28-4/18
 
チームラボリコネクト:アートとサウナ
https://www.teamlab.art/jp/e/reconnect/
チームラボリコネクト(六本木) 2021/3月-8月
 
澤田知子 狐の嫁いり
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3848.html
東京都写真美術館 2021/3/2-5/9
 
与謝蕪村「ぎこちない」を芸術にした画家
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/tenrankai/kikakutenkaisai/buson.html
府中市美術館 2021/3/13-5/9
 
房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+
https://ichihara-artmix.jp/
小湊鉄道を軸とした周辺エリア 2021/3/20-5/16
 
マーク・マンダース—マーク・マンダースの不在
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/mark-manders/
東京都現代美術館 2021/3/20-6/20
 
ライゾマティクス_マルティプレックス
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/rhizomatiks/
東京都現代美術館 2021/3/20-6/20
 
Tokyo Contemporary Art Award 2019-2021 受賞記念展 風間サチコ、下道基行
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/TCAA_2019_2021/
東京都現代美術館 2021/3/20-6/20
 
アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/detail.php?id=sp00202
世田谷美術館 2021/3/20-6/20
 
モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/mondrian/
SOMPO 2021/3/23-6/6
 
あやしい絵展
https://www.momat.go.jp/am/exhibition/ayashii/
東京国立近代美術館 2021/3/23-5/16
 
カラヴァッジョ《キリストの埋葬》展
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/caravaggio2020/
国立新美術館 2021/3/24-5/10
 
ルール?展
http://www.2121designsight.jp/program/rule/
21_21 DESIGN SIGHT 2021/3/26-8/29
 
渡辺省亭 欧米を魅了した花鳥画
https://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/current_exhibitions_ja.htm
東京藝術大学大学美術館 2021/3/27-5/23
 
フランシス・ベーコン・ ドローイング展: バリー・ジュール・コレクション―リース・ミューズ7番地、アトリエの秘密―(仮称)
https://shoto-museum.jp/exhibitions/190bacon/
松濤美術館 2021/4月-6月
 
ピピロッティ・リスト―あなたの眼はわたしの島―
https://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2021/441.html
京都国立近代美術館 2021/4/6-6/13
※8月に水戸芸術館へ巡回
 
旅立ちの美術
http://www.seikado.or.jp
静嘉堂文庫美術館 2021/4/10-6/6
 
クールベと海 展― フランス近代 自然へのまなざし
https://panasonic.co.jp/ls/museum/
パナソニック汐留美術館 2021/4/10-6/13
 
百花繚乱 ―華麗なる花の世界―
https://www.yamatane-museum.jp
山種美術館 2021/4/10-6/27
 
大・タイガー立石展
https://www.ccma-net.jp
千葉市美術館 2021/4/10-7/4
 
松平不昧 生誕370年 茶の湯の美
http://idemitsu-museum.or.jp
出光美術館 2021/4/13-5/23
 
ミネアポリス美術館 日本絵画の名品
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2021_1/index.html
サントリー美術館 2021/4/14-6/27
 
「アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~」それは、一冊の雑誌から始まった
https://animage-ghibli.jp/
松屋銀座 8階 イベントスクエア 4月15日から
 
ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
https://www.bunkamura.co.jp/museum/
Bunkamura ザ・ミュージアム 2021/4/16-6/27
 
国宝 燕子花図屏風 −色彩の誘惑−
http://www.nezu-muse.or.jp
根津美術館 2021/4/17-5/16
 
ライアン・ガンダー われらの時代のサイン
https://www.operacity.jp/ag/index.php
東京オペラシティアートギャラリー 2021/4/17-6/20
 
フジター色彩への旅
https://www.polamuseum.or.jp/exhibition/20210417s01/
ポーラ美術館 2021/4/17-9/5
 
アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/anotherenergy/index.html
森美術館 2021/4/22-9/26
 
北斎「冨嶽三十六景」と広重(仮)
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp
江戸東京博物館 2021/4/24-6/20
  
コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画(仮称)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/index.asp
東京ステーションギャラリー 2021/4/24-6/27
 
イサム・ノグチ 発見の道
https://www.tobikan.jp/exhibition/2021_isamunoguchi.html
東京都美術館  2021/4/24-8/29
 
国宝 鳥獣戯画のすべて
https://www.tnm.jp
東京国立博物館 2021/4/13-5/30
 
ー雪月も花も友とて…ー 茶箱と茶籠
http://www.mitsui-museum.jp/index.html
三井記念美術館 2021/5/1-6/27
 
茶入と茶碗 −『大正名器鑑』の世界−
http://www.nezu-muse.or.jp
根津美術館 2021/5/29-7/11
 
マリノ・マリーニの彫刻と版画
https://www.artizon.museum/exhibition/detail/62
アーティゾン美術館 2021/5/29-9/10
 
クロード・モネ —風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画
https://www.artizon.museum/exhibition/detail/47
アーティゾン 2021/5/29-9/10
 
ファッション イン ジャパン 1945-2020 —流行と社会
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/fij2020/
国立新美術館 2021/6/9-9/6
 
きらめきの日本美術 ― 屏風絵と肉筆浮世絵
http://idemitsu-museum.or.jp
出光美術館 前期 2021/6/15-7/11 後期 2021/7/20-8/22
 
隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則
https://kumakengo2020.jp
東京国立近代美術館 2021/6/18-9/26
 
国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ
https://www.tnm.jp
東京国立博物館 2021/6/22-9/12
 
ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/musees-reims-2021/
SOMPO美術館 2021/6/25-9/12
 
三菱創業150周年記念 三菱の至宝展
https://mimt.jp/kokuhou12/
三菱一号館美術館 2021/6/30-9/12
 
東京ビエンナーレ 2020/2021
https://tb2020.jp/
東京都心北東エリア(千代田区、中央区、文京区、台東区エリア) 2021/7月-9月
 
サーリネンとフィンランドの美しい建築展
https://panasonic.co.jp/ls/museum/
パナソニック汐留美術館 2021/7/3-9/20
 
日本・東洋美術にみる自然のすがた
http://www.mitsui-museum.jp/index.html
三井記念美術館 2021/7/10-8/22
 
聖徳太子と法隆寺
https://www.tnm.jp
東京国立博物館 2021/7/13-9/5
 
ざわつく日本美術(仮称)
https://www.suntory.co.jp/sma/
サントリー美術館 2021/7/14-8/29
 
KAWS TOKYO FIRST
https://www.kaws-tokyo-first.jp/
森アーツセンターギャラリー 2021/7/16-10/11
 
加藤翼(タイトル未定)
https://www.operacity.jp/ag/index.php
東京オペラシティアートギャラリー 2021/7/17-9/20
 
藤戸竹喜 アイヌ最後の熊彫り職人(仮称)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/index.asp
東京ステーションギャラリー 2021/7/17-9/26
 
GENKYO横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/genkyo-tadanoriyokoo/
東京都現代美術館 2021/7/17-10/17
 
花を愛で、月を望む −日本の自然と美−
http://www.nezu-muse.or.jp
根津美術館 2021/7/24-8/22
 
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021
https://www.echigo-tsumari.jp/
新潟県越後妻有 2021/7月下旬-9月中旬
 
ピピロッティ・リスト―あなたの眼はわたしの島―
https://www.arttowermito.or.jp
水戸芸術館 2021/8/7-10/17
※4月の京都国立近代美術館からの巡回
 
北アルプス国際芸術祭 2020-2021
https://shinano-omachi.jp/
長野県 大町市 2021/8/21-10/10
 
バンクシーって誰?展
https://whoisbanksy.jp
寺田倉庫G1ビル 2021/8/21-12/5
 
奥能登国際芸術祭2020+
https://oku-noto.jp/ja/index.html
石川県珠洲市 2021/9/4-10/24
 
はじめての古美術鑑賞 −人をえがく−
http://www.nezu-muse.or.jp
根津美術館 2021/9/11-10/17
 
生誕150年 ジョルジュ・ルオー
http://idemitsu-museum.or.jp
出光美術館 2021/9/14-12/12
 
刀剣 もののふの心(仮)
https://www.suntory.co.jp/sma/
サントリー美術館 2021/9/15-10/31
 
マティス 自由なフォルム
https://www.nact.jp/exhibition_special/2021/matisse2021/
国立新美術館 2021/9/15-12/13
 
ポーラ美術館コレクション展 甘美なるフランス
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_pola.html
Bunkamura ザ・ミュージアム 2021/9/18-11/23
 
動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
府中市美術館 2021/9/18-11/28
 
ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
https://www.tobikan.jp/exhibition/2021_vangogh.html
東京都美術館 2021/9/18-12/12
 
挿絵本にみる20世紀フランスとワイン
https://www.artizon.museum/exhibition/detail/63
アーティゾン美術館 2021/9/22-2022/1/10
 
福田美蘭展(仮)
https://www.ccma-net.jp
千葉市美術館 2021/10/2-12/19
 
川瀬巴水展(仮称)
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/kawasehasui/
SOMPO美術館 2021/10/2-12/26
 
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」
森村泰昌 ワタシガタリの神話
https://www.artizon.museum/exhibition/detail/64
アーティゾン美術館 2021/10/2-2022/1/10
 
小早川秋聲 展(仮称)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/index.asp
東京ステーションギャラリー 2021/10/9-11/28
 
縄文 2021―東京に生きた縄文―
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp
江戸東京博物館 2021/10/9-12/5
 
和田誠(タイトル未定)
https://www.operacity.jp/ag/index.php
東京オペラシティアートギャラリー 2021/10/9-12/19
 
ブダペスト国立工芸美術館名品展ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ
https://panasonic.co.jp/ls/museum/
パナソニック汐留美術館 2021/10/9-12/19
 
最澄と天台宗のすべて
https://www.tnm.jp
東京国立博物館 2021/10/12-11/21
 
イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン(仮)
https://mimt.jp
三菱一号館美術館 2021/10/15-2022/1/26
 
Chim↑Pom展(仮題)
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/chimpom/index.html
森美術館 2021/10/21-2022/1/30
 
柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年
https://www.momat.go.jp
東京国立近代美術館 2021/10/26-2022/2/13
 
鈴木其一・夏秋渓流図
http://www.nezu-muse.or.jp
根津美術館 2021/11/3-12/19
 
Viva Video! 久保田成子展
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/shigeko_kubota/
東京都現代美術館 2021/11/13-2022/2/20
 
千四百年御聖忌記念特別展 聖徳太子 ―日出づる処の天子―
https://www.suntory.co.jp/sma/
サントリー美術館 2021/11/17-2022/1/10
 
グランマ・モーゼス展 素敵な100年人生
https://www.setagayaartmuseum.or.jp
世田谷美術館 2021/11/20-2022/2/27
 
ザ・フィンランドデザイン展―自然が宿るライフスタイル
https://www.bunkamura.co.jp/museum/
Bunkamura ザ・ミュージアム 2021/12/7-2022/1/30
 
ハリー・ポッターと魔法の歴史
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/index.asp
東京ステーションギャラリー 2021/12/18-2022/3/27
 
ミケル・バルセロ(タイトル未定)
https://www.operacity.jp/ag/index.php
東京オペラシティアートギャラリー 2022/1/13-3月
 
絵画のゆくえ2022
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/face-award-winners-2022/
SOMPO美術館 2022/1/14-2/13
 
未来へつなぐ陶芸 ―伝統工芸のチカラ展
https://panasonic.co.jp/ls/museum/
パナソニック汐留美術館 2022/1/15-3/21
 
出光佐三とそのコレクション ― 美へのまなざし(仮称)
http://idemitsu-museum.or.jp
出光美術館 2022/1/18-3/21
 
FACE展2022
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/face2022/
SOMPO美術館 2022/2/19-3/13
 
鏑木清方展(仮)
https://www.momat.go.jp
東京国立近代美術館 2022/3月-5月
 
ヘザウィック・スタジオ展:共感する建築
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/heatherwick/index.html
東京シティビュー内スカイギャラリー 2023/1月-3月予定
 

| | コメント (0)

2020年の展覧会、今年の10本

今年見た展覧会の、私的によかったもの10本!毎年恒例になりましたが今年もやりました。今年最後のエントリになりますが、ここで一年を振り返ってみたいと思います。
 
まぁ、どうしても今年は例年とは違いますね。展覧会を見る本数も減りました。展覧会自体も海外から名作を持ってくる派手なものはほとんどなくなり、コレクションをどううまく見せるか(そこに現代アートを絡めたり)という形式のものも多かったです。そんな中での10本です。※去年までの「今年の10本」のリンクは一番下に貼っておきます。
 
まずはいつもどおり今年の10本、基本的には順位はつけず、見た順番で古いところから書いていきます。
 
 
「コズミック・ガーデン」サンドラ・シント展
銀座メゾンエルメス フォーラム
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/04/post-4a30c1.html
 
ギャラリーでの小規模の展示ながらなんか好きな世界でした。何が、と言っても具体的に言えませんが、一年を振り返ると思い浮かんでくる展示だったのでここに入れました。
 
 
パッション20 今みておきたい工芸の想い
東京国立近代美術館工芸館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/03/post-4a0e32.html
 
これは色んな思いからゆえに10本に入れました。この場所で見ることができる工芸館最後の展覧会。もちろん各作品は金沢でこれからも見ることができますが、場の記憶はこの展覧会と共に残る。
 
 
オラファー・エリアソン ときに川は橋となる
東京都現代美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-16e7f6.html  
 
今までエリアソン展を見てきて、やはりうまい見せ方とコンセプトの立て方など今の現代アートにおいて外せない糸だな、と。正直、展覧会としては昔見た原美術館や金沢21世紀美術館の方が好きなのですが、時代に相応しい展覧会としてここに。
 
 
奇才―江戸絵画の冒険者たち―
江戸東京博物館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-9bacdf.html
 
個人的な好みの展覧会としては今年一番のものでした。コロナの影響で会期が中途半端になってしまいましたが、これフルバージョンでやっていたら展示替えことに来てしまい、何回くることになったやら。それだけ好きな展覧会。
 
  
ピーター・ドイグ展
東京国立近代美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-b0ea28.html
 
恥ずかしながら知らない作家だったのでしたが、ここまで素直に良いと思えることにびっくり。まだまだこう言う人が作品があるんだと言うのも楽しみ。もちろん世界的には有名な作家さんですので勉強不足ではありますが、それが故にこれからも新しい出会いがあるのですね。
 
 
ART in LIFE, LIFE and BEAUTY
サントリー美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/08/post-1ec7eb.html
 
毎年サントリー美術館の展覧会は10本に選ぶことが多く、趣味的にも合うのでしょうが、今年のこの展覧会から始まるリニューア3部作は良かった。どれを入れても良いのですが、個人的に好きな現代アートを絡めたこれを選びました。コレクションと現代アートを絡める展示は他の館でもやってますが、この展覧会は頭ひとつ抜けて良いです。新しい様式の一つのスタンダードになる気がします。
 
 
石元泰博写真展 伝統と近代
東京オペラシティ アートギャラリー
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/11/post-288075.html
 
たまにあるのですよね、こう言う、理由とかなく、グッと心に突き刺さってくる展示が。作品はもちろん素晴らしいし、展示も良かったですが、そう言うのと違って何か、グッとくるところがある。個人的な好みで言うと建築シリーズは何周もして見直しました。
 
 
トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション
横浜美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/11/post-739719.html
 
これもまた、新しい様式のスタンダードの一つとなるかも。複数館のコレクションから名作ばかりを集め、キュレーションをしっかりとした上で、一つの展覧会としてまとめあげる。コロナの前からあった企画だった様ですが、この時代にぴったりと合ったものでしたね。ただ、企画、キュレーション、見せ方などが良くないとただ集めただけの展示になってしまう。サントリー美術館の展覧会やこのトライアローグはそこが上手かった。
 
 
装飾をひもとく~日本橋の建築・再発見~
高島屋史料館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/12/post-835510.html
 
この展覧会をここに入れるのはもう完全に個人的なところ。こんな文字ばかりの展示、好きな人でなければダメだろうし、私でも全部しっかり読みきったわけではない。でも、この情報をまとめる意義やこれが書籍化される、そして何よりこれを開催してくれたことに感謝。
 
  
石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
東京都現代美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/12/post-37799b.html
 
正直、展示のパワーに押されて、この展覧会が良いのかどうかわからないまま、圧倒されて見終わった。素材への好みだけで判断していないか?と思っていたのだが、ブログにまとめていたら、後から見つめ直すことでこの展覧会のポイントが見えてきて、良い展覧会だと改めて思いました。ブログをやってて良かったです。
 
 
さて、ここまでで10本ですが、これ以外に今年はここにコメントしておかねばな件が2点。
 
山種美術館のクラウドファンディングについて。
第一の目標を1週間以内に達成、最終的には第二の目標も達成しています。正直、ここまで順調に達成するとは思っていなかったので、それだけ愛されているのだということが可視化された様で嬉しい限り。ただし、これでもおそらく数ヶ月の運営費程度でしょうから、まだまだこれから大変な状況は続きそう。でもこれだけのファンがいるので、頑張って欲しいです。
 
クラウドファンディング:山種美術館|コロナ禍を越え、日本画を未来に伝える活動にご支援を
https://readyfor.jp/projects/yamatane2020
 
東山魁夷と四季の日本画
山種美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/12/post-f8297f.html
 
 
原美術館の閉館について。
閉館を決めた原美術館、私が常々、都内で一番好きな美術館といっていた場所。最後の展覧会は2021年1月までですが、予約はすでにいっぱいで、もう見に行くことができないのが残念。作品や展覧会は少し遠くなるけどハラアークで開催もされるでしょうし、建物も美術館ではない状態で残るのかもしれない、でも原美術館としてのここにお別れなのが悲しいです。
   
加藤泉 - LIKE A ROLLING SNOWBALL
原美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2019/12/post-197045.html
 
 
 
さて、今年の振り返りとしてリニューアルオープンの美術館がありました。今年の10本にも入れたサントリー美術館、SOMPO美術館、ブリヂストン美術館から改名したアーティゾン美術館など。
 
美を結ぶ。美をひらく。 美の交流が生んだ6つの物語
サントリー美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/12/post-ffb2d3.html
  
珠玉のコレクション-いのちの輝き・つくる喜び
SOMPO美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/08/post-312fc2.html
 
見えてくる光景 コレクションの現在地(アーティゾン美術館 リニューアル)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/03/post-c8156b.html
 
 
西洋美術はブロックバスター的な派手なものは少なかったですが、関係者の苦労によりギリギリ開催できたものなど本当に嬉しい限り。「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」や「画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」などは海外からの名品を日本で見ることができる有り難みを感じさせてくれるものでした。
 
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
国立西洋美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/08/post-237bbf.html
 
画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン
三菱一号館美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-657314.html
 
 
日本美術は今年の10本にも入っていますが、他にも「The UKIYO-E 2020 ─ 日本三大浮世絵コレクション」の粒揃いさ、「三井家が伝えた名品・優品 第2部 日本の古美術」や「美の競演―静嘉堂の名宝―」のコレクションの見事さ、「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」の新たな切り取り方などが面白かった。「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」に関してはまだ後期展に行っていないので感想は来年に回します。
 
The UKIYO-E 2020 ─ 日本三大浮世絵コレクション
東京都美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/09/post-d62d9a.html

三井家が伝えた名品・優品 第2部 日本の古美術
三井記念美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/08/post-68f93e.html
 
美の競演―静嘉堂の名宝―
静嘉堂文庫美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/09/post-4eee18.html
 
もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世
弥生美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/05/post-383927.html
 
 
現代ものについては現代アートの大御所たち「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」、「宮島達男 クロニクル 1995−2020」、「鴻池朋子 ちゅうがえり」などの大きめの展覧会は無事開催。他にも「DOMANI・明日2020 日本博スペシャル展」「古典×現代2020―時空を超える日本のアート」「生命の庭ー8人の現代作家が見つけた小宇宙」などの企画ものも面白いのがありました。小規模ながら「Tom Sachs:Retail Experience」「DOUG AITKEN - NEW OCEAN: THAW」など海外の作家の展示があったのも良かったです。ギャラリー系では「心ある機械たち again」「しきのいろ 志村ふくみ・洋子 × 須田悦弘」「幻想の銀河 山本 基×土屋仁応」など良かったです。ファッションの「ドレス・コード? ―着る人たちのゲーム」、工芸寄りの「和巧絶佳展 令和時代の超工芸」もじっくりと見てしまった。
 
STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ
森美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/09/post-d78678.html
 
鴻池朋子 ちゅうがえり
アーティゾン美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-a439ed.html
 
DOMANI・明日2020 日本博スペシャル展
国立新美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/04/post-2b63f5.html
 
古典×現代2020―時空を超える日本のアート
国立新美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/08/post-a90cac.html
 
Tom Sachs:Retail Experience
伊勢丹新宿店本館 2階 ISETAN THE SPACE
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/10/post-8da8a3.html
  
心ある機械たち again
BankART Station + BankART SILK
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/05/post-cc3448.html
 
しきのいろ 志村ふくみ・洋子 × 須田悦弘
THE GINZA SPACE
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/04/post-0c4347.html
  
幻想の銀河 山本 基×土屋仁応
ザ・ギンザ スペース
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-e285db.html
 
ドレス・コード? ―着る人たちのゲーム
東京オペラシティ アートギャラリー
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/08/post-a4aff3.html
 
和巧絶佳展 令和時代の超工芸
パナソニック汐留美術館
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/08/post-a88fd2.html
 
 
今年はパブリックアートや建築を楽しんだ年でもありました。
 
メトロ銀座線にできたパブリックアート
京橋駅、中西信洋「Stripe Drawing - Flow of time」
銀座駅、吉岡徳仁「Crystallize(クリスタライズ)」
虎ノ門駅、中谷ミチコ「白い虎が見ている」

THE TOKYO TOILET
https://tokyotoilet.jp/
代々木深町小公園 /坂 茂
はるのおがわ コミュニティパーク /坂 茂
恵比寿公園/片山正通 ワンダーウォール
恵比寿東公園/槇文彦
東三丁目/田村奈穂
西原一丁目公園/坂倉竹之助
神宮通公園/安藤忠雄
 
ファーレ立川アート
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/10/post-fdcafd.html
 
 
立川に出来たGREEN SPRINGSのPLAY! MUSEUMも今年できたミュージアムですね。妹島和世の「Laview」にも乗ったし、隈研吾の高輪ゲートウェイも見た。
 
PLAY! MUSEUM/PLAY! PARK
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/10/post-f5b0ab.html
 
西武鉄道新型特急車両「Laview」(デザイン 妹島和世)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-9d186f.html
 
高輪ゲートウェイ(建築設計 隈研吾)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/05/post-968023.html
 
 
由布院・別府・大分にも年明けに行ってました。
 
COMICO ART MUSEUM YUFUIN(建築設計:隈研吾)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/05/post-06b44b.html

大分県立美術館 OPAM:建築/パブリックアート(建築設計:坂茂)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/05/post-a4183a.html
 
由布院アート、建築編
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-a21adf.html

別府アート、建築編
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-53a618.html

大分市アート、建築編
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-626a26.html
  
 
 
こんなご時世ですがなんだかんだで楽しむことはできてる感じですね。もちろん不安なども多いですが、それでもアートや建築やデザインを見ていることは楽しい。さて、来年も楽な年ではないと思いますが、でも、それでも開催してくれる展覧会、どんな展覧会を見ることができるでしょうか?楽しみです。
 
 
以前2012年に10年間の振り返りと言うのをやりました。10年後2022年にもう一度やろうかな。
 
過去10年で印象に残った展覧会10本選定
過去10年で印象に残った展覧会洗出し編

 

| | コメント (0)

装飾をひもとく~日本橋の建築・再発見~

装飾をひもとく~日本橋の建築・再発見~
https://www.takashimaya.co.jp/shiryokan/tokyo/
高島屋史料館
2020/9/2-2021/2/21
 
Img_e7184
 
高島屋史料館、行ったことがある人は知っているが、決して大きくない展示室である。1部屋のみで、まぁぐるっと1周、早ければ15分、じっくり見ても30分の展示ってとこでしょう、普通は。そこに今回は、
周辺の近代 現代建築の装飾を解説している展示なんですが、これが凄い。文字文字絵文字文字写真ときどき模型で埋めつくされていて、これ、しっかり読むと1時間では済まないよね、な濃い内容の展示になっていました。去年埼玉でやっていた「インポッシブル・アーキテクチャー」展監修の方がやってるのですね。
   
Img_e7515_20201228144701
 
まぁ、そんな読んでばかりの展示、よっぽど好きじゃないとね、と言う内容ではあるのですが、とにかく建築装飾について建物、その時代、どこにあるかが細かく書いてあります。
和風の融合のところでは通説を小気味いい感じでバッサバッサとやっている感じなども良くて、建築ファンならたまらない(でも、それ以外の人はこの展示そもそも見ないでしょう)もの。高島屋などの装飾の一部を解説したチラシ「日本橋建築めぐり」も配布、細部をイラストで説明していて街歩きマップとして最高。これを持って日本橋界隈の建築装飾探しに出かけられるものになっています。
 
Img_e7513_20201228144701
 
展示室の解説が多くて、流石に一度では読みきれない。下手な美術館でやる展覧会くらいの文章量あるのでは?もちろんこれだけの文章を読むのにも時間かかるし、覚えることもできない。また、来て読み直おせないかな、と思っていたところに、書籍化決定の嬉しいお知らせが。1月末に青幻舎から出版される様です。これは嬉しい。ちょっとじっくり本として読みたいものですね。本を読みつつ展示もまた見たいところ。展示室の方には模型もあります。昔、高島屋で開催されたコルビジェ・レジェ・ペリアン展の模型、あれは本ではわからない。 
  
 
Img_e7185
  
この時は
じっくり日本橋回る時間は無かったので、本が出たらそれを片方に日本橋巡りですね。ちなみに上の写真はこの展示とは関係ないですが、高島屋の本館1階にある 東郷青児の手掛けたエレベーターの扉絵。 

| | コメント (0)

MIYASHITA PARK アートやデザイン

Img_e2796
 
渋谷のMIYASHITA PARKにアート作品やデザインの見どころがたくさん。いまトピでも書きました。
 
MIYASHITA PARKにアートがたくさん!
https://ima.goo.ne.jp/column/article/9000.html
 
 
Img_e2832
Img_e2586
Img_e2812
 
駅側から行くと入り口にあるのが青と黄色の犬の彫刻「きゅうちゃん」、作家:Colliu。そのまま登って屋上へ向かいます。ビーチバレーやスケボーなどが出来るスポーツ施設になっています。
 
Img_e2810
Img_e2809
 
その中のボルダリング施設の上にある黄色いチンパンジーが「YOUwe.」、作家:WA! moto “MOTOKA WATANABE
 
Img_e2798
Img_e2803
 
屋上パークの中央辺りにいるハチ公はベンチになっています。「渋谷の方位磁針|ハチの宇宙」、作家:鈴木康広。
 
Img_e2539
Img_e2797
 
普通にきゅけいするベンチもデザインされています。
 
Img_e2579
Img_e2537
 
北側から施設に上るエスカレーターの天井には「Small Flowers Blooming on the Ground」、作家:福津宣人。中央側のエスレーターの壁面の壁画はTHE BLUE LOVE(sense + KAZ)の作。
 
Img_e2540
Img_e2541
Img_e2581
Img_e2584
 
2階の南北を抜ける通路の休憩スペースもいろいろなデザインがありました。
 
Img_e2791
Img_e2795
 
1階のルイヴィトンの意匠も面白い。
 
Img_e2816
Img_e2826
 
明治通りの歩道沿いには「Any」、作家:Stone Designsの男女シンボルマークを合わせたようなもの。駅へ戻る方には計画された飲み屋横丁。
 
Img_e2817
Img_e2818
 
横丁の脇の湯歩道には渋谷の季節を描いた「A DAY IN THE LIFE SHIBUYA」、企画・プロデュース:365ブンノイチ、イラスト:金安亮
 
Img_e2835
 
そしてその横にまだ残る本物の横丁。やはりこちらが魅力的に見えますよね……。
 

| | コメント (0)

M meets M 村野藤吾展 槇 文彦展

M meets M 村野藤吾展 槇 文彦展
http://bankart1929.com/MmeetsM/
BankART Temporary/BankART KAIKO
2020/10/30-12/27
 
Img_e6052
 
横浜市の旧庁舎を設計した村野藤吾、新庁舎を設計した槇 文彦の展示です。
 
Img_e6161
 
旧帝蚕倉庫のBankART KAIKOでは村野藤吾の展示。日生劇場のある日本生命日比谷ビル、新高輪プリンスホテル、箱根プリンスホテルなどの模型などがありました。やはり旧横浜市庁舎の資料は細かいところまであって、建築全体の図面以外にも手摺や取手などの詳細図までありました。ここら辺の曲線などは一体どうやって決めていっているのかな。
 
Img_e6058
Img_e6057
 
そして道を挟んだ旧第一銀行のBankART Temporaryでは槇 文彦の展示。まずは横浜市新庁舎の模型です。
 
Img_e6065
Img_e6121_20210105171301
 
ヒルサイドテラス、テレビ朝日など見慣れた建物もあります。
 
Img_e6082
Img_e6123_20210105171301
 
東京体育館、幕張メッセ北ホールもそうなのですね。
 
Img_e6080
Img_e6095
 
大分県中津市にある風の丘葬斎場はかっこいいですね。島根県立古代出雲歴史博物館など、いろんな場所でお仕事されていますね。
 
Img_e6104
Img_e6118
 
中国の深圳海上世界文化芸術中心もすごいカッコいい建物。あと、最新建築?になるのかな、渋谷区のトレイ計画の一つタコ公園のイカトイレ。
 
Img_e6165
Img_e6136
Img_e6156
 
そして会場のすぐ隣にある新市庁舎にも寄ります。
 
Img_e6148
Img_e6147
Img_e6146
 
桜木町駅側には川があり、その横がとても良い感じ。桜木町方面に市庁舎2階から通路になっていました。
 
Img_e6140
Img_e6153
Img_e6142
 
商業もあり、広場もあり、今の庁舎のスタイルってこんな感じなのですね。
 

| | コメント (0)

名和晃平「Oracle」/GYRE FOOD

名和晃平「Oracle」
https://gyre-omotesando.com/artandgallery/kohei-nawa-oracle/
GYRE GALLERY
2020/10/23-2021/1/31
 
Img_e5196
 
GYREの吹き抜けにある名和さんの作品を見ながらギャラリーへ。明治神宮に名和さんの鳳凰を展示していたのには間に合わず(会期前半の期間限定の展示でした)。
 
Img_e5150
Img_e5151
 
その鳳凰と同じシリーズ。春日の神鹿の厨子をモチーフにしています。木彫り漆泊仕上げだとか。
 
Img_e5345
Img_e5348_20210105163301
 
名和さんと言えば、代名詞ともなりつつあるPixCellシリーズ。透明の球がキラキラしています。はく製のこれ、鹿だと思っていたらこれ牛の仲間なんですね。
 
Img_e5183
Img_e5170
 
入り口近くにもPixCellシリーズのカラス。これhが中身ははく製ではないとか?Rhythmシリーズは菌の様な形の球が今の時期にはあれに見えてしまいそう。
 
Img_e5163
Img_e5192
 
白い面に青いグネグネ動くもの。射出されたレーザーが白い面の顔料に反応しているのだとか。
 
Img_e5342
Img_e5341
 
グルーガンで描かれたものや、ノズルで噴出した絵だとか、手法に対するアイデアは面白い。一定以上の作品の質をもう少し求めてくれないかな、と。多くの作品を生み出すためか、少しアイデアそのまま出しました的な感じもいくつかしました。

 
 
 
GYRE FOOD
https://gyre-omotesando.com/food/ 
  
Img_e5198
 
建築家・田根剛が手掛けたGYREの中の飲食エリア、GYRE FOOD。土や緑が建物の中に。その中での飲食。
 
Img_e5202
Img_e5200
 
段々になっているスペースが目を引きます。この段に自由に座ったりしてそこで飲食をしても良い空間に。機能とデザインをうまく合わせたようなものですね。
 
 
 
Img_e5212
 
原宿駅の旧駅舎もおわかれなんですかね。
 

| | コメント (0)

分離派建築会100年展/もうひとつの江戸絵画 大津絵

分離派建築会100年展建築は芸術か?
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/201010/index.html
パナソニック汐留美術館
2020/10/10-12/15
 
若き理想を追った建築家たちの展覧会、という感じになるのでしょうか。それまでの固い様式の建築家ら離れ、コンクリートの普及もあり技術的にも自由な建築ができるようになってきた。ただし、建築とはこうあるべき、という機能優先な決めつけられた流れも強くある。そこで「建築は芸術だ」と若い建築家たちが立ち上がった、と。
 
Img_e3982
 
青い青い、と思いながら見ていて、年を取って実建築が増えてくると、エッセンスを残しながらも意外にまともな建物になっているのも、なんか、建築家の悩みを体現しているような展覧会だなぁ、と。
 
Img_e3989
Img_e3988
 
メンバーの一人、山田守がデザインした現存するものの一つが「聖橋」。御茶ノ水駅の橋ですね。
 
Img_3991
 
展覧会後に見てきました。この頃の山田守にあるアーチの形が印象的です。
 
 
 
もうひとつの江戸絵画 大津絵
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202008_otsue.html
東京ステーションギャラリー
9/19-11/8
 
東海道の宿場大津のあたりで作られたおみやげ物の絵。ステンシルの型に手描きを加えたヘタウマな絵です。仏教的なもの、民族的なお話のネタなど定番のモチーフがあって、それらの微妙な差がコレクター魂をそそったのか、当時のセンスある文化人がこぞって集めていたようです。
 
Img_e3671
 
そのヘタウマな素朴さに目をつけて、それぞれが自分のコレクション自慢をしてたってとこでしょうか。今ならみうらじゅんみたいな人が収集したペナントの絵の展覧会を開くようなもの?え?今の人はペナントを知らない? 
 
しかし旅に出てどうしてそんなネタの絵を買うのでしょうね?その地域の産物としてよっぽど有名だったのか。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧