旅行・地域

九州紀行その3:大分市行程

今年の初めに行った九州大分旅行、由布院、別府、大分市と廻りましたが、由布院、別府と回って最後に来た大分市の全行程まとめです。
 
初めに行った由布院とその次に行った別府の工程は以下です。
 
九州紀行その1:由布院行程
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-86591d.html
  
九州紀行その2:別府行程
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-05e6e0.html
 
 
 
14
大分銀行赤レンガ館
建築設計:辰野 金吾
https://www.oitabank.co.jp/atm/akarengakan/
 
別府から電車で大分駅へ。大分旅行の最後の目的地。駅のコインロッカーに荷物を預け街中へ。駅からすぐのところで目立つ赤レンガ館。そして、この目の前の地下道には鈴木ヒラク作品があるので見落としてはいけません。
 
ここら辺で廻ったアート、建築関連は別エントリにまとめてあります。
 ↓
大分市アート、建築編
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-626a26.html
 
Img_4115
喫茶かわい
https://tabelog.com/oita/A4401/A440101/44003438/
 
昼ごはんは大分の街の純喫茶かわいでホットサンド。これオススメです!
 
Img_4125
OASISひろば21
http://www.oasis-hiroba21.jp/
大分県立総合文化センター(iichiko総合文化センター)
http://www.emo.or.jp/
 
Img_4119
 
街中から少し歩いてOASISひろば21。この建物の道路渡った正面がOPAMです。道路を渡り廊下で渡って直通です。
 
8
大分県立美術館
https://www.opam.jp/
 
Img_4305
大分県立美術館 cafe Charite(カフェ シャリテ)
https://www.opam.jp/page/shop.html
 
建築設計:坂茂のOPAM(大分県立美術館)です。中にあるカフェ シャリテも坂茂デザイン。無料で入ることのできるアトリウム部分などにミヤケマイさんの作品などがあります。この時は岡本太郎展をやっていました。
  
大分県立美術館に関しては別エントリでまとめてありますので参照下さい。
 ↓
大分県立美術館 OPAM:建築/パブリックアート(建築設計:坂茂)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-a4183a.html
 
岡本太郎展+コレクション展の感想はこちら。
 ↓
岡本太郎展 /コレクション展Ⅴ「旅する美術」
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-95b15a.html

 
さて、本当は大分市美術館にも行こうか悩んでいたのですがOPAMに結構居たので、ここは諦め、歩いて駅まで戻りバスで空港、そして帰宅と言うことに。由布院、別府、大分市と行き、それぞれの地でまだ行きたいところもあります。また遊びに来たいな、と思います。
 

| | コメント (0)

九州紀行その2:別府行程

今年の初めに行った九州大分旅行、由布院、別府、大分市と廻りましたが、由布院の次に行った別府の全行程まとめです。
 
別府の前に行った由布院、この後に行った大分市のエントリはこちら。
 
九州紀行その1:由布院行程
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-86591d.html
 
九州紀行その3:大分市行程
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-515f2c.html  
 
 
Img_3852
別府タワー
http://www.bepputower.co.jp/
 
由布院からバスで別府へ来ました。別府といえば別府タワー。と言っても登っていませんが。この近くに宿をとっていたので荷物を預けに。
 
Img_3857
和音 お寿司の店の名物とり天
https://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44001937/
 
そして昼ごはんは別府名物のとり天。有名店の一つ和音に。ふわふわ系のとり天でした。美味しい!
 
2
 
別府駅へ戻ります。このはしゃいでる様な人は有名な方の様です。後ろの籠みたいなものの中は手湯。
 
Img_3866
Img_3881
 
街中をぶらぶらと。少し寂れた商店街。こんな映画館も……。昔は温泉街へ旅行にきた人で賑わいのある街だったんだろうな。
  
7
竹瓦温泉
https://www.city.beppu.oita.jp/sisetu/shieionsen/detail4.html
 
別府の象徴の一つ竹瓦温泉。温泉に入っていきますが、とにかく熱い!お湯が熱い!由布院のマイルドな温泉の後に別府の湯の洗礼を受けました。
 
Img_3882
ホテルうみね
http://umine.jp/
 
この日の宿はこちら。こちらの温泉も熱かったです。水を入れてはいるのですがお湯加減が難しい。
 
Img_3896
 
夜ごはんはふぐとか。
 
Img_3927  
 
朝ごはんでお腹いっぱい。
 
Img_4050
 
朝に露天風呂に入りに行ったら「虹」が!二重の虹です、暁光ですね。
 
Img_3949
 
その後、トキハ百貨店の屋上からもまだ虹が見えました。こちらの百貨店には足湯があったり、大分全域のお土産が売っているお土産物屋があります。
 
6
トキハ別府店(屋上に淺井裕介の作品)
 
トキハの駐車場屋上にある淺井裕介作品を見ます。この後、海の方に砂湯に入りに行くのですが、強風でやっていない。残念。と言うことで次の目的地へ。
 
Img_3961
別府温泉保養ランド
http://hoyoland.webcrow.jp/
 
別府駅からバスでこちらまで。砂湯がダメなら泥湯、というのに入ります。泥で白濁した温泉。こちらは成分が強い!出た後にどかっと疲れが出る。しばらくこちらで休んでいきます。湯あたりですかね。癖のある別府お湯の洗礼をここでも。
 
Img_3988
鉄輪温泉(かんなわおんせん)
http://www.kannawaryokan.com/
 
とりあえず昼ごはんがてら。鉄輪温泉を散歩。俗にいう地獄めぐりは今回はしませんでした。本当はどこかでお寿司を食べたかったのですが、連日夜も朝も宿で食べ過ぎているので全くお腹空かず、軽く食べることに。
 
Img_3978
地獄蒸し工房鉄輪
http://www.gokuraku-jigoku-beppu.com/entries/jigokumushikobo-kannawa
 
と言うことで観光っぽく地獄蒸し。量もコントロールできて、楽しいし、ちょうど良かったです。
 
Img_3869
 
別府に戻ってきて街中へ。商店街がやはり寂しいですね。
 
4
SELECT BEPPU(マイケルリンの作品)
https://selectbeppu.thebase.in/
 
元気に頑張っているお店もあります。こちらでマイケルリンの作品を見ます。この後、また竹瓦温泉に行ってこちらで砂湯に入ることにしました。こちらの砂湯は室内でお湯を含んだ砂を体にかけてくれます。疲れは取れますね。
 
ここら辺で回ったアート、建築関連のネタは別エントリにまとめています。
 ↓
別府アート、建築編
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-53a618.html
 
この日は同じうみね泊ですが、夜ごはんも翌日の朝ごはんも付けず、一度は地元の居酒屋に飲みにいかねば!と言うことで近くの人気店を予約。
 
15
Img_4046

ろばた仁 
https://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44000332/
 
関アジ、関サバを食べ、椎茸を食べ、とり天をここでも食べ、満足です。帰りにトキハでお土産を幾つか購入。翌日はチェックアウトして朝に駅まで行き、お土産など買い足して大分市へ電車で向かいました。
 
  




| | コメント (0)

九州紀行その1:由布院行程

今年の初めに行った九州大分旅行、由布院、別府、大分市と廻りました。由布院の全行程まとめです。
 
この後に廻った別府、大分市の工程エントリはこちら。
 
九州紀行その2:別府行程
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-05e6e0.html
 
九州紀行その3:大分市行程
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-515f2c.html
 
 
 
Img_3344
 
羽田から飛行機で大分空港へ。そこからバスで由布院駅へ到着。由布院駅から正面に由布岳が見えます。今回の旅行では車は借りずバスと電車のみの移動としました。由布院は山の中、冬なので万が一雪が降ると車では大変になりそうと思ったのですが、まぁ、天候は問題なかったです。ただ、宿の運転手さんと話していたら、やはり雪が降る時はあるようなので、冬の山の中のレンタカーは避けて良かったかと。実はこの周辺の観光地化されていない温泉なども検討していたのですが、同様に冬で車が使えなくなるかもと言うことも考え、バスや電車の便が良いところに今回の目的地を決めました。 
 
03917
由布院駅
建築設計:磯崎新
http://www.city.yufu.oita.jp/kankou/kankou/station/
 
03918
由布市ツーリストインフォメーションセンター ~YUFUiNFO
建築設計:坂茂
http://yufu-tic.jp/tic
http://www.yufuinfo.jp/
 
アート、建築に関しては別エントリにあげています。
 ↓
由布院アート、建築編
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-a21adf.html
 
Img_3355
由布院駅前のお土産店 日乃新(由布岳を望んで左側)
http://www.yufuin-hinoshin.co.jp/
 
由布院駅に到着、駅前のおみやげ物やさん(足湯もあり)のコインロッカーが一番安かったのでそこに荷物を入れ、駅周辺の建築を観て、観光エリアになっている湯の坪街道周辺で昼ごはん。時間調整で喫茶店に寄り、予約していたCOMICO ART MUSEUM YUFUINへ。
 
03915
COMICO ART MUSEUM YUFUIN
建築設計:隈研吾 アーティスト:村上隆、杉本博司、奈良美智
https://camy.oita.jp/
 
こちらは別エントリで詳しく書いています。
 ↓
COMICO ART MUSEUM YUFUIN(建築設計:隈研吾)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-06b44b.html
 
 
Img_3406
ゆのつぼ温泉
http://www.city.yufu.oita.jp/kankou/onsen/yunotubo/ 
 
美術館のすぐ裏に温泉を発見。これは、と思って入ることに。無人の共同浴場なので建物裏手にあるお店でタオルを買って(持っていれば買わなくても良い)、入口にある箱に入浴料を入れます。結構熱めのお湯でしたね。
 
03916_20200324181401
 
この日はあちこち行かずに早めに宿に入ることにして、宿に連絡して駅まで迎えに来て頂きました。
 
Img_3587  
草屋根の宿 龍のひげ 別邸ゆむた
http://ryunohige.com/
 
この日の宿は朝には由布岳の赤富士も見ることが出来た「龍のひげ 別邸ゆむた」。
  
Img_3604
 
温泉が滑らかで入りやすく、何度も入ってしまいました。由布院の温泉は癖が無く、湯あたりしづらく何度も入れるということでしたが本当に良い湯でした。あと、この宿、布団と枕がとてもよかった。
 
Img_3624_20200527173301
 
夜はお肉でしたが、食べきれず、残った肉を翌日の朝に出してもらうことに。
 
Img_3652
   
朝ごはんもおかずが多く、前の夜のお肉もあっておなか一杯に。チェックアウト後、車で駅まで送っていただきます。2日目は由布院エリアを歩いて回ります。
 
Img_3728
 
駅から少し歩くと道の真ん中に鳥居。これはどこの神社行きの参道的な扱いなのかな?これから行く神社の方向なのですが少し距離があるけど。
 
Img_3670
宇奈岐日女神社
https://www.visit-oita.jp/spots/detail/4384
 
ということで来たのがこちらの宇奈岐日女神社。うなぐひめ、うなぎひめと読むので鰻と関係はありそう。
 
Img_3676
03920
 
神社の境内には何年前かの台風で倒れた大木の切り株が残っています。この大きさの樹が残っていたらかなり見応えあったでしょうね。
 
Img_3691
Img_3693
 
そこから有名観光地の方へ向かうのに田や川などのどかな道を抜けていきます。どこからも由布岳が見えて、この土地はこの山に守られているんだなという感じです。
  
03919
Img_3717
金鱗湖
http://www.city.yufu.oita.jp/kankou/kankou/kinrinko/
 
そして有名観光地である金鱗湖。湖というより大きな池という感もありますが、綺麗ですね。この湖と駅の間が湯の坪街道という有名観光地エリアになっています。
 
Img_3722
プリンどら
https://eshop.kikuya-oita.net/
 
039jyazz
湯布院 ジャズとようかん
http://www.jazz-youkan.com/
 
湯の坪街道はかなりの人出。それほど広くない道の両脇に様々なお店が並び、人がたくさんいます。ここは原宿か?!という感じ(そこまでではない)。
 
Img_3720
ゆふいん夢ひろば ドクターフィッシュ
https://www.facebook.com/%E3%82%86%E3%81%B5%E3%81%84%E3%82%93%E5%A4%A2%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%B0-194144930688961/
  
Img_3726
ゆふいんバーガーハウス
https://tabelog.com/oita/A4402/A440201/44005389/
 
湯の坪街道から外れるとドクターフィッシュがあったり(くすぐったすぎてダメでした)、駅の近くでハンバーガーを食べたり。そして今日も早めに宿に向かうことに。
 
Img_3844
Img_3813

由布院 六花
http://yufuinonsen.jp/
 
今日は昨日とは別の宿に。比較的新しい宿ですが、なかなか良い宿でした。若目のオーナーさんのようですが、古臭くない今風のサービスが私は良いと思いました。周りには何もないけど、駅から遠くないし、また来たいですね。
  
Img_3773
Img_3788
 
夜ご飯は和食ベースですがオリジナルなものになっていました。かなりお腹いっぱいになりましたがよくある日本旅館の食べきれない量ではなく、ちょうど良いお腹いっぱい具合。年取るとこのくらいが良いです。
  
Img_3737
Img_3826
 
お風呂は半露天のみですが、相変わらず気持ち良いクセのない何度でも入れるお湯。朝ご飯も良かったです。チェックアウトして車で駅まで送って貰います。来たときに荷物を預けたお土産物屋の足湯に浸かって時間調整。そして由布院から別府へバスで向かいます。
 

| | コメント (0)

大分市アート、建築編

今年の初めに行った九州大分旅行、由布院、別府、大分市と廻りましたが、最後に廻った大分市の建築/アート情報まとめ。
 
ちなみに今回(年のはじめ)の九州旅行の全体はこちら。
九州紀行その1:由布院行程
九州紀行その2:別府行程
九州紀行その3:大分市行程
 
 
 
大分駅府内中央口広場屋外トイレ
建築設計:矢橋徹、伊藤憲吾(伊藤憲吾建築設計事務所)
https://www.yabashi-aa.com/works/article/44
 
Img_4060
 
まずは大分駅前でふと目に入った建物。トイレがなかなかイイ感じです。
 
 
 
大分駅北口、山口晃氏原画による陶板画「島尽鐵道圖」(しまづくし くろがねのみちず)
※書籍「本気になって何が悪い」(2017 年 唐池恒二著)の表紙画
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2018/02/09/180209ooitastation.pdf
 
Img_4340_20200528100601
 
大分駅には山口晃氏原画による陶板画(制作:大塚オーミ陶業株式会社)がありました。実はこれ2作目(2018年2月作成)で同じ入口の逆側にもう一つ、1作目(2017年10月作成)の陶板画「九州鐡道驛中驛外圖」があったということです。見逃しました。
 
 
 
大分銀行赤レンガ館
建築設計:辰野 金吾
https://www.oitabank.co.jp/atm/akarengakan/
 
14
 
大分の建築と言えばこの辰野 金吾 の建物です。現役で使われているというのが凄い。
  
 
 
鈴木ヒラク「点が線の夢を見る」(地下道アート)
大分市中央通り線地下道(大分銀行赤レンガ館付近)
http://www.beppuproject.com/work/1614
 
13
 
逢坂 卓郎「生成と消滅 大分市」(地下道アート)
大分駅前地下道北側通路
https://www.city.oita.oita.jp/o154/machizukuri/toshi/art.html
 
Img_4334
 
地下道にアート作品を展示するプロジェクトをやっていました。鈴木ヒラクさんの作品は赤レンガ館の前の地下道です。
 
 
 
大分県立美術館 OPAM
建築設計:坂茂
https://www.opam.jp/
 
8
Img_4145
 
もちろん坂茂 設計のOPAMも行きました。CDL 平野敬子×工藤青石のサインデザイン。
 
Img_4137
Img_4140

須藤玲子やマルセル・ワンダース、ミヤケマイのパブリックアートもあります。大分県立美術館に関しては別エントリでまとめてありますので参照下さい。
 ↓
大分県立美術館 OPAM:建築/パブリックアート(建築設計:坂茂)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-a4183a.html
 
 
他にも大分市には様々な建築やアート施設(磯崎新のアートプラザや大分市情報学習センターや岩田学園、黒川紀章の大分スポーツ公園総合競技場、大分市美術館)があります。時間が無く見ることが出来ずでした。あと、街中のどこかに藤本壮介のHouse Nもあるのですよね。帰りの空港行きバスからどこかに見えないかなぁ、と探してしまいました(見つからず)。

| | コメント (0)

別府アート、建築編

今年の初めに行った九州大分旅行、由布院、別府、大分市と廻りました。由布院の次に行った別府の建築/アート情報まとめ。
 
ちなみに今回(年のはじめ)の九州旅行の全体はこちら。
九州紀行その1:由布院行程
九州紀行その2:別府行程
九州紀行その3:大分市行程
 
 
 
駅前温泉
http://www.gokuraku-jigoku-beppu.com/entries/ekimae-kotoonsen
 
Img_3863
 
別府駅すぐにあった温泉の建物が古くてとても素敵だった。
  
 
 
トキハ別府店(屋上に淺井裕介の作品)
http://www.tokiwa-dept.co.jp/beppu/
 
6
5
 
百貨店のトキハの屋上に淺井裕介『海と山の間で生きている』が残っていると言うことで見てきました。駐車場の一番上に描かれたとても大きな絵です。一部しか見ることが出来なくても一目で淺井さんの絵だと判るのがすごいですね。
 
 
  
SELECT BEPPU(マイケルリンの作品)
https://selectbeppu.thebase.in/
http://www.beppuproject.com/work/541
 
4
3
 
セレクトベップというデザイングッズショップの2階に以前描かれたマイケル・リンの襖絵が残っているということで見てきました。街中にあるので竹瓦温泉などにも行きやすい場所。
 
 
 
竹瓦温泉
https://www.city.beppu.oita.jp/sisetu/shieionsen/detail4.html
 
7
  
別府と言えば、この建物。建築好きとしては観ておきたいですね。温泉や砂浴も体験したので中も見てきました。
 
 
別府は他にも見たい建築やアート、工芸ネタなどもありました(磯崎新の別府ビーコンプラザ/別府市美術館/別府市竹細工伝統産業会館/別府アートミュージアム)が今回はあまり欲張らず、ゆったりと廻りました。

| | コメント (0)

由布院アート、建築編

今年の初めに行った九州大分旅行、由布院、別府、大分市と廻りましたが、まずは由布院の建築/アート情報まとめ。
 
ちなみに今回(年のはじめ)の九州旅行の全体はこちら。
九州紀行その1:由布院行程
九州紀行その2:別府行程
九州紀行その3:大分市行程


  
由布院駅
建築設計:磯崎新
http://www.city.yufu.oita.jp/kankou/kankou/station/
 
03917
Img_3357
 
由布院の駅は磯崎新の設計。黒っぽい建物が横に長く広がる。中は半分位アートギャラリーやホールとして使われていた。
 
 
 
由布市ツーリストインフォメーションセンター ~YUFUiNFO
建築設計:坂茂
http://yufu-tic.jp/tic
http://www.yufuinfo.jp/
 
03918
Img_3371
 
由布院駅のすぐ隣に作られたインフォメーションセンターは坂茂の設計。
 
Img_3372
Img_3373
 
坂さんはこう言う木組みの天井好きですよね。受付カウンターは紙管でした。
 
Img_3578
Img_3580
 
サイン関連は平野敬子のデザイン。大分県立美術館と同じ組み合わせですね。
 
Img_3579
Img_3848
 
海外の人がくることが多いインフォメーションセンターと言うのもあってピクト中心か。
 
 
 
COMICO ART MUSEUM YUFUIN
https://camy.oita.jp/
建築設計:隈研吾
 
03915
 
由布院に出来た隈研吾設計の現代アートの美術館。村上隆、杉本博司、奈良美智の3人の作品のみを見せる小さな質の良い美術館。こちらの詳細は別にあげてありますのでこちらを参照ください。
 ↓
COMICO ART MUSEUM YUFUIN(建築設計:隈研吾)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-06b44b.html
 
 
由布院には他にも観光地ならではの小さな美術館が沢山ありました。今度来た時は他にも行きたいところがありますね。

| | コメント (0)

岡本太郎展 /コレクション展Ⅴ「旅する美術」

今年初めに行った九州大分旅行で寄った大分県立美術館(OPAM)で見た展覧会。今年の初展覧会がこれでしたね。
 
ちなみに今回(年のはじめ)の九州旅行の全体はこちら。
九州紀行その1:由布院行程
九州紀行その2:別府行程
九州紀行その3:大分市行程
 
 
 
岡本太郎展
http://www.opam.jp/exhibitions/detail/528
大分県立美術館
2019/12/26-2020/1/24
 
Img_4298  
Img_4265
 
あの、芸術は爆発だ、の岡本太郎。本当に爆発しそうなパワフルな作品を作っていますよね。
 
Img_4259
Img_4263
 
縄文土器の魅力を広めたのも岡本太郎でした。土器や日本庭園の写真をたくさん撮っていました。日本の文化を追求してきた岡本太郎。
 
Img_4262
Img_4273
 
土着のお祭りの写真も多くありました。土器などと同じようにプリミティヴなものに惹かれたのですね。
 
Img_4276
Img_4282
 
絵画作品や立体作品の形や色にそのプリミティヴなパワーは現れています。手の椅子は一度見たら忘れられません。
 
Img_4277
Img_4281
 
太陽の塔もいうまでも無く岡本太郎の代表作。スケッチからは情熱が零れ落ちそう。
 
Img_4284_20200528100401
Img_4291
 
日本の常識からはみ出ていたように見える岡本太郎が実は根本に日本文化をとても大事にして、作品制作のエネルギーにしていたのだと判る展覧会でした。
 
 
 
コレクション展Ⅴ「旅する美術」
http://www.opam.jp/exhibitions/detail/578
大分県立美術館
2019/12/6-2020/2/4
 
Img_4186
 
旅をテーマにした展覧会。旅と言えば大分産まれの田能村竹田から始まります。後半からは様々な大分の景色が描かれた絵が出ていました。耶馬溪、由布岳、別府など。
 

| | コメント (0)

大分県立美術館 OPAM:建築/パブリックアート(建築設計:坂茂)

今年の初めに行った九州大分旅行、ここは行かねばです、な建築設計:坂茂の大分県立美術館。通称OPAM。
 
ちなみに今回(年のはじめ)の九州旅行の全体はこちら。
九州紀行その1:由布院行程
九州紀行その2:別府行程
九州紀行その3:大分市行程
 
 
 
9
 
大分県立美術館
https://www.opam.jp/
 
8
Img_4137  
 
坂茂の設計。道路側はガラス貼りなので入りやすい感じ。このガラス壁、1階部分が開くらしい(が、あまりそういう使い方してないようです)。
  
Img_4131
Img_4168
 
道を挟んだiichiko文化センターから渡り廊下で2階から入るルートもあり。1階で企画展、2階はカフェと情報センター、3階は常設展。3階の屋根がいかにも坂さん設計の木組みでした。
 
 
 
Img_4299
 
2階のカフェ「cafe Charite(カフェ シャリテ)」 も坂茂デザイン。
 
Img_4305
Img_4300
 
ここぞとばかりに紙管使っています。食材には紙管は使っていませんでした。
 
 
 
Img_4190_20200528101301
Img_4198
 
サインなどのデザインはCDL(コミュニケーションデザイン研究所) 平野敬子×工藤青石。色を使ったサイン什器なども担当。
 
Img_4193
Img_4194
 
このインフォメーションデスク、裏側に何か出っ張ってるなぁ、と思ったら、これ上から見たら?マークになっているらしい。上から撮るの忘れた!
 
Img_4133
 
ちなみにショップのカウンターはS型になっています。
  
Img_4145
Img_4149

サインデザインもわかりやすい感じで、今風の優しいグラフィカルなピクトグラム。
 
 
 
10
   
1階のアトリウム周辺には様々なパブリックアート。アトリウム全体を「ユーラシアの庭」としている。
  
ユーラシアの庭
http://www.opam.jp/page/garden.html
 
Img_4137
Img_4207_20200528101301
 
須藤玲子≪ユーラシアの庭「水分峠の水草」≫
http://www.opam.jp/page/works/sudoreiko.html
 
2階の床レベルを水面、1階を水中に見立て、そこに浮かぶ水草を表現した須藤玲子の作品
 
11
040thum
 
押すとゆらゆら揺れるのが怖いようで面白いマルセル・ワンダースのバルーン作品。
 
マルセル・ワンダース≪ユーラシアン・ガーデン・スピリット≫
http://www.opam.jp/page/works/marcelwanders.html
 
 
 
Img_4140
  
アトリウムの奥側にはミヤケマイの作品が幾つか。
 
大分観光壁
http://www.opam.jp/page/oita_tourismwall.html
 
12
Img_4243
 
ミヤケマイ「水府 覆水難収・フクスイオサメガタシ」
プールの作品。水面に見えるのは複層のガラス板。なんと上に乗れます。良く見ると魚や人がガラス面にいるのです。
 
Img_4228
 
ミヤケマイ「世界は届けい・セカイハトドケイ 大分の中心で家内安全を叫ぶ」
壁には鳩時計。様々な国の時刻を表す時計があります。西日が当るので壁を作ることになって、この面を作品で埋めることをミヤケさんにお願いしたとか。
 
Img_4236
 
ミヤケマイ「おかえりなさい。」
大分の切子燈籠、信仰などを表現した作品。

Img_4248
Img_4254
 
ミヤケマイ「もどる場所があるということ」
ミヤケさん得意のハニカム材を使った作品。正面から見ると図柄が見えるが、斜めからは見えなくなる。大分に関わるモチーフが描かれている。
  
 
 
Img_4181
Img_4172
 
3階にある空を望む中庭には工芸作品の展示。
 
天庭(あまにわ) 工芸を超える現代三人衆
「徳丸 鏡子(陶)、礒﨑 真理子(陶)、高橋 禎彦(ガラス)」
http://www.opam.jp/page/amaniwa.html
 
 
 
あちこちに椅子やアート作品があって、開かれた美術館という狙いでしょう。
 
アトリウム・屋外展示作品について
http://www.opam.jp/page/works.html
 
どこまでその開かれた館が実現出来ているのかはわからないし、椅子等もコロナ禍では使えないものもあるかもしれません。ただ、コロナ騒ぎからの復活にいち早く体制を整え名乗りをあげたのがこの館でした。前へすすむ力はありそうです。
 

| | コメント (0)

COMICO ART MUSEUM YUFUIN(建築設計:隈研吾)

由布院にあるCOMICO ART MUSEUM YUFUIN(建築設計:隈研吾)を見てきました。
 
ちなみに今回(年のはじめ)の九州旅行の全体はこちら。
九州紀行その1:由布院行程  
九州紀行その2:別府行程
九州紀行その3:大分市行程
 
 
 
COMICO ART MUSEUM YUFUIN
 
https://camy.oita.jp/
開館時間 09:30-17:30(ツアー時間は09:40-16:00)、事前予約制のツアー形式(約60分)
休館日 隔週月曜日
入館料 一般:1,500円、学生(高校・中学・小学生):1000円、子ども (小学生未満):無料
 
03915
03916
 
今年の初め、九州 大分にある温泉地、由布院温泉に行きました。ここに隈研吾が設計した現代アートの美術館があるということでみてきました。由布院駅から歩いて15分ほど、観光で賑わっている湯の坪街道すぐ脇。建物の裏には川が流れていて、由布岳をみることができます。
 
03906
03904
 
漫画アプリCOMICOを運営している韓国の会社 NHNが作った小さくても質の良い美術館 「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」。事前予約制、ツアーガイドで中を見て歩く形式となります。
 
03903
03905
  
建築設計は隈研吾。焼き杉を使った黒い外観が特徴的。根津美術館、明治神宮ミュージアムなどの庇と似た感じです。村上隆、杉本博司、奈良美智と言う3人の現代アート作品を展示するための美術館です。
 
03907 
Img_3390  
 
ロゴのデザインをしたのはデザイナーの原研哉。この組み合わせも明治神宮ミュージアムと同じですね。
 
Img_3431
Img_3425
 
予約をした時間に行くと、受付にガイドツアー参加者が集まっています。ガイドが始まり、まず館の説明。館内サインも焼き杉を使って居ました。
 
03908
03909
 
そして一つ目の展示室へ。ここには村上隆の作品が7点あります。比較的初期の頃の作品でしょうか。キャラクターのDOB君が出て来る絵です。展示室の端にはガラスの壁と水盤。ガラスの向こう側にある第二展示室はここから見えるのですが、このまま行くことは出来ません。
 
03910
Img_3485
 
第二展示室に行くには一度建物から出て、中庭を通って行くことに。幾つかの小さな建物で構成しているこの美術館。村がコンセプトになっているとのこと。NHN写社員の研修でも使われているとか。
 
Img_3509
03911
 
そして第二展示室へ。ここには杉本博司の作品「海景」シリーズが5点あります。ガイドさんが説明していましたが、ツアー制にしている理由の一つは向こうの部屋を空の状態で見ることが出来るようにしたいから、だそうです。
 
Img_3518
03914
 
展示室を見終わったら、受付へ戻り、二階へ。多目的ラウンジで一休み。ここにはCOMICOの出版物や建築家やアーティストに関する本などを閲覧できます。
 
Img_3527
03912
 
部屋の外には奈良美智の作品「your dog」と背後に壮大な由布岳。ここは前は枯山水の庭園だったようです。それを無くして奈良美智作品を設置(2019年の冬)したようです。
 
03913
Img_3561
 
外に出て近くに、後ろからと眺めることが出来ました。
 
039thum
 
いまトピにこの美術館のことを書いていますのでこちらも参考に是非。
 
【今すぐ行きたい】知ってる?有名温泉地にあるとても素敵な美術館
https://ima.goo.ne.jp/column/article/7984.html
 

| | コメント (0)

箱根紀行(養老昆虫館/三河屋旅館/九頭竜神社 など)

あなたはいまどの空を見ているの♪
 
Img_9418
 
Img_9435
 
お盆に箱根に行って来ました。そこで見た展覧会の感想は前に書いていますが全行程まとめメモです。一番新しい小田急ロマンスカー GSE。展望車の真ん中より少し前の席。首を伸ばせば前が見えます。
 
Img_9425
 
Img_9437
 
運転席への搭乗シーンも見ることができました。そしてなんと同じ車両に知り合いが乗っていることが判明。まさかの同じ時間同じ車両!
実は台風が近づいてきているタイミングでしたが、四国から日本海へ抜けていくルートだったので直接は関東には来ないものの、雨や風は免れない。ただ、実際は思ったよりも被害を被らずなんとかなりました。
 
Img_9438
 
途中でMSEとすれ違い。まだあの青い車両には乗った事がありません(新宿に止まらないからね)。そして箱根湯本へ。まずはここで昼ごはん。
 
Img_9443
 
はつ花そば
http://www.hatsuhana.co.jp/
 
Img_9447
 
昼ごはんはいつもの「はつ花」の蕎麦。人気で外に並んでもいつもは回転が速いのですが、この日は新館が営業していない日だったのでこちらに集まってしまい思ったよりも並びました。でも自然薯が美味しいです。
 
Img_9461
 
ここからレンタカーを借りて山を登ります。この日はポーラ美術館をめがけて。その前に仙石原へ寄りました。
 
【旅に出よう!】ミュージアム好きのための箱根めぐり - いまトピ
https://ima.goo.ne.jp/column/article/7328.html
 
ちょっと前に箱根のミュージアムや交通事情などのまとめをいまトピに書きました。箱根に行く時の参考に是非。
 
Img_9453
 
Img_9454
 
Img_9456
 
仙石原に寄ったのは、仙石原と湖尻の間くらいにある養老孟司先生の箱根の別荘「養老昆虫館」(非公開)を見たかったから。さっと寄って外観だけ写真撮ってきた。一目見てわかる藤森照信さんの建築ですね。
 
シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート/ポーラ美術館 コレクション名作選/半澤友美「The Histories of the Self」展
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2019/09/post-3a5764.html
 
そしてポーラ美術館へ。思ったよりも展覧会が面白くて時間がかかってしまいました。本当はこの日、岡田美術館にも寄るつもりでしたがそれは諦め。
 
Img_9762
 
三河屋旅館
https://www.hakone-mikawaya.com/
 
Img_9759
 
宿泊した宿は三河屋旅館。創業明治16年の老舗名旅館です。正面入口の建物に向かって右側が新しい建物の「霞館」。左側が古い昔ながらの建物「松竹館」。それに別館の離れがあります。左に見える赤い屋根が「松竹館」、こちらに泊まりました。
 
Img_9650
 
Img_9753 
 
入口部分は古くからの建物。歴史ある風情が良いです。屋根の造りなんかたまりませんね。ホテルではこの風格は難しい。個人的には旅館が好きです。
 
Img_9709
 
Img_9666
 
Img_9658
 
Img_9659
 
台風が来ていることもあり入口付近は一部雨漏りなどありましたが、それも歴史ある旅館での楽しみ(もちろん部屋はそんなことはなく安心です)。
 
Img_9702
 
Img_9686
 
Img_9637
 
チェックイン時に通される待合ラウンジは大正時代の風格。
 
Img_9688
 
Img_9690
 
Img_9691
 
ラウンジにゲームパチンコとジュークボックスを発見。ジュークボックスにはなんとクイーンのシングル盤が。あの映画のヒットに合わせて出したのだと思いますが、それでもこのシングル盤を持っているのが素晴らしい。
 
Img_9708
 
Img_9682
 
階段、床、大浴場の周りの水場、明治風呂なども良い感じ。水場は手は入れてるのかな。
 
Img_9652
 
Img_9713  
 
泊まった「松竹館」は竹久夢二なども泊まったという建物。新館よりも安く泊まれるのは造りが古かったり、壁が薄かったりするから。小さな子どもなども騒いでしまうと隣の部屋に聞こえてしまうので避けているようです。窓からひょうたん祭りの電飾が見えました。この日の翌日は大文字焼きの送り日。ちょうどその前日で台風と言うのもありそれほど混んでいないのが良かった。
 
Img_9644

Img_9640
 
ただ、古い建物好きとしてはたまりませんね。こっちの方が安く泊まれるなんて間違いでは?な気分。トイレなども新しく綺麗になっているので問題はなし。お風呂もこの館のみの貸し切り風呂があります。ただここは物凄く熱くて長湯は無理。
 
Img_9728
 
Img_9741
 
夜ご飯は量はある程度ありますが、よくあるお腹いっぱいで苦しくなるまでのものではない。お酒を飲んで、色々食べるのに丁度良い量でした。年をとると量を食べられなくなるのですよ、苦笑。
 
Img_9748
 
朝ごはんの方が多くお腹いっぱいになってしまいました。だって、これ、全部食べたいよね?食べちゃうよね?あと、従業員の方が外国の方が多かったです。お客様も海外の方が多いでしょうから、働いている人も外国の人の方が便利だと思います。日本語がみんなしっかりしてて凄い。小田原あたりに住んでいて通っているのかな?
 
 
さて、翌日はまずは昨日いけなかった岡田美術館へ。
 
金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など―
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2019/09/post-ac7287.html
 
旅館のすぐ隣です。少し早めにチェックアウトして行くつもりでしたが、まぁ、そこまでは早くなかったかも。
 
Img_9772
 
箱根神社(九頭龍神社)
http://hakonejinja.or.jp/
 
Img_9774
 
そこから九頭竜神社へ。行きやすい箱根神社の横にある新宮ではなく九頭竜神社 本宮へ行きました。箱根プリンスに車を停めて(駐車場は有料)15分以上歩いていきます。
 
Img_9815
 
Img_9781
 
台風過ぎと言う事もありかなり霧が出ていて風も強かったです。本当は自転車を借りて行く予定でしたが、風の影響で貸し出し中止……。
 
Img_9787
 
Img_9793
 
まずは九頭竜の森の敷地(入るのに有料です)につくとすぐにある白龍神社にお参りです。モーターボードや月次祭の時に出る船便の場合はこの近くの桟橋に止まるのですね。そして森の中を更に歩いていきます。
 
Img_9801
 
Img_9804
 
Img_9805
 
九頭竜神社にようやく到着。湖面側に鳥居と弁財天社があります。こちらに小さな桟橋があるのでこちらが正面になるのでしょうか?昔はこの桟橋側から宮司さんなども入ってきたとか?
 
Img_9826
 
Img_9817
 
Img_9818
 
Img_9819
 
そして次は箱根神社。湖畔に見える大きな鳥居が有名です。階段を登るのが結構ね……(諦めようかと思った)。
 
Img_9821
 
Img_9822
 
こちらには九頭竜神社 新宮もあります。本宮と新宮めぐり。九頭の竜が居ますね……。ここらで昼ごはんなどを考えていたのですが、朝ごはんの量が響いて、お腹空かず。
 
Img_9827
 
かよい湯治 一休 – 天山湯治郷
http://tenzan.jp/1kyu/
 
なので、この日は大文字焼きの日ですので早めに山を降りた方が良いかと、旧街道の方に向かいます。比較的順調に降りて来れたので、天山の湯治場「一休」で温泉に。
 
Img_9448
 
Img_9833
 
画廊喫茶 ユトリロ
https://www.utrillo-v.com/
 
Img_9841
 
Img_9838
 
レンタカーを早めに返したら、箱根湯本の喫茶店「ユトリロ」で一休み。室内にユトリロ作品などが飾ってあったり、四谷シモンの人形などもある芸術系喫茶店です。
 
Img_9851
 
湯もち本舗 ちもと
https://www.yumochi.com/
 
箱根湯本と言えば「ちもと」の湯もちは大好物。これは実は初日に買って途中で食べてしまったのでお土産にはならなかったのですけどね。
 
Uxnw7987
 
箱根名物 すり身団子 竹いち
http://www.take-ichi.com/
 
また、テレビや雑誌で話題になって事前に予約しないと午後になったら買えないこともある「竹いち」の魚のすり身団子も予約済みでしっかり入手。
 
ということで一泊の箱根でした。この後に実家に寄ったので実際は2泊旅行でした。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧