文化・芸術

2017年の展覧会、今年の10本

毎年恒例の今年見た展覧会の、私的によかったもの10本!今年もやりました。
 
ちなみに、去年までのその年の10本エントリは以下に。
 
 
 
さて、2017年の振り返り!今年見た美術館やギャラリーでの展覧会、アートイベントは200本ほど。今までに比べて少し減りました。比較的大きな展覧会でも趣味では無さそうなもの、無理しないと行けないようなものは早めに諦めました。まぁ、その本数に入っていないものでは直島に行ったりもしました。後は関西方面に行けなかったのがちょっと残念でした。
 
 
【総括】 
今年は関西のほうで良い展覧会が沢山開催されていたような気がします。残念ですが私は全く見る事ができませんでした。海北友松展快慶展奈良美智展長沢芦雪展国宝展末法展とコアな美術ファンが喜ぶ様な展覧会がありました。本当に行けなかったのが残念です。そして、コアなマニア受けとは逆と言っても良いかもしれないエンターテインメント性が高かったり、一般受けが良いような展覧会も多かったと思います。私は関西に行けなかった反動で今年はそういう展覧会を改めて10本に入れてみました。
 
 
 
いつもどおり今年の10本を選定。基本的には順位はつけず、見た順番で古いところから書いていきます。
 
 
デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」
寺田倉庫G1 ビル
※えー、順位はつけずと言いましたが、もうこれ、この展覧気なくしては私の今年はありませんでしたと言う一番思い入れあるものです。イギリスでやったボウイの展覧会が日本に巡回、それもボウイの誕生日に初日を持ってくるとは。内容とか云々でなくそれだけで充分の展覧会です。
 
 
リニューアル記念 特別名品展 + 杉本博司「海景 ATAMI」
MOA美術館
※これ、展覧会と言うよりもリニューアルした美術館の内装が凄かった。杉本さんのこだわり大炸裂な感じでしたね。もちろんリニューアルのこのオープニング展覧会も良かったです。
 
 
ミュシャ展「スラヴ叙事詩」
国立新美術館
※これは本当に凄い展覧会でしたね。ミュシャの展覧会というだけで入るのにまさかのスラブ抒情詩の来日。今年の入場者数第一位の展覧会なんですよね。いや、しかし、良いものを見た。
 
 
パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右
東京ステーションギャラリー
※ちょっとマニアックなところですが、これ楽しめました。キュレーションをしっかりやって展覧会のストーリーを伝えていく。毎年幾つかそう言う展覧会は話題になりますね。展覧会として大事にしていきたいの一つの流れでもある気がします。
 
 
茶の湯展
東京国立博物館平成館
※国宝展を観ていればもしかしたらこれは10本に入らなかったかもしれませんが、まぁ、器好きの私にとって、これが今年の国宝展と言っても良いくらいの国宝ごろごろ的展覧会でした。国宝展、行きたかったけど。
 
 
カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命
八王子夢美術館
※これも10本に入れるか悩みましたが、うん、個人的な好みの物を一つ入れたいな、と思ったらこれが出てきました。うん、良い展覧会でした。
 
 
BankART Life Ⅴ -- 観光
BankART Studio NYK
※これ、アートファン以外に行った人は少ないとは思いますが、アートファンでなくても楽しめる良い展覧会だったと思います。現代アートの良いところがたくさんあった展覧会だと思います。
 
 
運慶展
東京国立博物館平成館
※これは、もう本当にトーハクでしか出来ない、仏像展示の一つの答えだと思います。マニアックな層にはどうかわかりませんが、これで仏像ファンが増えたんではないでしょうか?東博以外にはこんなことやらないだろうけど。
 
 
THE ドラえもん展 TOKYO 2017
森アーツセンターギャラリー
※現代アートとしてのレベルの高さがあり、個人的にかなり好みの作家さんが出ていたので10本に入れました。正直このモチーフに強い思い入れがあった訳ではありませんが、その分、冷静にこのモチーフの料理の仕方を面白く見ることが出来ました。
 
 
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
森美術館
※うん、これ10本に入れるかどうか悩んだのですが、やはりアート展と言うものへのハードルを低くする一つの答えだし、やり方だろうし、今の世の中でアートが生きていく一つの方法かもしれないな、と思いましたね。と少し難しく考えた理屈を無理やり付けて10本に入れてみた。
 
 
 
-----------------------------------------------------
 
とまぁ、10本選んでみましたが、それ以外にも今年いろいろと残る展覧会などはあったので幾つかメモしておきます。
 
 
 
建築系では東京国立近代美術館やパナソニック汐留ミュージアムなどで展覧会をやっていましたが、まぁ、展覧会としてずば抜けていたのはやはり安藤忠雄展でしょうか。個人的には今年は直島/豊島に行って安藤建築もたっぷり観てきたのでそことリンクするものもありました。しかし豊島美術館は凄かったです。もう一度行きたい……。ミッドタウンに来たアーク・ノヴァも記憶に残りますね。
 
安藤忠雄展―挑戦―
 
直島・豊島紀行 其の七 旅程全体まとめ ご飯/その他アートなど
 
直島・豊島紀行 其の一 豊島 豊島美術館
 
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン
 
 
 
現代アートでは横浜トリエンナーレは良かったですね。草間彌生展ジャコメッティ展などの大型展もあればChim↑Pomの高円寺の展覧会も面白かった。ダヤニータ・シンの展覧会もふと入った割には印象的でした。
 
ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
 
草間彌生 わが永遠の魂
 
ジャコメッティ展
 
Chim↑Pom「Sukurappu ando Birudoプロジェクト 道が拓ける」
 
ダヤニータ・シン インドの大きな家の美術館
 
 
 
西洋美術は企画に目を引くものが多かったかも。判りやすいコンセプトで、普段美術館に行かない人まで取り込み、行列が出来た怖い絵展。まさかのダ・ヴィンチとミケランジェロの組み合わせのレオナルド×ミケランジェロ展。三菱一号館美術館はその後のロートレック展も見せ方は良かったですね。そしてあんなに入るとは思わなかったアルチンボルド展
 
怖い絵展
 
レオナルド×ミケランジェロ展
 
トゥールーズ=ロートレックと19世紀末パリの版画・ポスター展
 
アルチンボルド展
 
 
 
日本美術は国宝展には行けずじまいでしたがなんと言っても国宝イヤーはあちこちで盛り上がっていました。数年ぶりのおもしろびじゅつワンダーランドも面白かった。琳派関連はそれ程多くは無かったですが江戸の琳派芸術燕子花図と夏秋渓流図花*Flower*華は各館ごとに趣向をこらしていてどれも面白かった。
 
週刊ニッポンの国宝100創刊
 
おもしろびじゅつワンダーランド2017
 
江戸の琳派芸術
 
燕子花図と夏秋渓流図
 
花*Flower*華―琳派から現代へ―
 
 
 
今年も美術関連の映画は多かったですが、その中でも飛びぬけていたのがメットガラでしょうか。ファッションと美術館と言う別ジャンルの組み合わせが良かったのですかね。美術館と別ジャンルの組み合わせと言う点でカフェと組み合わせた本『カフェのある美術館』も今年でしたね。
 
メットガラ
 
青い日記帳監修『カフェのある美術館』刊行記念 6次元「カフェのある美術館ナイト」
 
 
 
まぁ、でも、「今年」と言うと私に取ってはデビッド・ボウイが亡くなり(亡くなったのは去年)、DAVID BOWIE ISが日本で開催されることをきっかけに幾つもの追悼展覧会が開かれた年として記憶に残っています。去年映画で見た「DAVID BOWIE IS」が日本で開催されて、沢山の人に愛されているんだな、と改めて感じた年でした。
 
鋤田正義 デヴィッド・ボウイ写真展 SUKITA meets BOWIE“SPEED of LIFE”
 
Blows up David Bowie & Iggy Pop
 
DAVID BOWIE is IN FASHION
 
追悼 David Bowie様(去年、亡くなった時のエントリ)
 
映画「DAVID BOWIE IS」とPaul SmithでのDAVID BOWIE追悼展示(去年、映画を見たときのエントリ)
 
 
 
以前2012年に10年間の振り返りと言うのをやりましたが、そこから5年、次の10年の折り返しになったのですね。早いもので……。
 
 
 
 
 
と言うことで。見ることが出来なかったたくさんの展覧会があり、それは残念ですが、見ることが出来た展覧会でこんなに素敵なものがたくさんあって、それを楽しめると言うのは素敵なことだと思いました。また来年も素敵な展覧会をたくさん開催してくれる方々に感謝をし、それを観に行けることにも感謝し、イイ展覧会に、イイ作品に出会えるといいな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶の湯展

東京国立博物館平成館「茶の湯」展に行ってきました。

 
 
 

続きを読む "茶の湯展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるメモ(アート編)0120(1021改) -2017年期待の展覧会-

見に行ったアート展の感想書くの追いついていないので取りあえず2017年気になるアート展メモ更新(更に21日にいくつか建築関連とか追加)。

 
「日本の新進作家 vol.13 東京・TOKYO」
「東京都写真美術館 コレクション展 東京・TOKYO」
東京都写真美術館
2016/11/22-1/29
※コレクション展見たいなぁ。
 
「アピチャッポン・ウィーラセタクン」
東京都写真美術館
2016/12/13-1/29
※上記コレクション展とセットで。
 
DOMANI・明日展
国立新美術館
2016/12/10-2/5
※これも見てしまいましたが、1点や2点は好きな作家が見つかるでしょう。
 
篠山紀信展 写真力
横浜美術館
1/4-2/28
※前にオペラシティでやったやつの巡回展なのかな?
 
DAVID BOWIE is | デヴィッド・ボウイ大回顧展
寺田倉庫G1 ビル
1/8-4/9 月休
※必見ですね、私的に。事前予約制ですが、初日に行ってきます!
 
天明屋尚「形質転換」展
ミヅマアートギャラリー
1/10-2/10
※天明屋さんの個展を見るのって今まであったかな。
 
関川航平展「figure / out」
ガーディアン・ガーデン
1/11-1/27
※ちょっと気になります。
 
鋤田正義 デヴィッド・ボウイ写真展 SUKITA meets BOWIE“SPEED of LIFE”
渋谷 GALLERY X BY PARCO
1/13-1/29
※「David Bowie is」と併せて行きたいですね。
 
中村至男展
クリエイションギャラリー G8
1/13-2/16
※単位展のビジュアルとか明和電機のグラフィックやった人なんだ。
 
仲條正義 IN&OUT, あるいは飲&嘔吐
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
1/13-3/18
※これは見たい!行かねば!
 
吉岡徳仁 スペクトル
資生堂ギャラリー
1/13-3/26
※どんな展覧会になるのか楽しみ。
 
アート+コム/ライゾマティクスリサーチ
光と動きの「ポエティクス/ストラクチャー」
1/14-3/20
ICC
※楽しみ楽しみ。今年はライゾマがいろいろ出てきそうな気がする。
 
並河靖之七宝展
東京都庭園美術館
1/14-4/9
※並河靖之さんの七宝と庭園美の建てもの、相性良さそう。
 
カール・ラガーフェルド「太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影」
シャネル・ネクサス・ホール
1/18-2/26
※ラガーフェルドが撮ったヴェルサイユ宮殿。
 
版画表現の豊かな魅力
渋谷ヒカリエ 8/ CUBE
1/19-1/31
※町田久美さんのペコちゃんの版画が出るみたい。
 
鋤田 正義 写真展:SUKITA / M Blows up David Bowie & Iggy Pop
キヤノンギャラリー S(品川)
1/19-3/6
※David Bowie関連はこれも必見。
 
渡辺豪「光差 -境面Ⅲ-」
URANO
1/21-2/25
※天王洲ちゃんと行かなきゃ。
 
阪本トクロウ展「模様」
GALLERY Momo 両国
1/21-2/25
※天王洲はいろいろセットで。
 
久保ガエタン「僕の体が僕の実験室です。あるいはそれを地球偶然管理局と呼ぶ。」
児玉画廊|天王洲
1/21-3/4
※これも気になるなぁ、行かねば。
 
堀部安嗣展 建築の居場所
ギャラリー・間
1/20-3/19
※堀部さんの建築、好きなんです!
 
超・日本刀入門 ~名刀でわかる・名刀で知る~
静嘉堂文庫美術館
1/21-3/20
※某ゲームもあってか、今年は刀の展覧会多いですね。
 
エリザベス ペイトン:Still life 静/生
原美術館
1/21-5/7
※ペイトンかぁ、そう来たかぁ。
 
オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき
三菱一号館美術館
2/4-5/21
※ナビ派、綺麗な展覧会になりそうですね。
 
アスリート展
21_21 DESIGN SIGHT
2/17-6/4
※アスリートかぁ、そう来たかぁ。
 
パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右
東京ステーションギャラリー
2/18-4/16
※面白そう!
 
草間彌生 わが永遠の魂
国立新美術館
2/22-5/22
※草間さんの都内での大規模展は久しぶり?
 
これぞ暁斎! 世界が認めたその画力
Bunkamura ザ・ミュージアム
2/23-4/16
※暁斎、きてますね~。
 
ミヤケマイ展 十二進法 Duodecimal
日本橋髙島屋 6 階美術画廊
3/1-3/20
※行かねば。
 
山崎博 計画と偶然
東京都写真美術館
3/7-5/7
※見たい見たい!
 
ミュシャ展「スラヴ叙事詩」
国立新美術館
3/8-6/5
※これは見なきゃいけないやつですよね、スラヴ叙事詩全点展示!
 
藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察
水戸芸術館現代美術ギャラリー
3/11-5/14
※わー、これは行きたい。
 
MEMENTO MORI
ロバート・メイプルソープ写真展 ピーター・マリーノ コレクション
シャネル・ネクサス・ホール
3/14-4/9
※期待期待!
 
茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術
東京国立近代美術館
3/14-5/21
※樂!茶碗!今年は茶碗の展覧会も期待強し!
 
東京ミッドタウン10周年記念「FUJI-SAN ~“JAPAN, THE BEAUTIFUL”GARDEN~」
東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン 芝生広場
3/17-5/28
※プラントハンター西畠清順/Rhizomatiks Architecture/NAKEDなど。
 
ミヤケマイ個展「蝙蝠 」
森岡書店銀座店(東京都中央区銀座1-28-15 )
3/28-4/2
※森岡書店でミヤケマイさん!
 
快慶 日本人を魅了した仏のかたち
奈良国立博物館
4/8-6/4
※奈良まで行かねば、かなぁ。
 
片山正通コレクション展
東京オペラシティアートギャラリー
4/8-6/25
※コレクションもそうだけど展示演出凝るのかな?
 
茶の湯
東京国立博物館平成館
4/11-6/4
※たぶん、凄い茶碗が出てくるんだよね、凄いんだよね、きっと。
 
燕子花図と夏秋渓流図
根津美術館
4/12-5/14
※何度見てもイイ作品、琳派を堪能したい!
 
茶の湯のうつわ ―和漢の世界
出光美術館
4/15-6/4
※出光でも器!こちらこちらで渋い世界になりそうで期待。
 
ブリューゲル「バベルの塔」展
東京都美術館
4/18-7/2
※小バベルにヒエロニムス・ボスが2点、行かねば!
 
坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス
ギャラリー・間
4/19-7/16
※坂さんのお仕事の流れを垣間見ることで出来るのかしら?
 
花 * Flower * 華 ―琳派から現代へ―
山種美術館
4/22-6/18
※花!琳派!日本の美しさで勝負ですね。
 
はじめての古美術鑑賞 ―紙の装飾―
根津美術館
5/25-7/2
※はじめてのシリーズ、今年は紙ですか。これは見たいなぁ。
 
特別展 名刀礼賛 ─ もののふ達の美学 ─
泉屋博古館 分館
6/1-8/4
※2017年流行り(?)な刀の展覧会。
 
水墨の風 ―長谷川等伯と雪舟
出光美術館
6/10-7/17
※等伯の水墨画、見たい!
 
レオナルド×ミケランジェロ展(仮称)
三菱一号館美術館
6/17-9/24
※なんとレオナ=ンジェロ!何が来るのやら。
 
アルチンボルド展
国立西洋美術館
6/20-9/24
※これも必見の展覧会の一つですね。
 
夏の優品展 -料紙のよそおい-
五島美術館
6/24-7/30
※こっちでも料紙ですか!いいなぁ。
 
川端龍子
山種美術館
6/24-8/20
※川端龍子展ですと!どんな展覧会になるかな。
 
深澤直人がデザインする生活のものたち展
パナソニック 汐留ミュージアム
7/8-10/1
※生活のものたち、どんなものたち?
 
地獄絵ワンダーランド
三井記念美術館
7/15-9/3
※地獄絵とな?!地獄絵だと!?地獄絵ですよ!
 
おもしろびじゅつワンダーランド
サントリー美術館
8/1-8/31
※今年のこれも面白そうです!
 
ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
横浜美術館
8/4-11/5
※今年の横トリ(ハマトリ?)はどんな感じなるのかなぁ。
 
上村松園 ―美人画の精華―
山種美術館
8/29-10/22
※美人画!美人、好きです!上村松園もってきましたかぁ。
 
江戸の琳派芸術
出光美術館
9/16-11/5
※出光の琳派展はなにげに素晴らしい作品が多いのよね。
 
驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-
三井記念美術館
9/16-12/3
※超絶技巧で現代アートまで展開しますか。
 
マルク・シャガール 三次元の世界
東京ステーションギャラリー
9/16-12/3
※あの建物でシャガールはいいなぁ。
 
運慶展
東京国立博物館平成館
9/26-11/26
※これは今年必見です。本当に必見ですよ!
 
安藤忠雄展―挑戦―
国立新美術館
9/27-12/18
※今年の建築展何があるんだろう?と思ったら、なんと安藤さんが来ましたか!
 
第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館帰国展
ギャラリー・間
9/28-12/10
※秋は展覧会いろいろ気になるのが多いね。
 
トゥールーズ=ロートレックと19世紀末パリの版画・ポスター展
三菱一号館美術館
10/18-2018/1/8
※ロートレック!これは楽しみ。ロートレック!
 
川合玉堂 ―古きよき日本の風景―
山種美術館
10/28-12/23
※山種の開く川合玉堂展、これは期待ですね。
 
鏨(たがね)の華 ―光村コレクションの刀剣・刀装具―
根津美術館
11/3-12/17
※刀剣の展覧会、ほんとに多いなぁ。
 
書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意
出光美術館
11/11-12/17
※2017年も良い書の展覧会に逢えるかしら。
 
レアンドロ・エルリッヒ展
11/18-2018/4/1
※今のところ、エルリッヒ展、これが2017年で一番気になる展覧会です。
 
森美術館
国宝 雪松図と花鳥
三井記念美術館
12/9-2018/2/4
※美術館でバードウォッチングだとぉ!?
 
谷川俊太郎展
東京オペラシティアートギャラリー
2018/1/13-3/25
※谷川俊太郎だと!これは!
 
RCRアーキテクツ展
ギャラリー・間
2018/1/17-3/18
※RCRアーキテクツ、いろいろ活動している方々なのね。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるメモ(アート編)0105 -2017年期待の展覧会-

定期的に見たい展覧会を整理していたこの「気になるメモ」ですが、なんと、ほぼ1年更新していませんでした。今年はもう少しリスト整理していかねば、と心がけた新年です。2017年期待の展覧会リストとしてまずはUPします。
 
 
 

続きを読む "気になるメモ(アート編)0105 -2017年期待の展覧会-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6次元、トークショーメモ

ここ数ヶ月で参加した6次元さんのトークイベントメモです。
 
石黒謙吾の編集ゼミ特別編「分類脳で地アタマが良くなるナイト」
牟田都子「校正ナイト〈実践編〉」
石黒 由紀子「豆柴センパイと捨て猫コウハイナイト」
弥生美術館「森本美由紀ナイト」
千葉市美術館 山根佳奈学芸員「ルーシー・リー鑑賞会」
難波里奈「純喫茶ナイト」
「これで詩人になれますか?~文月悠光7周年記念イベント」
NEWS WEBナイト「インターネット時代にニュースを読む」
はちみつマイスター河村千影「利きハチミツナイト」
古野華奈子×服部円×ナカムラクニオ「猫の美術史ナイト!」
 
という具合の参加メモ
 
 
 

続きを読む "6次元、トークショーメモ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲蝶を巡る旅(魚沼)その弐: 穴地十二大明神、長恩寺、龍谷寺

雲蝶の旅、その2です。

先日、新潟の魚沼へ越後のミケランジェロと称される彫刻家、
石川雲蝶の作品を見に行きました。
お誘い頂きましてご一緒だった皆様は早速ブログUPしており
・一村雨さん→つまずく石も縁の端くれ
・Takさん、yukiさんご夫婦→弐代目・青い日記帳
・あおひーさん→あお!ひー
・zaikabouさん→日毎に敵と懶惰に戦う
と言う面々での旅でした。

雲蝶は新潟各所において神社仏閣の欄間彫刻などを彫った
人です。新潟県内では三条や長岡方面にも作品があるよう
ですが今回は日帰りというのもあり魚沼にある5箇所に絞り
見てきました。

雲蝶は新潟各所において神社仏閣の欄間彫刻などを彫った
人です。新潟県内では三条や長岡方面にも作品があるよう
ですが今回は日帰りというのもあり魚沼にある5箇所に絞り
見てきました。

石川雲蝶、美の巨人でも取り上げられた事もあり新潟県では
観光ネタとして押しているようでパンフレットまで発行されて
いました。
Pamph0

このパンフレットはWEBからも見ること出来ます。
新潟県デジタル観光パンフレット
→越後のミケランジェロ 石川雲蝶ガイドブックを参照

にいがた観光ナビと言うWEBでも特集されてます。
特集 越後のミケランジェロ 石川雲蝶

見てきた5箇所のうち穴地十二大明神、長恩寺、龍谷寺
3箇所のエントリをあげます。
残りの2箇所、永林寺と西福寺開山堂の2箇所は先に
挙げたのエントリで。
雲蝶を巡る旅(魚沼)その壱:永林寺、西福寺開山堂
 

続きを読む "雲蝶を巡る旅(魚沼)その弐: 穴地十二大明神、長恩寺、龍谷寺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲蝶を巡る旅(魚沼)その壱:永林寺、西福寺開山堂

先日、新潟の魚沼へ越後のミケランジェロと称される彫刻家、
石川雲蝶の作品を見に行きました。
お誘い頂きましてご一緒だった皆様は早速ブログUPしており
・一村雨さん→つまずく石も縁の端くれ
・Takさん、yukiさんご夫婦→弐代目・青い日記帳
・あおひーさん→あお!ひー
・zaikabouさん→日毎に敵と懶惰に戦う
と言う面々での旅でした。

雲蝶は新潟各所において神社仏閣の欄間彫刻などを彫った
人です。新潟県内では三条や長岡方面にも作品があるよう
ですが今回は日帰りというのもあり魚沼にある5箇所に絞り
見てきました。

石川雲蝶、美の巨人でも取り上げられた事もあり新潟県では
観光ネタとして押しているようでパンフレットまで発行されて
いました。
Pamph0

このパンフレットはWEBからも見ること出来ます。
新潟県デジタル観光パンフレット
→越後のミケランジェロ 石川雲蝶ガイドブックを参照

にいがた観光ナビと言うWEBでも特集されてます。
特集 越後のミケランジェロ 石川雲蝶

見てきた5箇所のうち、まずは永林寺と西福寺開山堂の2箇所
のエントリをあげます。
残る穴地十二大明神、長恩寺、龍谷寺は次回エントリで。
雲蝶を巡る旅(魚沼)その弐: 穴地十二大明神、長恩寺、龍谷寺

 

続きを読む "雲蝶を巡る旅(魚沼)その壱:永林寺、西福寺開山堂"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

名物刀剣 宝物の日本刀

ヨコハマトリエンナーレもシュヴァンクマイエル展の感想もUPして
いないのですが先にこれをUPしてしまいます。

根津美術館の「名物刀剣」展。
いやいや、これまた凄い展示でしたよ。
刀剣の世界ははまったら抜ける事が出来なくなると言われます
がなんか理由がわかります。
吸い付くように、狂わすような輝きがありますから・・・。
 

続きを読む "名物刀剣 宝物の日本刀"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

運慶 -中世密教と鎌倉幕府-

iPhoneアプリの「ききみみずきん」購入しました。
鳥の鳴き声からどんな鳥かを検索するアプリです。
鳥は鳴いていないのでうちのマックに入っている歌を
聞かせてみました。
椎名林檎、幸福論→キジバト
矢野顕子、ひとつだけ→アオバズク
相対性理論、LOVEずっきゅん→ヒバリ
小田和正、言葉にできない→アカハラ
山口百恵、さよならの向こう側→キジバト
原田知世、ノスタルジア→コジュケイ
桑田圭祐、いつか何処かで→アオバズク
忌野清志郎、デイドリームビリーバー→コガモ
宇多田ヒカル、トラベリング→ホトトギス
スピッツ、ホタル→コジュケイ
クラムボン、便箋歌→ハシボソガラス
いきものがかり、SAKURA→アオバズク
ユニコーン、すばらしい日々→キジバト
UA、水色→ヒバリ
サザン、メロディ→コジュケイ
RCサクセション、スローバラード→マガモ
ミスチル、HERO→キジバト
Flipper’s Guiter、恋とマシンガン→アオバズク
FISHMANS、100ミリちょっとの→シュレーゲルアオガエル
EGO-WRAPPIN'、サイコアナルシス→ハシブトガラス
アンサリー、星影の小径→キジバト 

さて、金沢文庫に行って来ました、運慶展です!
 

続きを読む "運慶 -中世密教と鎌倉幕府-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年のアート/建築/デザイン展10本

今年は(も?)色々ありました。何がって?言えない位に
色々ですよ。良かった事はさらに、悪かった事は心機一転
来年に繋げて行きます。

現在(12月29日段階)、今年に見に行ったアート/建築展や
デザイン展などの展覧会及びイベント物等は117件。
その中から印象に残った10本を選んでみます。

ちなみに、去年までの10本エントリは以下に
2009年の10本
2008年の10本
2007年の10本
2006年の10本
2005年の10本
2004年の雑記
2002年のTOP10

さて、今年の締めくくりに!
 

続きを読む "2010年のアート/建築/デザイン展10本"

| | コメント (0) | トラックバック (10)

より以前の記事一覧