映画・テレビ

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」

美術やファッションファンの中で話題だった映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」。イベントや展覧会を作り上げていく苦悩などの共感もあったのでしょうか。私は少し斜に構えながら観ていましたが、結局は、これは面白いや、と。都内ではもうやっている館は減ってしまいましたが、今更ながらですがブログに残しておきたい映画としてメモ。
 
 
メットガラ ドレスをまとった美術館
 
 
「メットガラ」はニューヨーク、メトロポリタン美術館のファッション部門が資金集めの為に開催するイベントです。映画『プラダを着た悪魔』のモデルにもなったアナ・ウィンター主催で、数々のセレブたちが参加するファッション・イベント。そのイベントとこの年に開催される展覧会を作り上げていく裏側を見せる映画です。
 
 
ここ数年、美術家や美術館の裏側に注目した映画が多い気がします。宣伝等が変わって目にする機会が増えただけかもしれませんが。ドキュメンタリーだったり創作ものだったりと形は様々ですが、美術館系の映画はドキュメンタリー系が多いですかね。ただ、ドキュメンタリー映画は美術に興味ある人ならまだしも、そうでない人には結構退屈なものが多いのも事実。見る人が限られてしまうのですよね。
 
ところが、このメットガラ、ドキュメンタリー映画なのに本当に飽きない。きっと美術好きでなくても楽しめるものです。美術館と言っても、扱っているものがファッションなので、興味ある人も多いだろうし、見た目も華やかなのも一つ理由でしょう。俳優などのセレブなどが出てくるのもありますね。
 
 
正直、見ていて突っ込みどころも多い映画です。メインの二人に対しては「ちょっと君達、君達ばかりが苦労しているわけじゃないんだよ?」と言いたくなるようなそんな行動もある。そもそもメトロポリタン美術館と言う看板があってこそのものなのに、自分たちの都合を優先するところなどは、ちょっとなんだかなと思ったりもする。中国に関しての展覧会を自分達目線でしか語っていないようなところも見受けられる。
 
もちろん美術館側だって、メットガラやアナ・ウィンターを利用もしているだろうし、実際に高額な席料のイベントが埋まり、実際にそれが資金を集めており、注目されると言う現実があるのだ。結局はこれが美術館の運営の現実なのである。メトロポリタンの中でも低い扱いをされることがある服飾部門。ただ、だからこそ美術館単体では本来出来ないようなことが出来ることもあるし、だからこそ、この様な話題になることも出来るのである。
 
Intro_pt_rgt
 
なんだかんだ文句を言いながらも自分達の思う方向に、軌道修正をしつつ進めていく。まぁ、仕事と言うものはこう言うものだ、と普通に思いつつ、途中でスリリングなことを経由して、それを乗り越えつつ、そして最後の目を見張るばかりの賑やかなパーティー。溢れるばかりのセレブや超一流のブランドやデザイナーたち。デザイナーの服を着るセレブたちの目を楽しませる姿の連続は見事としか言えません。そこに流れるRolling Stonesのアンダーカバーオブザナイト!
 
ファッション界の生きる伝説のようなオジサマ達がやたらとカッコいいんだよね。ジャン=ポール・ゴルチエ、カール・ラガーフェルド、ジョン・ガリアーノとなんでこんなにカッコいいのか。リアーナ、ビヨンセ、ジャスティン・ビーバー、カニエ・ウェストなど音楽ファンも楽しめます。映画ファンとしては演出についてバズ・ラーマンが語っているところ、アン・ハサウェイやジョージ・クルーニーの姿。あと、ウォン・カーウァイ、いい仕事するね。
 
まぁ、これは楽しいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「エゴン・シーレ 死と乙女」

映画「エゴン・シーレ 死と乙女」の試写会に参加してきました。

 
 
 

続きを読む "映画「エゴン・シーレ 死と乙女」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クエイ兄弟――ファントム・ミュージアム

なんと、チェコアニメの、あのダークな世界を広げるクエイ兄弟の展覧会が葉山でやってるいると言うことで、暑い夏に行ってきました。「クエイ兄弟――ファントム・ミュージアム
」神奈川県立近代美術館 葉山。
 
 
 

続きを読む "クエイ兄弟――ファントム・ミュージアム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

園子温 展 ひそひそ星/「はじめて」の記憶から始まるこどもの世界

ワタリウム美術館で園子温 展 ひそひそ星を見てきました。帰り道に近くにあるCIBONEで「はじめて」の記憶から始まるこどもの世界も見ました。
 
園子温 展 ひそひそ星
ワタリウム美術館
 
「はじめて」の記憶から始まるこどもの世界
CIBONE
 
 

続きを読む "園子温 展 ひそひそ星/「はじめて」の記憶から始まるこどもの世界"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「DAVID BOWIE IS」とPaul SmithでのDAVID BOWIE追悼展示

DAVID BOWIEの映画「デヴィッド・ボウイ・イズ」、そしてPaul SmithでやっているDAVID BOWIEの追悼展示「Paul Smith + Masayoshi Sukita for David Bowie 2016」について。
 
 
 

続きを読む "映画「DAVID BOWIE IS」とPaul SmithでのDAVID BOWIE追悼展示"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機動戦士ガンダム展 /メカニックデザイナー 大河原邦男展

最近のオトナホイホイ的なこの展覧会は何?という感じの
ガンダムだの大河原さんの展覧会など。
ミュージアムショップ散財間違いなしな……。
 
機動戦士ガンダム展
森アーツセンターギャラリー
 
メカニックデザイナー 大河原邦男展
上野の森美術館
 
とガンダム関連まとめて。
 
 
 

続きを読む "機動戦士ガンダム展 /メカニックデザイナー 大河原邦男展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展

ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展に行ってきました。
いやー、楽しかったなぁ、面白かったなぁ……。
 
 

続きを読む "ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「メカニックデザイナー 大河原邦男展」開催(今年はガンダム年か……?)

「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
上野の森美術館
8/8-9/27
 
この前、森アーツにガンダム展に行ったのですが、そこに……
このポスターの原画は「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
に出展されます」みたいなキャプションがあったのですよ。
 

01

 

もうね、これは見に行くでしょうよ、行くべきでしょうよ。
 
そう、ガンダムのメカニックデザインを手がけた大河原邦男
さんの展覧会をやる、って本当に今年はガンダム関連にどの
位つぎ込めば良いのだろうかね?この前ガンプラ買ったし。
今回の展覧会でも限定ガンプラあるみたいだし。
 
ただ、こちらは名前からして「大河原邦男展」という事で、
ガンダム以外のものも出てくる。
私としては、大河原邦男さんと言うとボトムズですよ!
 
ガンダムも好きですし、他にもダグラムも良かった。
タイムボカーンやガッチャマンのメカも素敵です。
でも、あくまでもロボットや飛行機、乗り物といったもの
とは違う「兵器」のリアルさがボトムズにはあったのですね。
ボトムズです。
 

02

 

行かねば!
以下、展覧会情報です。
 
 
■□■ メカニックデザイナー 大河原邦男展 ■□■
会  期 2015年8月8日(土)~9月27日(日) ※休館日なし
会  場 上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンプルなかたち/スター・ウォーズ展/内海聖史「moonwalk」 他、六本木ヒルズ関連

六本木ヒルズ関連の展覧会まとめて。
 
シンプルなかたち展:美はどこからくるのか
ふたつのアジア地図―― 小沢剛+下道基行」
ビル・ヴィオラ初期映像短編集
スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。
内海聖史「moonwalk」
 
 
 

続きを読む "シンプルなかたち/スター・ウォーズ展/内海聖史「moonwalk」 他、六本木ヒルズ関連"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』感想:B面

中村佑子監督の『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』と
言う映画の完成披露試写会に参加してきました。
この映画を見て私の内藤礼さんの作品対する個人的な感想
を中心に(映画と関係なく)書きます。A面の続き。
 
 

続きを読む "『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』感想:B面"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧