« アナザーエナジー展/さまざまな線、宇宙のぜんぶ/オスカー・ムリーリョ/松浦浩之「Follow Your Own Star!」/村上隆「お花の親子」 | トップページ | イサム・ノグチ 発見の道 »

山種美術館所蔵 浮世絵・江戸絵画名品選―写楽・北斎から琳派まで―

【開館55周年記念特別展】山種美術館所蔵 浮世絵・江戸絵画名品選―写楽・北斎から琳派まで―
https://www.yamatane-museum.jp/
山種美術館
2021/7/3-8/29(前期7/3-8/1、後期8/3-8/29)
 
Img_6927_20210712154301
 
先日、開館55周年を迎えた山種美術館、おめでとうございます。記念日の7月7日には来れませんでしたが、こちらの展覧会の内覧会に参加してきました。
 
今回は浮世絵と琳派などを中心にした江戸絵画の展覧会。質の高い浮世絵作品、琳派の名品、狩野派、文人画、奇想系、円山・四条派などを見ることが出来ました。
 
Img_6781_20210712154301
葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》[前期展示]

Img_6784_20210712154301
葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》[前期展示]一部
 
※掲載の写真は内覧会にて許可を得て撮影しています。今回の作品は全て山種美術館所蔵です。
 
展覧会冒頭にあった(※前期展示のみ)のはメインビジュアルにもなっている通称 赤富士、北斎の《冨嶽三十六景 凱風快晴》。ベロ藍の青さの美しさ。下の方の樹々の描き込みも近くで堪能してほしい。
 
Img_6829
琳派コーナー
 
Img_6893
鈴木其一《四季花鳥図》一部
  
そして、展示の順番とは違うのですが……個人的に好きな琳派の作品をまずは紹介。本当に琳派の良い作品持ってますよね。
 
伝 俵屋宗達《槙楓図》、酒井抱一《秋草鶉図》、鈴木其一《四季花鳥図》と名作な3つの屏風が並びます。しかし、其一、派手です。抱一の弟子を務めながら、光琳への憧れを強くしていたのでは無いでしょうか?
 
Img_6899
酒井抱一《飛雪白鷺図》一部
 
Img_6916
俵屋宗達 絵・本阿弥光悦 書《四季草花下絵和歌短冊帖》[頁替]一部
 
掛け軸も雪の舞う具合が美しい抱一の繊細さが出ている《飛雪白鷺図》。《四季草花下絵和歌短冊帖》はデザインとしても素晴らしい。この簡略化されたセンスの良さ。でも、よく見ると細かな処理もされています。銀の変色で黒くなっているのも狙いでは無いかと思ってしまいます。
 
Img_6816
俵屋宗達 絵・本阿弥光悦 書《鹿下絵新古今集和歌巻断簡》一部
 
Img_6919
俵屋宗達 絵・本阿弥光悦 書《鹿下絵新古今集和歌巻断簡》一文字部分
 
そして名作《鹿下絵新古今集和歌巻断簡》。江戸時代にこの単純化を生み出した宗達は凄いです。今回、絵の上の部分(一文字と呼ばれる所)に鳥が飛ぶ絵が描かれているのに気づきました。これは宗達が描いたのか、額装屋さんのお仕事か、後の時代の処理なのか。
 
Img_6786
浮世絵コーナー
   
この展覧会、浮世絵好きも必見です。鈴木春信、喜多川歌麿、東洲斎写楽、歌川広重などが並んでいます。
 
Img_6859_20210712154301
鈴木春信 《梅の枝折り》[前期展示]
  
Img_6886
喜多川歌麿《青楼七小町 鶴屋内 篠原》[前期展示]
 
晴信の《梅の枝折り》は面白い。こんな構成の浮世絵あまり見ないですよね。歌麿や写楽の大首絵も近くで見てほしい。役者や美人が描かれたグラビアな役割ですかね。版画と言う複製技術により庶民も手に入れることができるようになった浮世絵。美人やイケメンが人気というのは今も変わらず。
 
Img_6857
歌川広重《東海道五拾三次》[前期・後期入替]
 

Img_6870
歌川広重《東海道五拾三次之内 蒲原・夜之雪》[前期展示]
 
人物グラビアから変わって、名所風景浮世絵の名作、広重の《東海道五拾三次》を前期後期に分けて全作公開です。保永堂版《東海道五拾三次》は最初期の摺りの特徴を持っていて、全作品一組の画帖仕立てになっていた跡もあるという貴重なものだとのこと。
 
Img_6830
江戸絵画コーナー
 
先ほどの琳派に続けて江戸絵画のコーナーには狩野派、池大雅などの文人画、円山・四条派、伊藤若冲や岩佐又兵衛などがありました。
 
Img_6897
狩野永岳《雉子と時鳥図》一部
 
Img_6803
岩佐又兵衛《官女観菊図》一部
 
狩野永岳の二枚組の絵、それぞれに雉子と時鳥が描かれていますが、ホトトギスの描かれている側の余白の使い方がうまい!狩野派らしくないと言えばそうですが、江戸の後期にもなると狩野派の幅も広くなるのですね。岩佐又兵衛の絵もモノクロなのに、やたらと色っぽいです。
 
Img_6843
作者不詳《竹垣紅白梅椿図》
 
Img_6856_20210712154301
円山・四条派コーナー
 
《竹垣紅白梅椿図》は作者不詳ですが、その描き込みに圧倒されます。竹垣の中にいる小禽たちもかわいい。最後の小部屋には円山・四条派。伝 長沢芦雪などもあります。
 
 
Img_6926_20210712154301
 
もちろんいつもの展覧会作品に合わせたお菓子もオススメ。と言うか、これを目当てに来ている人も居るのですよね。
 
山種美術館、この夏は、学生入館料500円(通常1,000円)、前期展を観れば後期展が800円(通常1,300円)になるリピーター割引、他にもオンライン講演会やYouTube動画などお得がいっぱいある様です。渋谷からバスを使えば暑い夏でも歩かなくて済むし、遠出できない都民は涼みに出かけるのにちょうど良さそうです。
 

|

« アナザーエナジー展/さまざまな線、宇宙のぜんぶ/オスカー・ムリーリョ/松浦浩之「Follow Your Own Star!」/村上隆「お花の親子」 | トップページ | イサム・ノグチ 発見の道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アナザーエナジー展/さまざまな線、宇宙のぜんぶ/オスカー・ムリーリョ/松浦浩之「Follow Your Own Star!」/村上隆「お花の親子」 | トップページ | イサム・ノグチ 発見の道 »