« 北斎づくし | トップページ | 書でみる日本の歴史と文化 »

戸田沙也加『海を越えて、あるいは夜の向こうに』

戸田沙也加『海を越えて、あるいは夜の向こうに』
https://www.kanakawanishi.com/exhibition-ph019-sayaka-toda
KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY
2021/7/10-8/21
 
Img_8258
 
画家である戸田沙也加さんの写真作品の展示です。今まで戸田さんの絵画は何度か見てきましたが、ギャラリーで写真を見るのは初めて。
  
夜中の景色、夜の闇の中、ライトが当たっている所だけ人や花の像が浮かび上がります。作品の手前側だけが明るく、そこに浮かび上がっている像がライトの影響で平たく見えているかと思えば、背景の暗闇にやたらと奥行き感がある。そして一見平たく見える光の中に影があり、枯れた花の中にみずみずしい水滴がある。
 
手前と奥、光と闇、平たさと深さ、そんな対比が同居する写真を見ていると、とても奇妙な感覚、そんな写真たちです。この影と光の立体感はまるでモノクロ写真の様で、それなのにカラーである、なぜか目が離せないそんな写真たちを眺めていました。
 
 
 

 

|

« 北斎づくし | トップページ | 書でみる日本の歴史と文化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北斎づくし | トップページ | 書でみる日本の歴史と文化 »