« 複製芸術家 小村雪岱 ~装幀と挿絵に見る二つの精華~ | トップページ | 千葉正也個展/難波田龍起 初期の抽象/小瀬真由子 »

小村雪岱スタイル

小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
http://www.mitsui-museum.jp/index.html
三井記念美術館
2021/2/6-4/18
 
Img_0621
 
小村雪岱を軸にして、「江戸の粋」「東京モダン」などをキーワードとする展覧会です。浮世絵、工芸、技巧系の現代アートまである楽しめる展示でした。
 
小村雪岱は本の装幀や挿絵などで有名な作家です。丁度、日比谷図書文化館の展示で雪岱展をやっていて、そちらは写真OKということもあり、細かくはこちらをどうぞ。
 
複製芸術家 小村雪岱 ~装幀と挿絵に見る二つの精華~
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2021/02/post-b7dfcf.html
 
ほんとうに雪岱の構図などのセンスは素晴らしい。商業デザインですよね、意匠の天才と呼ばれるのもわかります。日比谷にない展示としては舞台美術もやっていたのは初めて知りました。
 
Img_0620
 
雪岱の生きていた時代、江戸~明治期の美意識の土壌となるべきものとして鈴木春信の浮世絵や粋で洗練された工芸品の展示がありました。柴田是真の蒔絵、並河靖之や濤川宗助の七宝など。池田泰真の蒔絵が個人的に好きですね。
 
そして、現代の技巧系工芸作家の作品の展示も面白かったです。雪岱のイメージにつながるような作品が展示されています。彦十蒔絵の蒔絵・螺鈿、彦十蒔絵・小黒アリサの金物にしか見えない木彫の鋏(アートフェア東京で同じもの?を見ました)、松本涼の繊細な木彫り、臼井良平のガラス作品など。

 


 
 
 



|

« 複製芸術家 小村雪岱 ~装幀と挿絵に見る二つの精華~ | トップページ | 千葉正也個展/難波田龍起 初期の抽象/小瀬真由子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 複製芸術家 小村雪岱 ~装幀と挿絵に見る二つの精華~ | トップページ | 千葉正也個展/難波田龍起 初期の抽象/小瀬真由子 »