« 名和晃平「Oracle」/GYRE FOOD | トップページ | M meets M 村野藤吾展 槇 文彦展 »

宮島達男 クロニクル 1995−2020/千葉市美術館コレクション名品選2020

宮島達男 クロニクル 1995−2020
https://www.ccma-net.jp/exhibitions/special/tatsuo-miyajima/
千葉市美術館
2020/9/19-12/13
 
Img_e4679
 
デジタルカウンターを使った作品で有名な現代アーティスト、宮島達男の個展が開催されると言うことで楽しみにしていました。前の大きな展覧会は水戸芸でしたよね。
 
Img_e4657
 
美術館に上がる前に1階、さや堂ホールですでに作品を見る事が出来ます。ここは無料公開ってことなのかな?
 
Img_e4665
Img_e4662
 
床面にプロジェクションされているのが赤青黄の色の中を泳ぐ数字たち。もちろんカウントされています。色の上に立つと数字に自分の影が重なりますね。
   
Img_e4678
 
美術館に行くエレベーターも宮島さん仕様。会場では初めの方は映像作品が多いです。水に顔を付けるというやつや顔や身体の一部にデジタルの数字をペイントするもの。
 
Img_e4699
Img_e4687  
 
ガラス面に浮かび上がる数字。ベースの曇りガラス面の中に透明-曇り面を電極でコントロールする素材で数字を表現しています。直島の家プロジェクトにありましたね。自分が死ぬ日を決めてパソコンに入力することでそれまでのカウントダウンが始まる作品なども。千葉市美のコレクション作品とのコラボでミラーシートに数字が抜かれた隙間から川原温や李禹煥や杉本博司の作品を覗き見るような展示も良いです。
 
Img_4703
Img_4706
 
後半、下の階にある大きな展示室には様々なタイプの宮島さんの作品が。透過するミラーを使った作品は最近の定番でもありますね。
 
Img_4757
Img_4759_20201228170701
 
宮島さんの作品には0が無いのですよね。仏教感から無をなくしたというような話を前に聞いた記憶があります。生まれ変わりによって9の次は1となる。
 
Img_4755_20201228170701
Img_e4743
 
写真は撮れませんでしたが最後の方にあったのが「飛天」をイメージした最新作「HITEN-no.11」。淡い色合いが特徴です。そして最後のにある「地の天」はっ暗い部屋の中に闇の池の中に青い数字が浮かぶような世界。
  
Img_4726
Img_4728
 
なんなら宮島さんの名作「メガデス」も見たかったなぁと思ってしまいましたが、いやいや、これだけまとめて見ることができるのは贅沢なことです。
  
 
 
千葉市美術館コレクション名品選2020
描かれた千葉市と房総の海辺/円山応挙とその周辺/なつかしい景色/特集 榎倉康二・宮島達男
https://www.ccma-net.jp/exhibitions/permanent/collection-2020-11/
千葉市美術館
2020/11/3-12/6
 
Img_e4764
 
コレクション展示、応挙の良い作品持っているのですねー。
  
Img_4772
Img_4770
 
小林清親や川瀬巴水などの作品もあり、企画展に絡んで宮島達男作品もありました。 

|

« 名和晃平「Oracle」/GYRE FOOD | トップページ | M meets M 村野藤吾展 槇 文彦展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名和晃平「Oracle」/GYRE FOOD | トップページ | M meets M 村野藤吾展 槇 文彦展 »