« 生命の庭ー8人の現代作家が見つけた小宇宙 | トップページ | MOTアニュアル2020 透明な力たち/MOTコレクション 第2期 コレクションを巻き戻す »

「木の記憶」展( 二宮 日用美|にちようび 移転オープン)

「木の記憶」展
http://www.nichiyobi.net/
日用美|にちようび
2020/11/19-21、11/26-28
 
Img_e6030
 
 鎌倉で営業していた作家ものを扱うお店「日用美(にちようび)」がこの秋に二宮へ移転オープンとなりました。ようやく行ってきました。と言ってももう1ヶ月も前の話ですが、今更。
  
Img_e6031
 
二宮にある作家もののインテリア雑貨を扱うお店「日用美」。以前、鎌倉で営業していたお店が二宮駅から徒歩5-6分のところへ移転。古い家を改装してお店にしています。窓も古い家のそのまま、その空間にクラフト雑貨や食器、服、アクセサリーなどが置かれているのが雰囲気良い。
  
Img_e6028  
 
今回は木の記憶、3人の木工作家さんたちの作品が並んでいます。そして、その木と言うとこにポイントが。
 
今回の展覧会の案内に書いてある文章から
 
Img_e6036
 
この場所に住むことを決めた時、
どうしても伐採しなければいけなかった木々がありました。
3人の木工作家がその木々たちを持ち帰り、日々の生活に寄り添うモノとして、新たな命を吹き込んでくださいました。育ってきた場所の記憶が刻み込まれている木の作品たち。
 
Img_e6029
 
とのことで、この地に家をリフォーム・建てる時に伐採した木を使った作品が並ぶと言うことです(全部の作品がその木を使った物というわけではない様です)。作家さん3人が作った木の年輪を感じさせる食器、照明カバー、スプーンなどが並んでいました。
  
Img_e6032
 
中矢嘉貴(ランプシェード、ペン他)
河内伯秋(うつわ 他)
Miyazono spoon(スプーン)
 
Img_e6027
 
正直、二宮、少し遠いな、と思ってなかなかいくことができていなかっのですが、行ってみたらあの空気感、海の近く、ゆっくり流れる時間などとても良い場所だと改めて思うところ。海近く育ちの私としては、魚が美味しいということもいいですよね。この場所にお店を構えたのも、なるほどと。
  

|

« 生命の庭ー8人の現代作家が見つけた小宇宙 | トップページ | MOTアニュアル2020 透明な力たち/MOTコレクション 第2期 コレクションを巻き戻す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生命の庭ー8人の現代作家が見つけた小宇宙 | トップページ | MOTアニュアル2020 透明な力たち/MOTコレクション 第2期 コレクションを巻き戻す »