« 古賀絵里子・鈴木理策写真展「高野山・熊野」/音楽を奏でる写真たち 木之下 晃「世界の音楽家」/TOKYO MIDTOWN AWARD 2020 | トップページ | 名和晃平「Oracle」/GYRE FOOD »

日本美術の裏の裏

リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 日本美術の裏の裏
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2020_2/index.html
サントリー美術館
2020/9/30-11/29
 
Img_e4404
 
サントリー美術館リニューアルオープン記念の第二弾は日本美術のコレクションに注目した展覧会。第一弾の展示も良かったですが、今回も見応えありました。しかし、本当に良いものお持ちですよね、コレクション品を中心にこれだけの展覧会を開催できるのだから。そこに加えて、企画力、見せる工夫なども良いのですから、良い美術館です。
 
Img_4413
Img_e4437
Img_4451
 
襖の向こうは屏風絵の世界「空間をつくる」。今回の展覧会、生活の中の美、と言うテーマがあるので、その生活を見せるような演出なのでしょうか。洛中洛外図屏風の前には床に絵と比較できるマップがありました。
 
Img_4462
Img_4468
 
「小をめでる」のコーナーはもう、これ、萌えの世界。誰がこんなミニチュア作ろうとして、実際に作って愛おしんだのか。もう誰がみても悶えそうな可愛さ。
 
Img_4477
Img_4479_20201228165801
Img_4481
 
「心でえがく」、いやこの絵は心でみないと理解できないでしょう。かるかやのヘタウマ世界。蕾が落ちたら家出をする夫を持った妻の立場も考えて欲しい。
 
Img_4500
Img_4513
 
足跡マークに鳥の足跡。きっと鶴のあのお方の足跡ではないかと。吹き抜けもいい感じです。
 
Img_4521_20201228165801
Img_4526
Img_4528
 
「景色をさがす」、名碗などにもう目もうつろ。この館のトレードマーク、仁清の鶴の香合もここにいました。
  
Img_e4540
 
「和歌でわかる」、いきなり駄洒落ですか。しかし、立体の漢字の影がひらがなになっているのはとても素晴らしい。
 
Img_4548
Img_4553
 
道八の桜楓の器、本当に美しい。良い器です。京焼の先輩、乾山や仁清を取り入れながら洗練させた様な色絵の妙!そしてその乾山の器も引けを取らないです。
  
Img_4556
Img_4563
 
土佐派も負けてはいませんが、和歌といえば宗達+光悦コンビにかなうものはいないでしょう(個人的見解です)。光悦のギリギリを責めていく様な書は本当にこの人は天才なんだな、と思わせます。
 
Img_4587_20201228165801
 
最後に「風景にはいる」。箱根や小田原などの浮世絵など。サントリー美術館、リニューアルオープンの三部作展覧会、もうどれも素晴らしい。
 

|

« 古賀絵里子・鈴木理策写真展「高野山・熊野」/音楽を奏でる写真たち 木之下 晃「世界の音楽家」/TOKYO MIDTOWN AWARD 2020 | トップページ | 名和晃平「Oracle」/GYRE FOOD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古賀絵里子・鈴木理策写真展「高野山・熊野」/音楽を奏でる写真たち 木之下 晃「世界の音楽家」/TOKYO MIDTOWN AWARD 2020 | トップページ | 名和晃平「Oracle」/GYRE FOOD »