« 銀座線新パブリックアート:中西信洋「Stripe Drawing - Flow of time」 、吉岡徳仁「光の結晶」、他/「METRO ART PASSAGE」展 | トップページ | 日本美術の裏の裏 »

古賀絵里子・鈴木理策写真展「高野山・熊野」/音楽を奏でる写真たち 木之下 晃「世界の音楽家」/TOKYO MIDTOWN AWARD 2020

古賀絵里子・鈴木理策写真展「高野山・熊野」
http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s12/201106012.html
2020/11/6-11/12
フジフイルム スクエア 富士フイルムフォトサロン 東京
 
Img_4620
Img_4621
 
古賀さんの撮る高野山は神秘さの中にも生活があることを伝えてくれる。山間の集落に住む人たちの生活がそこに見えてくる。
 
Img_4626
Img_4627
 
鈴木さんの撮る熊野は自然中に信仰があるのを思い出させてくれる。水の流れ、緑の木々、そしてそこにある光。人が何を見てきたのが。
 
Img_e4632
 
最後に観光協会のブースでアンケートに答えると作品が載っているミニ冊子を貰えます!そして行った日に、なんと鈴木理策さんが会場にいらっしゃる事を教えて頂き、その冊子にサインを頂きました。恵比寿写真美術館の展覧会の時に見た熊野の写真がまだ記憶に残っている話をさせて頂きました。
 
 
 
音楽を奏でる写真たち 木之下 晃「世界の音楽家」
http://fujifilmsquare.jp/detail/20100104.html
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館
2020/10/1-12/28
 
Img_4630
 
音楽家の巨匠たちを撮影した写真。指揮者、演奏家、その一瞬を切り取った写真は、まさに音楽が聞こえるような写真でした。
 
 
 
TOKYO MIDTOWN AWARD 2020
https://www.tokyo-midtown.com/jp/award/
プラザB1 メトロアベニュー
2020/10/16-11/8 
 
Img_e4604
Img_e4607
 
アート部門とデザイン部門、今回はどちらも個人的にこれ!というものは無かったかも。デザイン部門で「閉めない箱」はちょっとおもしろかったな。
 
Img_e4397
 
アート部門ではそこそこ面白いな、という作品が並んでいるが、これ!という決め手まではいかない感じで。写真の髪の毛の作品はインパクトがあったけど。 
 

|

« 銀座線新パブリックアート:中西信洋「Stripe Drawing - Flow of time」 、吉岡徳仁「光の結晶」、他/「METRO ART PASSAGE」展 | トップページ | 日本美術の裏の裏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀座線新パブリックアート:中西信洋「Stripe Drawing - Flow of time」 、吉岡徳仁「光の結晶」、他/「METRO ART PASSAGE」展 | トップページ | 日本美術の裏の裏 »