« 日本美術の裏の裏 | トップページ | 宮島達男 クロニクル 1995−2020/千葉市美術館コレクション名品選2020 »

名和晃平「Oracle」/GYRE FOOD

名和晃平「Oracle」
https://gyre-omotesando.com/artandgallery/kohei-nawa-oracle/
GYRE GALLERY
2020/10/23-2021/1/31
 
Img_e5196
 
GYREの吹き抜けにある名和さんの作品を見ながらギャラリーへ。明治神宮に名和さんの鳳凰を展示していたのには間に合わず(会期前半の期間限定の展示でした)。
 
Img_e5150
Img_e5151
 
その鳳凰と同じシリーズ。春日の神鹿の厨子をモチーフにしています。木彫り漆泊仕上げだとか。
 
Img_e5345
Img_e5348_20210105163301
 
名和さんと言えば、代名詞ともなりつつあるPixCellシリーズ。透明の球がキラキラしています。はく製のこれ、鹿だと思っていたらこれ牛の仲間なんですね。
 
Img_e5183
Img_e5170
 
入り口近くにもPixCellシリーズのカラス。これhが中身ははく製ではないとか?Rhythmシリーズは菌の様な形の球が今の時期にはあれに見えてしまいそう。
 
Img_e5163
Img_e5192
 
白い面に青いグネグネ動くもの。射出されたレーザーが白い面の顔料に反応しているのだとか。
 
Img_e5342
Img_e5341
 
グルーガンで描かれたものや、ノズルで噴出した絵だとか、手法に対するアイデアは面白い。一定以上の作品の質をもう少し求めてくれないかな、と。多くの作品を生み出すためか、少しアイデアそのまま出しました的な感じもいくつかしました。

 
 
 
GYRE FOOD
https://gyre-omotesando.com/food/ 
  
Img_e5198
 
建築家・田根剛が手掛けたGYREの中の飲食エリア、GYRE FOOD。土や緑が建物の中に。その中での飲食。
 
Img_e5202
Img_e5200
 
段々になっているスペースが目を引きます。この段に自由に座ったりしてそこで飲食をしても良い空間に。機能とデザインをうまく合わせたようなものですね。
 
 
 
Img_e5212
 
原宿駅の旧駅舎もおわかれなんですかね。
 

|

« 日本美術の裏の裏 | トップページ | 宮島達男 クロニクル 1995−2020/千葉市美術館コレクション名品選2020 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本美術の裏の裏 | トップページ | 宮島達男 クロニクル 1995−2020/千葉市美術館コレクション名品選2020 »