« 内藤礼/ヴォルフガング・ティルマンス「How does it feel?」/Nerhol「lake, bridge, days, tree」/福永大介「はたらきびと」/宮島達男《カウンター・ヴォイド》 | トップページ | 装飾をひもとく~日本橋の建築・再発見~ »

舟越 桂 私の中にある泉

舟越 桂 私の中にある泉
https://shoto-museum.jp/exhibitions/191funakoshi/
松涛美術館
2020/12/5-2021/1/31
 
Img_e7731
 
久々に舟越 桂の作品をまとめて見た気がします。木の彫刻で特徴的な人物像をつくりあげる船越さんの作品はグループ展などでは良く見るのですが。庭園美術館の個展は2008年でしたね。
 
Img_e7726
 
今回の展覧会では舟越さんの作品を時代を追って紹介しています。初期の70年代の作品、比較的リアルな人物像を彫っていた80年代。ただ、どれを見ても舟越さんの作品だというのが一目でわかるのが凄い。普通の人を彫っても、スフィンクスなどを彫っても、どれも舟越さんの作品としての共通感があるのがすごいですね。
 
Img_e7725
 
2階にいくと、すこしづつ人としての形がなくなっていきます。形が変わったり、手が変なところに着いていたりと、何かの表現がより不思議な世界をつくりあげていきます。そして、とにかく人でも人外でも人の顔が魅力的。あと、女性の顔がイイのですよね、好みです。そして、舟越さんが家族のために作ったものがまた魅力的。木で作ったおもちゃ、ハンガーなどの日用品、クリスマスのカードなど、そういうものの一つ一つに子供たちや他の家族たちへの愛情が感じられます。

|

« 内藤礼/ヴォルフガング・ティルマンス「How does it feel?」/Nerhol「lake, bridge, days, tree」/福永大介「はたらきびと」/宮島達男《カウンター・ヴォイド》 | トップページ | 装飾をひもとく~日本橋の建築・再発見~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内藤礼/ヴォルフガング・ティルマンス「How does it feel?」/Nerhol「lake, bridge, days, tree」/福永大介「はたらきびと」/宮島達男《カウンター・ヴォイド》 | トップページ | 装飾をひもとく~日本橋の建築・再発見~ »