« 横浜美術館コレクション展「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」/柵瀨茉莉子展|いのちを縫う | トップページ | ミナ ペルホネン「風景の色 景色の風 / feel to see」/AKI INOMATA 個展 Why Not Hand Over a “Shelter” to Hermit Crabs?/地点 田中健太郎 »

トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション

先に横浜美術館コレクション展「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」とNew Artist Picks「柵瀨茉莉子展|いのちを縫う」のエントリを書きましたが、こちらでは同時開催の企画展「トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」について書いています。
 
トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション

https://yokohama.art.museum/special/2020/trialogue/index.html
横浜美術館
2020/11/14-2021/2/28
 
Img_e6166
 
横浜美術館、愛知県美術館、富山県美術館の3館共同企画。この3館のコレクションを集めた展覧会です。これが凄い。20世紀アートの歴史展!と言ってもいい充実した、そしてまとまった展示になっていました。近現代アートの楽しみ方をこの展覧会で発見できそうです。
 
展示タイトルの「トライアローグ」は3者による会談の意味。3つの章立てをし、それぞれを30年区切りとして20世紀の欧米のアートを紐解いています。※以下、展覧会の写真は特別鑑賞会により、撮影の許可をいただいております。
 
 
Img_6317_20201127121201
パブロ・ピカソ作品
 
展覧会の初め1章からして各館所蔵のピカソ作品が並ぶ様子を見ることができます。3館の所蔵品で選定すると初期の青の時代から晩年の作品までを並べることができるのです。流れを追って見ていくとフェルナン・レジェ、ラウル・デュフィなどの良い感じの作品が目に入ってきます。
 
Img_6338
パウル・クレー作品
 
ピカソやクレーの様に「Artist in Focus」と題して、3館が共通して所蔵する作家の作品を並べて見せていくコーナーがあちこちにあります。3館共同だからこそこの様な見せ方ができるもの。クレー作品も見事なものが並んでいました。
 
Img_6341
ハンス(ジャン)・アルプ作品
 
ダダと言う芸術運動を立ち上げたアルプ。デザイナーである妻のトイバーの影響によって生み出されてきた作品などが並びます。
 
3つの美術館がそれぞれ、自分のコレクションを出し惜しみせず出していました。きっと、ウチにはこれがある、それならウチはこれを出そうなどと手札を出し合って最強コンボを作り上げていったのではないでしょうか?
 
 
Img_6295
マックス・エルンスト作品
 
2章は第二次世界大戦を挟む時期。通常では戦前/戦後と分けられるところですが、30年区切りとしたが故に同じ時期分けとなり、それによりアートのメインストリームがパリからニューヨークへ移り変わっていくのを展示で体験できます。
 
Img_6307_20201127121201
ポール・デルヴォー作品
 
デルヴォー作品が3点並ぶこの壮観さ!イイですね。このエリアにあったルネ・マグリットの作品など不思議な世界が展開しています。ジュアン・ミロのシュルレアリスム前の過渡期作品も美しかった。
 
Img_6354
メレット・オッペンハイム作品やマン・レイ作品
 
そしてジョゼフ・コーネルなどを経て、マン・レイやメレット・オッペンハイムなどが並ぶエリアも良いです。オッペンハイムの「りす」は既製品を組み合わせて作品にしたものですが、別美術館で所蔵されている2体の同じ作品が並んでいるのも胸アツです。「どちらがどちらの所蔵品かわからなくなりませんか?」と聞いてみたら「毛並みが違うので大丈夫です」とのこと。一安心です。
 
Img_6362
サム・フランシス作品 
 
ジャクソン・ポロックやアド・ラインハート、ルーチョ・フォンタナなどスター級の作品が並ぶ中、それでも目を引くのがサム・フランシスでした。このエリアは現代アート好きにはたまらないですね。
 
 
Img_6368
アルマン、イヴ・クライン、フランシス・ベーコン作品
 
最後の3章も見ごたえある作品が続きます。手前にアルマンの作品、その奥にあるイヴ・クラインの青い人型はそのアルマンをモデルとしたもの。更にはフランシス・ベーコン作品が2点並んでいます。ただただ凄い!
 
Img_e6411
クリスチャン・ボルタンスキー、ジョージ・シーガル
 
手前にボルタンスキー、奥にシーガル。シーガルの作品、かっこイイですねぇ。また、このエリアにあったヨゼフ・アルバースの作品がまた好きなんですよ。ただの四角を描いた絵なのですが、なんか好き。去年、東京国立近代美術館の窓展にも出ていましたね。
 
Img_6388_20201127121201
リチャード・ハミルトン作品
 
リチャード・ハミルトンが2点並びます。それも同じモチーフで違うタッチのものを並べてみることが出来るのもこの展覧会ならでは。これ、ローリングストーンズ展にも出ていましたね。
 
Img_6389_20201127121201
リチャード・ハミルトン作品キャプション
 
さて、キャプションをよく見ると端に色がついています。3館でそれぞれ所蔵品を色分けしているのですね。横浜は緑、愛知は赤、富山は青です。
 
ここまで個人的に好きな作品をメモしたり、同じ作家が数点並んでいたりする時にどれが一番好きかを選んだりしながら見ていたのですが、私はどうも愛知県美術館の所蔵作品が好きなことが多かったです。所蔵品から見える各館の個性と自分の好きなものが愛知県美術館と合ったのかと思います。
 
Img_6401
アンディ・ウォーホル作品
 
Img_6399
手前:ゲルハルト・リヒター作品、奥:クリスト作品
 
最後のコーナーでは各館のアンディ・ウォーホル作品が並び、ジャスパー・ジョーンズやジム・ダイン、そしてクリストとゲルハルト・リヒターへ。リヒターは最近、オークションで高額落札されたというニュースがありました。富山で展覧会が開催された時に入手したこの絵はその何十分の一の値段だったそうです。価値がまだ定まっていない時から作品を買うことも多い美術館。その中には価値が上がらなかった作家や作品もあると言います。そんな作品ばかり集めた展覧会も見てみたいですね。
 
 
同時開催の横浜美術館コレクション展「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」New Artist Picks「柵瀨茉莉子展|いのちを縫う」は別のエントリにまとめてあります。
 
横浜美術館コレクション展「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」/柵瀨茉莉子展|いのちを縫う
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/11/post-b01278.html
 
こちらも併せて。
 

|

« 横浜美術館コレクション展「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」/柵瀨茉莉子展|いのちを縫う | トップページ | ミナ ペルホネン「風景の色 景色の風 / feel to see」/AKI INOMATA 個展 Why Not Hand Over a “Shelter” to Hermit Crabs?/地点 田中健太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜美術館コレクション展「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」/柵瀨茉莉子展|いのちを縫う | トップページ | ミナ ペルホネン「風景の色 景色の風 / feel to see」/AKI INOMATA 個展 Why Not Hand Over a “Shelter” to Hermit Crabs?/地点 田中健太郎 »