« 素材のチカラ/いきることば つむぐいのち 永井一正の絵と言葉の世界/shiseido art egg 橋本 晶子展 | トップページ | 横浜美術館コレクション展「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」/柵瀨茉莉子展|いのちを縫う »

小川 遥 展 -花影(かえい)を踏む-

小川 遥 展 -花影(かえい)を踏む-
http://galeriekawakami.com/exhibition/
かわかみ画廊
2020年/11/7-11/21
 
Img_e5084
Img_e5086

 
2019年の山種美術館の日本画アワード seedで個人的に一番好きだった絵が小川さんの絵でした。今回も金地に色味を抑えた絵もあり、とても好み。上の写真は同じ絵です。光の具合で違った色に見えますが、金地の絵です。
 
今日の献立ev.:Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ― 未来をになう日本画新世代 ―
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2019/08/post-693733.html
 
実は2012年に羅針盤の6 femmes2展で作品を見ていた方でした。この頃は作風がまた違っていましたね。
 
今日の献立ev.:6 femmes2 日本画専攻の6人の女性達の展覧会
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2012/10/6femmes26-dfbe.html
 
 
Img_e5093
Img_e5094
 
金地の絵も色合いが違うものなどもあり、金でもいろいろとあるもので、この違いを楽しむことができるのが楽しい。
 
Img_e5097
Img_e5096

 
純粋な歴史ある日本画のモチーフや中国の古い絵の影響がある絵もありました。シンプルで間のあるうまさが目を引きます。
 
Feff931ee215404e884d6a616c67e28e
 
複数枚の和紙をレイヤーにして描いた日本画もありました。書もあって、そのバランスも良いです。シンプルに見えながらもかなり色々と趣向を凝らして居る絵なのですが、とても写真では伝えられない……
 

|

« 素材のチカラ/いきることば つむぐいのち 永井一正の絵と言葉の世界/shiseido art egg 橋本 晶子展 | トップページ | 横浜美術館コレクション展「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」/柵瀨茉莉子展|いのちを縫う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素材のチカラ/いきることば つむぐいのち 永井一正の絵と言葉の世界/shiseido art egg 橋本 晶子展 | トップページ | 横浜美術館コレクション展「ヨコハマ・ポリフォニー:1910年代から60年代の横浜と美術」/柵瀨茉莉子展|いのちを縫う »