« 1894 Visions ルドン、ロートレック展 | トップページ | 石元泰博写真展 伝統と近代/project N 80 守山友一朗 »

石元泰博写真展/写真新世紀展 2020/エキソニモ UN-DEAD-LINK/森山大道の東京 ongoing

生誕100年 石元泰博写真展 生命体としての都市
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3836.html
東京都写真美術館
2020/9/29-11/23
 
Img_e3876
 
写真美術館、オペラシティ、高知県立美術館の共同企画で開催している石元泰博展。写真美術館ではキャリアの中頃から晩年までの代表作を中心に展示。石元泰博 ベスト盤の様な感じでとても見やすくすっきりと見ることが出来ました。シカゴや東京を切り取る写真はそこに映っている人も構図のアイテムの一つで、どれが主役とかではなく、写真という構図を完成させるためのもののように見えます。
 
Img_e3875
 
そしてバウハウスに影響されて、日本の美を新たな目で切り取ったことで有名な桂離宮シリーズ。このシリーズが1950年と1980年の大きく2回撮影されているのを初めて知りました。解説に書いてありましたが、1980年代の方はより光の差し込む情緒的な撮り方になっています。逆に1950年代の方はバウハウス的な水平や幾何学的なモチーフを強調して撮っていました。同じ桂離宮の同じモチーフを二つの期間並べて展示で見ることができるのは良かったです。
 
 
  
写真新世紀展 2020
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3859.html
東京都写真美術館
2020/10/17-11/15
 
Img_e3877
 
キヤノンの新人写真家育成プログラム「写真新世紀」。今どきの写真家は写真を撮るだけでなく、何か立体的なものと絡めたり、映像と一緒に展示したり、複数点の写真をコンセプトでまとめたり、大変ですね。それだけアートとして完成されたものを目指しているのでしょう。小手先ではないものなら残っていくはず。
 
 
  
エキソニモ UN-DEAD-LINK インターネットアートへの再接続
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3817.html
2020/8/18-10/11
東京都写真美術館
 
Img_e2987
 
インターネット初期のころからそれを作品に取り入れていたエキソニモ の展示。会場もネットの配線が床にしているようなデザインがサイバーな感じでした。
 
Img_e2971
Img_e2980 
 
動画の画面にペインティングしている作品、二つのマウスを合わせてその軌跡を見る作品、ネット上の死を感知してピアノが鳴る作品など、デジタルとアナログをうまく混ぜ、デジタルのいびつな面を作品として出しているものが多いです。このコロナのご時世というのもありリアルな目の前の展示だけでない、デジタルのあっち側の展示も意識されているもの。
 
Img_e2983_20201026161301
Img_e3013
 
ネットでのアクションが目の前のスクリーンに反映したり(指紋が画面に映る)、画面越しのキスなどコンセプトは面白いものが多いが、ネットと言う技術がどんどん流れていく世界の出来事としては、技術としては最先端とは呼べない感じもある。もちろん当時の最先端を作ったチームだというのは大前提だが、あまりに技術が進みすぎているので、今、これをやるならもっと素晴らしい技術もあるだろうに、という視点もどうしても出てくるのは仕方がないか……。 
 
 
 
森山大道の東京 ongoing
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3813.html
2020/6/2-9/22
東京都写真美術館
 
Img_e3004 
 
スナップ写真の名手、森山大道。写真のボケやブレを作品の魅力にしてしまった写真家です。ボケた勢いや力強さ、ブレによるスピード感などの写真は今や当たり前ですが、写真とはしっかりターゲットにピントがあって写っているものという既成概念を変えた人なのですよね。
 
Img_3003
Img_2998
 
写真作品というのはおそらく時代が変わることで撮れなくなるものも多く出てくるでしょう。技術の進化により深いことまで出来るようになってくるものもあるでしょう。スナップ写真も今では個人の情報や迷惑、クレームなどにケアしないと撮れない時代になってきました。女性の被写体の扱いも以前とは全く変わってきています。それでも変わらない魅力というのはあるのかな、と思います。
 

|

« 1894 Visions ルドン、ロートレック展 | トップページ | 石元泰博写真展 伝統と近代/project N 80 守山友一朗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1894 Visions ルドン、ロートレック展 | トップページ | 石元泰博写真展 伝統と近代/project N 80 守山友一朗 »