« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

STARS展/サムソン・ヤン(楊嘉輝)/シオン/多田恋一朗「恋、焦がれ、パルマコン」/菅 木志雄 放たれた景空

STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/stars/
森美術館
2020/7/31-2021/1/3
 
Img_e2003
 
村上隆、草間彌生、李禹煥、宮島達男、奈良美智、杉本博司の6人の作品を集めた展覧会。特に新しい発見があったかというと、どうかはわかりませんが、これだけのものをまとめて見る機会ってそうはないでしょうから、まぁ、必見の展覧会ではあります。
 
Img_2029
Img_e2009
Img_e2004
 
村上隆は本当にパワフルです。これを自分の工房で作り上げるというのはすごいですよね。十三代市川團十郎白猿の襲名緞帳の絵を描いていたのですね。
 
Img_e2026
Img_e2036
Img_e2017
 
李禹煥の部屋はいかにも李禹煥らしい空間。下に引かれた小石が立てる音とともに見る静かな展示。砂利を踏んでいると直島にでもいるような気になります。
 
Img_2045
 
草間彌生の部屋は草間さんにしては毒は少ないか?と思いつつも毒気を浴びることにはなりますよね。会場の途中にあった現代アートの年表展示も面白いですね。
 
Img_e2081
Img_e2076
Img_e2064
 
宮島達男の水の中で数字を刻むデジタルカウンター。東北の震災への祈りの光。震災にかかわる人たちが数字のカウントするスピードを決めていったもの。
 
Img_e2112
Img_e2090
 
一番時間をかけてみたのが奈良美智の部屋。
 
Img_e2093
Img_e2092
Img_e2086
 
奈良美智のCDやレコードコレクションがたまらない。
 
Img_e2142
Img_e2119
 
Voyage of the Moonはずっと見たかった作品。
 
Img_e2146  
Img_e2135
 
Voyage of the Moonの中が素敵すぎてたまらない。
 
Img_e2125
Img_e2143
Img_e2132
 
Voyage of the Moonの周りにあった結界に奈良さんの絵が描いてあって、それがかわいくてたまらない!はいらないでねこ!犬もいます!中にあったセットリストは月や星や宇宙にかかわる曲ばかり。
 
Img_e2149
Img_e2150
Img_2163
 
杉本博司は最初の作品であるジオラマのシロクマ。そして水平線を縦に配置して地球を感じさせるような写真。そして最後の部屋、杉本博司の江之浦測候所を舞台にした映像作品。と星のかけら。田中泯さんも踊っています。そして女性ダンサーはパリ・オペラ座のオレリー・デュポンさん。身体が産み出す最高峰の表現。このスタイルに加えどれだけ努力を重ねればこれが可能か。身体一つで。
 
 
  
MAMコレクション012:サムソン・ヤン(楊嘉輝)
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/mamcollection012/index.html
森美術館
2020/7/31-2021/1/3
 
ミュートされた楽器で曲を演奏するオーケストラの映像、という発想がとても面白いですね。
 
 
 
MAMプロジェクト028:シオン
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/mamproject028/index.html
森美術館
2020/7/31-2021/1/3
 
Img_2165
 
《審判の日》 というタイトルを見た後にこの惨状を見るとかなり痺れますね。
 
 
 
多田恋一朗「恋、焦がれ、パルマコン」
https://art-view.roppongihills.com/jp/shop/adgallery/tadakoiichiro/
六本木ヒルズA/Dギャラリー
2020/8/21-9/13
 
Img_e2167_20200902100801
 
「君」という女の子。海の絵も「君」が居ない景色。君とは?パルコマンとは?
 
 
 
菅 木志雄 放たれた景空
http://tomiokoyamagallery.com/exhibitions/suga2020/
小山登美夫ギャラリー
2020/8/19-9/26
 
Img_e1993
Img_e1992
 
ブレない菅さん。木や石を並べているだけなのに。誰もがそれでアート作品に出来るわけではないのだな、と。
 

| | コメント (0)

紫幹翠葉(しかんすいよう) 百年の杜のアート

紫幹翠葉(しかんすいよう) 百年の杜のアート
https://jingu-artfest.jp/shikan-suiyo/
明治神宮ミュージアム
2020/7/10-9/27
 
Img_e0819_20200902105301
 
この「紫幹翠葉」という展覧会は明治神宮鎮座百年を記念して行われている「神宮の杜芸術祝祭」関連のもの。今年3月から始まった明治神宮 内苑での野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」に続き2つ目の美術展となります。
 
神宮の杜 野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/05/post-c200e4.html
 
【落ち着いたら行こう】密集を避け都内の森でアートを楽しむ(いまトピ)
https://ima.goo.ne.jp/column/article/8244.html
 
 
Img_e0777_20200902105201 
 
この「紫幹翠葉」ですが、屏風、掛け軸、衝立、扇面といった様式に取り組んだ40名の現代作家さん達の作品を見ることが出来ます。
 
Img_e0733_20200902105101
Img_e0735_20200902105101
 
品川亮の現代の琳派作品とも呼べるような素敵な作品。近くで見ると花の描き方がとてもラフで、それなのに少し離れるとちゃんと花に見えます。まるで印象派の様です。西美にある印象派の黄色いアイリスにも似た描き方かな、と思いました。
 
Img_1558
※国立西洋美術館 モネ「黄色いアイリス」(部分)
 
今度、アーティゾン美術館で琳派と印象派の展覧会をやりますが、こういうつながりもあるのでしょうか?
 
Img_e0752_20200902105101
Img_e0755_20200902105101  
 
‪天明屋尚の金一色の屏風、金地に金の絵が描かれているものがカッコいい。これが天明屋作品だとは思えない抽象さ。このシンプルさがすごいです。‬山本太郎の屏風は描かれているパーツは古いものもあるのにポップなものになっています。
 
Img_e0754_20200902105101
  
そして見ごたえがあるのが扇のコーナー。一つ一つは小さい作品ですが、個々の特徴がとても良く出ていて楽しめました。
 
Img_e0811_20200902105301
Img_e0790_20200902105201
 
流麻二果の作品なども目を引きます。個人的には小瀬村真美の扇が一番好きでした。
 
Img_e0807_20200902105201
Img_e0794_20200902105201
 
ミヤケマイのミヤケさんらしいブレなささや、ひびのこづえの扇はなんとバッグになっているところなども面白い。
 
Img_e0783_20200902105201
Img_e0785_20200902105201
 
町田久美と三沢厚彦の扇が並んでいるのに胸アツです。
  
Img_e0795_20200902105201
Img_e0798_20200902105201
 
小谷里奈、小沢さかえのものも素敵。 
 
Img_e0781_20200902105101
Img_e0786_20200902105201  
 
小林孝亘や山本基の作品は小さくても小林さんや山本さんになっているのですよね。
 
展覧会全体では他にも川久保ジョイ、清川あさみ、杉戸洋、椿昇、中村ケンゴ、船井美佐、森村泰昌、山口藍などが参加。
 
  
 
Img_e0776_20200902105101
Img_e0719_20200902105101
 
この明治神宮ミュージアムは建築家 隈研吾設計。ロゴはグラフィックデザイナー 原研哉のデザイン。明の字から日と月をモチーフにしたロゴ。
 
Img_e0728_20200902105101
Img_e0854_20200902105301
Img_e0843_20200902105301
 
野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」はまだ続いています。明治神宮ミュージアムの入り口に居る白い鹿 名和晃平「White Deer (Meiji Jingu)」や杜の奥にある船井美佐「Paradise/Boundary-SINME-」などを再び確認。船井美佐さんの作品、少し外れたところに小さな作品があるのを前に見たときに知らずスルーしていました。
 

| | コメント (0)

The UKIYO-E 2020/「彼女たちは歌う」

The UKIYO-E 2020 ─ 日本三大浮世絵コレクション
https://www.tobikan.jp/exhibition/2020_ukiyoe.html
東京都美術館
2020/7/23-9/22
 
Img_2431
 
都美の浮世絵展 The UKIYO-E 2020。浮世絵初期のモノクロ表現から風俗画的なもの、風景、グラビア的なもの、画家の個性が出たもの、と写真の表現に重なる様な浮世絵の立ち位置を一通り見ることができました。展示の後半になると時代も進み、摺りの技術も上がり凄い作品が増えます。菊川英山の美人画の美しさ。そして構図の天才 広重の素晴らしさ。そしてもう1人の天才 国芳。国芳「萩に鮎・藤下緋鯉」と言う絵が凄かった。鮎や鯉に波紋や花全てが一つの完成されたデザイン 。
 
Img_2438
 
会場構成も凝っていて、平時なら混雑の元になる導線だが、入場制限を逆手にとって面白い空間に仕上げている。無限反射の様に見える円窓連鎖や斜めに切り取られたゲートなど。監視員は大変そうだけど。こんな木工経師バリバリの造作久々に見た。欲しい絵のポストカードが無買ったのが残念。
 
 
 
「彼女たちは歌う」 Listen to Her Song
https://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2020/listen_to_her_song/listen_to_her_song_ja.htm
東京藝術大学大学美術館 陳列館1・2階
2020/8/18-9/6
 
Img_2429
Img_2415
 
東京藝大美術館陳列館「彼女たちは歌う」。女性作家を集めた展示ですが、作家がその女性としての身体性などを訴えているような深い展示。入場無料なのがすごい。
 
Img_2424
Img_2420
 
一通り見ましたが、空き時間に見るには内容が濃くしっかりしたものなのでもっと時間のある時にゆっくりと見に来ればよかった、と悔やまれます。
 
Img_2428
Img_2417
 
鴻池朋子、小林エリカ、スプツニ子!、百瀬文などとても強く印象に残る作品を作る作家が集まっていました。
 

| | コメント (0)

美の競演―静嘉堂の名宝―

美の競演―静嘉堂の名宝―
http://seikado.or.jp/exhibition/2020002.html
静嘉堂文庫美術館
2020/06/27-09/22
 
Img_e2477
Img_e2478
 
コロナのご時世なのでこの期にコレクション品をすごいもの全部見せちゃいます、的な展覧会が多いですが、これもその一つ。ただ、こちらは三菱創業150周年というのもあり、もともと今年大放出展をやる予定だったようです。この美術館も2022年に丸の内に移転してしまいますしね。
 
Img_e2493
Img_2487
  
古伊万里や清朝陶磁の立派なもの、重文の油滴天目、曜変天目などの器系のすばらしさはさすが岩崎家のお宝たち。そして狩野探幽に酒井抱一の屏風が並ぶ。酒井抱一「波図屏風」の魅力は素晴らしい。酒井抱一は絵手鑑もありました。こちらも好き。
 
 
 
二子玉川の駅ではGOOD MEALS SHOPで一息。となりの植物売り場を見ながら飲み物を飲むのがとてもいい。
 
GOOD MEALS SHOP
https://store.tsite.jp/futakotamagawa/floor/shop/good-meals-shop/
 
Img_e2475
Img_e2473
 
 
 
 9月中頃に今年の冷やし葱そばが終了という話を聞いて、鶏舎に行きに寄りました。
 
鶏舎
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131705/13007279/
  
Img_2456
Img_2454
 
私の夏は終わりました。
 

| | コメント (0)

OKETA COLLECTION: A NEW DECADE/川内 理香子 『Myth & Body』/杉並建築展 2020

OKETA COLLECTION: A NEW DECADE
https://www.spiral.co.jp/topics/spiral-garden/oketa-collection-new-decade
スパイラルガーデン
2020/07/23-08/10
 
Img_e1133
Img_e1069
Img_e1081
 
OKETA COLLECTION、すごい作家の作品がずらっと並んでいました。リヒターに草間彌生、村上隆、奈良美智などビッグネームばかり。
 
Gpnv6733
Img_e1156

 
名和晃平の真っ当な作品はすでに貴重ですよね。五木田さんも名作を持っています。
 
Img_e1100
Img_e1138
 
バルケンホールは最高ですね。ロッカクアヤコまであるとは。
 
 
  
川内 理香子 『Myth & Body』
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/shops/art/contemporary.html
三越コンテンポラリーギャラリー
2020/7/29-8/10
 
Img_0940
 
はじめて三越コンテンポラリーギャラリーに行きました。川内さんの作品は繊細とパワー、身体と虚像が混ざったような作品でしたね。
 
 
  
杉並建築展 2020
https://suginami-kenchiku.net/
杉並区民ギャラリー 杉並区役所内2階
2020/9/1-9/11
 
Img_e2513
Img_e2511
Img_e2496  
 
なんか阿佐ヶ谷で毎年アートイベントやっている様ですが、街中で告知が見つからないのですよね。この建築展はそれと今年は絡んでいるのかな?展示什器が波板でした。
 
Img_e2505
Img_e2500
Img_e2498
 
コロナの時代、というのが前提の様ですが、まぁ、個々の建築家にとってそれは後付けのコンセプトの様にも見えます。住宅よりもオフィスや商業施設の方があり方は変わってくるのでしょうかね。
 

| | コメント (0)

菊地敦己 2020/TDC 2020/毛利悠子「SP. by yuko mohri」/《 Prismatic Cloud 》 吉岡徳仁

菊地敦己 2020
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/202004/202004.html
クリエイションギャラリーG8
2020/7/20-9/2
 
Img_e0673
Img_e0680
 
菊地敦己の手掛けたグラフィックをまとめて見ることができる展示でした。菊地さん、いろんな美術館のサインなどを手掛けていることは知っていましたが、こんなに身近なもののグラフィックまで手掛けていたとは。まぐろ、とかの食材シリーズの本やミナペルホネン関連などがありました。
 
Img_e0675
Img_e0676
 
パンとエスプレッソのシンプルなパッケージ、ユニクロのTシャツなどもありました。
 
Img_e0688
Img_e0686
 
青森県立美術館がらみのものや懐かしい2008年の横浜トリエンナーレ。この横トリのマークのエコバッグ持っています。
 
Img_e0693
 
この智美術館の竹工芸の展覧会のグラフィックも菊地さんです。基本はシンプルで無駄がないところにポイントで色などを差し込み、文字一つにも手を抜かないこだわりとバランス。すごい作品たちだと改めて思いました。
 
 
 
TDC 2020
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000753
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
2020/6/22-8/29
 
Img_e0516
Img_e0529

なんだかんだでTDC展は見に行くことが多い。これを見ると最近のグラフィックや広告の流れがなんとなくわかるような気がします。
 
Img_e0518
Img_e0522
 
個人的にはこれはどうかなぁ、と思ったり、これは好きだと思ったりいろいろですが、やはり一工夫してあるものがここに出てきているので、自分の好みを振り返るにもいいです。
 
Img_e0526
 
KIGI関連のパッケージデザインは毎年何か出ている。常連ですね。常に良い仕事を続けられるための努力ってすごいのだろうなぁ。
 
 
 
毛利悠子「SP. by yuko mohri」

https://www.ginzasonypark.jp/program/023/
SONY PARK B2/ PARK B3
2020/7/20-8/26
 
Img_e1495
 
Ginza Sony Parkが現代美術作家 毛利悠子のスタジオに変容していました。コロナでイベントが出来ない期間でアート作家のアトリエ的な使い方をするとは!
 
Img_e1494
Img_e1496
たまに
毛利さんも来て作業をしたりイベントしたりしていたようです。期間も延長したとか(この情勢でイベントがまだできないというのもあるのでしょうね)。 
 
 
 
《 Prismatic Cloud 》 吉岡徳仁
https://ginza6.tokyo/art
GINZA SIX 2F中央吹き抜け
2020/2/27-10月下旬(予定)
 
Img_e0534
Img_e0536
 
GINZA SIXの吹き抜けアート。何人目でしょうかね? 吉岡徳仁さんの登場です。細いパイプを組み合わせて雲の様にしています。アートとしてはそんなに見栄えはしないけど、素材の使い方としては良いのかと。組むのにかなり人手が要りそうですが。
 

| | コメント (0)

メルセデス・ベンツ アート・スコープ 2018-2020/Re construction 再構築

メルセデス・ベンツ アート・スコープ 2018-2020
http://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/741/
原美術館
2020/7/23-9/6
 
Img_e1623
Img_e1652
 
事前予約制で予約済だったのですが、当日、早めに行けることになったので時間変更できるかどうか確認をしてみたら、枠が余っていたらOKとのこと。当日変更可能は嬉しい。 ありがとうございます。
 
Img_e1620
Img_e1660
 
この展覧会はドイツと日本の現代美術作家の交流というもの。日本からは久門剛史、小泉明郎の二人、ドイツからはハリス・エパミノンダの参加です。今年の3月ころ豊田市美術館の展覧会に行きたかったけど行けなくて残念だった久門剛史の作品が好きでしたね。白い壁への反射で色を見せるという発想は驚きです。
 
Img_1642
 
原美術館、この場所で美術館として入ることができるのはあと少し。この後、この建物がどう使われるのかはわかりませんが、この後の展覧会も見なければ、です。
 
 
 
Re construction 再構築

https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=202006161592286707
練馬区立美術館
2020/7/8-9/27
 
Img_e1706  
Img_e1692
 
コレクション作品と現代アート作家の組み合わせと言う展覧会。この形はここ最近あちこちで実施されているのでこれから根付いていくのですかね?
 
Img_e1715
Img_e1719
 
練馬区美では現代アート作家の 青山悟、大小島真木、冨井大裕、流麻二果の4人がそれぞれ、美術館の収蔵品をもとに再構築しながら自分の展示を作り上げていく。コレクション展示を見ていくと流麻二果が松岡映丘の作品と松岡静野の作品と対峙した空間。
 
Img_e1716
Img_e1718

続いて青山悟と冨井大裕と続く。青山さんの展示は少し前に見たドレス・コード? 展の内容を引き続き展開したようなイメージ。冨井さんのインスタレーションはなかなか面白い。階段に登ってしまう。でも、二人ともモチーフにしたコレクション作品の方はあまり記憶に残らないかも。
 
Img_e1717
Img_e1744
 
1階では大小島真木の展示。荒木十畝と池上秀畝の日本画を再構築。と言ってもここも比較的作家さんの色が強い。日本画はとてもイイ感じだけどね。

  
Img_e1750
Img_e1738
  
各作家の違いなども感じられる企画だけど、比較的作家が自由にやっているイメージ。作家そのままの展示に見えるので、コレクション作品の再構築?なのかなぁ、とも。もう少し再構築の定義なり縛りを決めた方が良いかも。
 

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »