« 『内外』竹工芸家 初田 徹 展 | トップページ | 開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―/インターメディアテク »

古典×現代2020/うみつちのかけら と うつわ

古典×現代2020―時空を超える日本のアート
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/kotengendai2020/
国立新美術館
2020/6/24-8/24
 
日本の古典美術と現代アートを組み合わせた展示を見せてくれる展覧会です。おそらくオリンピック前に外国の人へ向け日本の文化を紹介するような意図もあった展示だったのかと思います。日本の古典文化がポイントで良い作品が出ているので日本人にとってもお得な展覧会でした。
 
Img_e9576
 
仙厓×菅木志雄
まずは「円」をモチーフに菅木志雄さんが石などを床に並べ、その横に仙厓の描いた円の掛け軸を展示。仙厓のヘタウマな絵がとても良いのでもっと沢山見たかったですね。
 
花鳥画×川内倫子
このコーナーは好きでした。日本の花鳥画の掛け軸に並ぶのは川内倫子さんが日常や風景の一瞬を切り取った写真。この写真の一瞬感が良いのです。絵画も一瞬の切り取りなんですね。
 
Img_e9577
 
円空×棚田康司
円空の素朴な仏たち。棚田康司さんの雰囲気のある彫刻。並びにもう少し工夫があると良かったかもですね。
 
Img_e9584
 
刀剣×鴻池朋子
刀剣や古代の鉄。そこに対峙する鴻池朋子さんお皮の緞帳。中央にゆあーんという感じで行ったり来たりする生首のようなものが気になりました。
 
仏像×田根剛
このコーナーは卑怯!と思うくらいに良かった。物は日光菩薩、 月光菩薩のみ。照明が照度を変えながらワイヤーに吊るされ上下する。僧侶たちの声と光のインスタレーションが凄かった。
 
Img_e9579
 
北斎×しりあがり寿
しりあがりさんのパワーが凄い。北斎の絵を元にクスッと笑ってしまうようなアレンジの三十六景。とにかく外しまくってくるのが凄いです。
 
乾山×皆川明
乾山の色絵に対峙するミナペルホネンの模様。古来のデザインと現代のデザインのぶつかり合い。自然に発したものたちは一つにつながっていく。
  
Img_e9621
 
蕭白×横尾忠則
パワー×パワー。癖×癖。とにかく強さを感じます。こちらも並べにもう少し工夫があると良かったかも。
 
 
 
KENICHIRO FUKUMOTO うみつちのかけら と うつわ
https://www.nact.jp/information/museumshop/gallery/FUKUMOTO_KENICHIRO/
B1F SFT GALLERY
2020/6/11-7/20
 
流木とセラミックが組み合わさる作品。これらの異物が一体になるというより、異物感を楽しむものなのかな。
 

|

« 『内外』竹工芸家 初田 徹 展 | トップページ | 開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―/インターメディアテク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『内外』竹工芸家 初田 徹 展 | トップページ | 開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―/インターメディアテク »