« 新宿東口駅前広場(松山智一) | トップページ | 三井家が伝えた名品・優品 第1部 東洋の古美術/第2部 日本の古美術 »

和巧絶佳展 令和時代の超工芸

和巧絶佳展 令和時代の超工芸
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200718/index.html
パナソニック汐留美術館
2020/7/18-9/22
 
Img_e0658
 
とても面白い展覧会でした。工芸目線での超絶技巧的な作品を集めた展示。それも今も活躍している人ばかり12人を集めたもの。
 
Img_e0543
Img_e0552
  
舘鼻則孝の解説不要な作品、桑田卓郎のカラフルな色合いの少し毒々しい陶芸作品から展示が始まります。
 
Img_e0555
Img_e0556
 
深堀隆介の金魚は時代を追うごとにどんどんリアルになってきている。初期のころはかなり平べったい。
 
Img_e0563
Img_e0561
 
金魚のふんや水の波紋まで再現するリアルさ。ぱっと見はこれが絵だとはわかりませんよね。
 
Img_e0574
Img_e0573
 
池田晃将の螺鈿細工もすごい。螺鈿細工という伝統的な技で、デジタル的な未来感のデザインの作品を生み出す。
 
Img_e0604
Img_e0611

髙橋賢悟がつくるアルミの鋳造の細かさ。一つの作品でピース数はどのくらいなのだろうか?
 
Img_e0589
Img_e0585
 
見附正康がつくる九谷焼の加賀赤絵の細かさはとにかく近くで見てほしい。
   
Img_e0620
Img_e0642
 
新里明士の器は以前から好きなのです。器から光が漏れる様な蛍手という技術が良い。ただ、あれはもっと高い位置に皿を置いて、光が穴から漏れる具合を楽しめるような見せ方が良かったなぁ。
 
Img_0601
Img_e0654
Img_e0632
Img_e0632
 
山本茜の層の具合が美しい截金ガラスや佐合道子の有機的な無機物、坂井直樹のシンプルな形の鉄器。
 
Img_0637
Img_0647
 
安達大悟の染め、橋本千毅の螺鈿など、とにかくすべての展示物が興味をひくものばかり。この展覧会は見ておいてよかった!と思うものでした。
 

|

« 新宿東口駅前広場(松山智一) | トップページ | 三井家が伝えた名品・優品 第1部 東洋の古美術/第2部 日本の古美術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新宿東口駅前広場(松山智一) | トップページ | 三井家が伝えた名品・優品 第1部 東洋の古美術/第2部 日本の古美術 »