« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

Chocomoo EXHIBITION -OUR SECRET PARTY- 

Chocomoo EXHIBITION -OUR SECRET PARTY- 
https://chocomoo-exhibition.com/
WITH HARAJUKU HALL
2020/8/13-9/28
 
Img_e2199
 
イラストレーター Chocomoo個展「Chocomoo EXHIBITION -OUR SECRET PARTY-」に行ってきました。会場は原宿駅のすぐ前、IKEAやユニクロが入っているビル「WITH HARAJUKU」の中のホールです。
 
Img_e2280
Img_e2191
 
このWITH HARAJUKUは建築家 伊東豊雄が設計にかかわっているビル。吹き抜けやテナントの間にある通路をぶらぶら歩き、そこから見ることの出来る景色などを楽しむような建築でした。
 
Img_e2195
Img_e2196
 
3階、神宮の森を眺めるテラスにはグザヴィエ・ヴェイヤンの作品。良い眺めです。この景色だけでもここに寄りたくなります。
 
Img_e2264
Img_e2211
 
さて、展覧会ですが、Chocomooさんはいろいろな広告やメーカーとのコラボ作品などで活躍中の方。モノトーンな絵でありながらも目を引くポップな世界感はどこかで見たことがあるのではないでしょうか。
 
Img_e2231
Img_e2221
 
モノトーンの中には白黒のみの絵もあり、単色の色を地として使ったものもあり、差し色でアクセントを付けているものもありと色々なパターンが見えます。
 
Img_2230
Img_e2212
 
60-70年代のグラフィティに繋がる雰囲気だなぁと思いながら見ていたところ、入ってすぐのところにウォーホルやバスキアなどの写真へのペインティングを発見。これらのアーティストへのラブレターの様ですよね 。
 
Img_e2242
Img_e2275
 
音楽と相性が良いのか今までも安室奈美恵、AI、きゃりーぱみゅぱみゅなどとのコラボを実施。先ほどの写真ペイントにはラモーンズのジョーイ・ラモーンも居ましたね。ピアノへペイントしたものも展示されています。
 
Img_e2234
Img_e2238 
 
おそらくご本人も音楽が好きなようで、様々な音楽に関する絵がありましたその中でもこの絵に注目。手に取っているのはマイケル・ジャクソンやビートルズ。壁にはパンクミュージシャン、リチャード・ヘルのポスターも。
 
Img_e2236
Img_e2239
 
そしてデビッド・ボウイのアルバム「アラジン・セイン」が頭だけ出しているのも見逃がせません。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドがあったかと思えば、ビョークなどの最近の音楽もあるという、音楽好きには見ていて楽しい絵。
 
Img_e2214  
Img_e2226
 
展示では撮影コーナーあり、ライブペインティングあり、ミラー張りフレームで自撮りできる作品もあり、と様々な工夫がありました。今どきの若い人たち向けた展覧会になっています。
  
Img_e2251
Img_e2265
 
また、丸やハートなどの変形画版などへの配置のうまさやタイポグラフィとしての文字のデザインも良い。ここら辺のうまさがメーカーとのコラボに繋がっている気もします。
 
Img_e2268
Img_e2276
 
びっくりしたのが、グッズの豊富さ。種類が多くて、まるでライブ会場のグッズコーナーみたい。身近に置いておきたい親しみやすさで人気なのでしょうか。 
  
今ならアートファンは明治神宮ミュージアムや太田記念美術館と絡めても良いですし、同じビルに入っているIKEAに遊びに行くのも楽しいですね。パンケーキの美味しい店もあり、原宿はいろいろ便利な場所です。
 

| | コメント (0)

桜 さくら SAKURA 2020 ―美術館でお花見!―

桜 さくら SAKURA 2020 ―美術館でお花見!―
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2020/sakura2020.html
山種美術館
2020/7/18-9/13
 
山種美術館のコロナ復帰の展覧会は桜尽くし。夏に桜?と思ったものの、いや、良いものですね、桜尽くしを夏に楽しむのも。
 
Img_e1474
 
そう、この展覧会は春に開催する予定だったもの。コロナの影響で延期したわけですが、敢えてこの夏に桜の展覧会をそのままもってきくれました。涼しい館内で夏の花見。
 
Img_e1481
 
やはり一年のどこかで奥村土牛《醍醐》は見たいですよね。大観、春草などが描く桜たちだってあります。となると季節がずれても桜の展覧会は必要なのですよ。そうなんです。 小林古径《桜花》や夜桜コーナーの速水御舟など大きくない作品が個人的には好きです。 千住 博の夜の桜もありました。
 
Wkzz0284
 
ここに来たらカフェに寄ってしまいますね。この暑い夏に神戸サイダーがおいしかった……。

| | コメント (0)

ART in LIFE, LIFE and BEAUTY/菓子をたずねて

ART in LIFE, LIFE and BEAUTY
https://www.suntory.co.jp/sma/
サントリー美術館
2020/7/22-9/13
 
Img_e1205
 
リニューアルオープンの展覧会です。結構長い期間リニューアル工事をやっていましたね。
 
Img_e1209
Img_e1206
 
この期に受付カウンターを新調。美術館の設計をした隈研吾の設計のもの。ガラス板を組みあわせたカウンターです。重そう……。
 
Img_e1311
Img_e1310
 
展覧会は自館のコレクション作品と現代アートをうまく組み合わせてみせていますね。
 
Img_e1284
Img_e1283
 
このタイプの展覧会は最近多いけど海外から作品を持ってくるのが大変になるこれから、一つのスタンダードの形になるのかも。
 
Img_1296_20200828162001
Img_1292
 
質の良いコレクションと企画力の揃うサントリー美ならではの展示でした。このタイプの展覧会では頭一つ抜けている良い展示でした。
 
Img_e1414
Img_e1406
Img_1380  
Img_1368
 
コレクション作品の見事さはもちろんですが、とにかく企画力がずば抜けているのがサントリー美術館。山本太郎、野口哲哉、山口晃などの現代アートがうまく組み合わさっている。
 
Img_1264
Img_1260
Img_1240  
Img_e1224
 
昔の髪の結び方カタログ的な資料があったり、装身具などについても歴史ある資料を集めているんだなぁ、と。
 
 
 
菓子をたずねて
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/news/detail/?nid=747&cid%5B%5D=25
東京ミッドタウンギャラリー
2020/6/10-11/30
 
Img_1193
 
いろんな国とつながるお菓子。 お菓子ってハレの日のもなんだなぁ、と。

| | コメント (0)

珠玉のコレクション-いのちの輝き・つくる喜び

珠玉のコレクション-いのちの輝き・つくる喜び
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/opening_exhibition1/
SOMPO美術館
2020/07/10-09/04
 
Img_e1003
Img_e1006
 
SOMPO美術館のオープン記念展覧会です。ビルの上にあった美術館が同じビルの横に新設された建物としてやってきました。ゾウさんだの、外付けハードディスクだの言われているビルですね。
 
Img_e1007  
Img_e1005
ビルの上は眺めは良かったのですが、今回の方が運営的には楽なのかな?特にこのコロナ状況だと。
 
Img_e1060
Img_e1010
 
そんなに大きな建物ではないので前と同じくらいの面積か、少し大きくなったくらい?ただ縦に行ったり来たりするのが面倒かも。前は横移動でしたからね。
 
Img_e1057
Img_e1050
 
カフェは簡単なカウンターがありました。ショップもあります。それにしては広い2階部分。イベントやセミナーなどを考えているのかな。
 
Img_1001
Img_e1009
 
今回のリニューアルオープンの目玉はゴッホのひまわり。ロンドンナショナルギャラリー展でも別バージョンが来ているので見比べるのに良いですね。
 
Img_e1048
Img_e1039
 
リニューアルオープン展はもともとは時期を分けて展示する予定だったのを、コロナの影響で圧縮してまとめて見せることになったからか少しざっくり的。予算も削減となったのか展示装飾もあまりなかった。
 
Img_e1021
  
天井も高い展示室なので少し装飾的に手を加えれば前のビルの上にあった時の展示室とイメージ変えられるのですが、今回は質素でしたね。東郷青児の損保のお仕事作品コレクションは良かったな。秋のゴッホ展中止の代わりにやる東郷青児展でもっとたくさん見ることできそうだけど。
 

| | コメント (0)

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展/中世からルネサンスの写本 祈りと絵

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
https://www.nmwa.go.jp//jp/exhibitions/2020london_gallery.html
国立西洋美術館
2020/6/18-10/18
  
Img_e1514
 
コロナの時期でしたが、作品がすでに日本へ到着していたがゆえに開催が出来た奇跡の展覧会。
 
Img_e1513
 
初め、ルネサンスの部屋からボッティチェッリ作品があるのですよ。ボッティチェッリが日本に来ていたのです。そしてクリヴェッリの作品。なんでこの絵が話題になるのかなぁと思っていたら、実物の絵を見たらこれすごかった。オーラがありました。
 
Img_e1527
Img_e1535
(写真は同時期の西洋美術館コレクション展示のもの)
 
次のオランダ絵画の部屋はレンブラントにフェルメール、次のイギリス肖像画にはヴァン・ダイクとどこを取ってもみどころばかり。その後もゴヤ、グレコ、ベラスケス、コンスタブル、ターナーと続きます。
 
Img_e1581
Img_e1552
(写真は同時期の西洋美術館コレクション展示のもの)
 
さて、近代美術のコレクションもすごいです。ピサロやルノワール、ドガにモネ、セザンヌなどが並んでいる。
 
Img_1509
 
ひときわ目立つのが一番の目玉、ゴッホのひまわり。パワーがあります。新宿の損保にあるひまわりも同時期で見ることできたので比べることが出来てよかったです。
 
 
 
内藤コレクション展Ⅱ「中世からルネサンスの写本 祈りと絵」
https://www.nmwa.go.jp//jp/exhibitions/2020manuscript2.html
国立西洋美術館 新館 版画素描展示室
2020/6/18-8/23
 
Img_e1511 
Img_e1565
 
写本コレクションの展示なのですが、良い状態で写本の美しい絵が残っているものですね。
 


| | コメント (0)

三井家が伝えた名品・優品 第1部 東洋の古美術/第2部 日本の古美術

三井家が伝えた名品・優品 第1部 東洋の古美術
http://www.mitsui-museum.jp/
三井記念美術館
2020/7/1-7/29
 
三井家が伝えた名品・優品 第2部 日本の古美術
http://www.mitsui-museum.jp/
三井記念美術館
2020/8/1-8/31
 
三井記念美術館が持っている極上の品々を一挙公開!な展覧会です。コロナの影響もありいろいろな美術館が所蔵品を中心にした展覧会を開催していますが、ここの展示はモノのすばらしさを直球で伝えてくる展示でした。
 
Img_e0946
 
2回に分けて開催しないと足りないくらいの名品を持っている三井家ゆかりのこちら、1部は中国など東洋から日本へ来た品々。そして2部が日本の古美術となっています。
第1部は拓本のコレクションや刺繍の掛け軸などちょっと変態的にすごいものが並んでいました。切手のコレクションなどもあり。そしてやはり第2部のすごさ。
 
Img_0950
 
茶道具として名品と呼ばれるものばかりの展示。楽焼き祭り?と言うほど楽焼の力強い名品が揃い、その横に野々村仁清の花形の器「流釉輪花建水」の可憐な器が並ぶ。そして応挙まつり?というくらいに円山応挙の良い作品が並ぶのも三井家ならでは。書も見事で紀貫之の器用さ、小野道風の押し付け系センス行成の計算高さなど素晴らしかった刀は則宗が見事としか言えない風合い。利休の細い削られた茶杓も良い。
  
Img_e0953
 
ロビーのイサムノグチソファがディスタンスバージョンになっていましたね……。

| | コメント (0)

和巧絶佳展 令和時代の超工芸

和巧絶佳展 令和時代の超工芸
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200718/index.html
パナソニック汐留美術館
2020/7/18-9/22
 
Img_e0658
 
とても面白い展覧会でした。工芸目線での超絶技巧的な作品を集めた展示。それも今も活躍している人ばかり12人を集めたもの。
 
Img_e0543
Img_e0552
  
舘鼻則孝の解説不要な作品、桑田卓郎のカラフルな色合いの少し毒々しい陶芸作品から展示が始まります。
 
Img_e0555
Img_e0556
 
深堀隆介の金魚は時代を追うごとにどんどんリアルになってきている。初期のころはかなり平べったい。
 
Img_e0563
Img_e0561
 
金魚のふんや水の波紋まで再現するリアルさ。ぱっと見はこれが絵だとはわかりませんよね。
 
Img_e0574
Img_e0573
 
池田晃将の螺鈿細工もすごい。螺鈿細工という伝統的な技で、デジタル的な未来感のデザインの作品を生み出す。
 
Img_e0604
Img_e0611

髙橋賢悟がつくるアルミの鋳造の細かさ。一つの作品でピース数はどのくらいなのだろうか?
 
Img_e0589
Img_e0585
 
見附正康がつくる九谷焼の加賀赤絵の細かさはとにかく近くで見てほしい。
   
Img_e0620
Img_e0642
 
新里明士の器は以前から好きなのです。器から光が漏れる様な蛍手という技術が良い。ただ、あれはもっと高い位置に皿を置いて、光が穴から漏れる具合を楽しめるような見せ方が良かったなぁ。
 
Img_0601
Img_e0654
Img_e0632
Img_e0632
 
山本茜の層の具合が美しい截金ガラスや佐合道子の有機的な無機物、坂井直樹のシンプルな形の鉄器。
 
Img_0637
Img_0647
 
安達大悟の染め、橋本千毅の螺鈿など、とにかくすべての展示物が興味をひくものばかり。この展覧会は見ておいてよかった!と思うものでした。
 

| | コメント (0)

新宿東口駅前広場(松山智一)

今年の7月にJR新宿側に東西自由通路がオープンしました。改札だったところが通路になっているということでまだ慣れません。
 
Img_e0144
Img_e0148
 
その時にいまトピに書いた記事がこれ。
 ↓
世界一の乗降者駅にこんな巨大アート作品が!?
https://ima.goo.ne.jp/column/article/8655.html
 
通路オープンと同時に新宿駅の東口に広場が出来て巨大なアート作品が出現したのです。
 
Img_0197
 
新宿東口駅前広場(松山智一)
SHINJUKU EAST SQUARE/新宿東口駅前広場 インタビュー
https://www.lumine.ne.jp/lmap/post/PUBLIC-ART/20200719/shinjuku-east-square/
 
Img_e0119  
Img_0120
 
銀色をした7mの彫刻は花を持つ少年をイメージしたもの。作家は松山智一。タイトルは「花尾」。床には植物をモチーフにしたグラフィック。
  
Img_e0123
Img_e0125
 
イスやテーブル、ベンチといった休憩が出来る機能もあります。オリンピックを迎える前にオープンする予定だったのでしょうかね。
 

| | コメント (0)

ドレス・コード? ―着る人たちのゲーム/project N 79 糸川ゆりえ

ドレス・コード? ―着る人たちのゲーム
https://www.operacity.jp/ag/exh232/
東京オペラシティ アートギャラリー
2020/7/4-8/30
 
  
Img_e0439 
 
ドレス・コード展、ファッションの展覧会で、なかなか見るのに時間がかかりました。内容としては好みではなかったのですが、一つ一つの展示をじっくり見たくなるような展示。
 
Img_e0371
Img_e0374  
 
様々なテーマでわかれていて、一つ一つを細かいことまで見始めたらキリがない、好きな人にはたまらないだろうし、そうでない人も時間さえ許せば延々に見て居られるものでした。
 
Img_e0437
Img_e0411
 
モードの話から生活の中の服、文化の中の服、いろんな時代やその中での位置づけを実際にみることができる。デザイナーや素材、模様などの切り口も面白かった。

Img_e0424
Img_e0383
 
ビジネススーツの並び、特攻服やディスコなどの特殊な状況における服、ライダーズ、ジーンズ、チェックなどなど、状況や流行りなどによって変化していく服。世の中から無くならないものとして移り変わりを見ていくのは思ったより楽しかった。
 
 
 
project N 79 糸川ゆりえ
https://www.operacity.jp/ag/exh233.php
東京オペラシティ アートギャラリー
2020/7/4-8/30
 
Img_e0429
 
リアルではないけど、妄想でもないような世界。夢や物語から発している世界らしい。
 

| | コメント (0)

開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―/インターメディアテク

開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202006_bauhaus.html
東京ステーションギャラリー
2020/7/17-9/6
 
Img_e0491
 
東京ステーションギャラリーの事前予約が戸惑いました。知らずに行ったら事前予約制だったということで、まぁ、これは調べなかった私がいけない。空いてれば当日予約できるようなので、ローチケのネットで確認したら当日枠が選べない。
 
Img_e0484
Img_e0464
 
その後、KITTEにあるローソン券売機だと買えました。ネット予約だと当日対応してないの?お店だと買えるの?な疑問点でした。その辺りも少し案内が欲しかったところ。諦めちゃう人居そうですね。

 
Img_e0476
Img_e0471
 
そして、バウハウス展、ちょっとガッカリでした。展示の物量が少ないし、何より立体モノやグラフィック物も少ない。まぁ、どんな授業があったかとか、展示的には良く出来てるのですが、地味ですよね……。バウハウス展するにはちょっと狭いかな、この箱。「ワクワクしない」、うん、これに尽きるかな。
  
Img_e0478
Img_e0475
 
以前の藝大でのバウハウス展でも思ったのですが、バウハウス関連だと展示物が他でもよく見る物ばかり。他の展示やショールームで見たことがあり新鮮味は無い。藝大の時は今回より物量が多かったかな。今回は展示物はみたことある物で数量も多くはない。バウハウスの授業、と言う切り口は頑張っていると思うが、見ていてワクワクしなかった。残念。
 
 
 
常設展示『Made in UMUT――東京大学コレクション』
http://www.intermediatheque.jp/ja/schedule/view/id/IMT0001
東京大学=ヴュルツブルク大学連携特別展示『レントゲン――新種の光線について』2020/6/24-
http://www.intermediatheque.jp/ja/schedule/view/id/IMT0210
特別展示『遠見の書割――ポラックコレクションの泥絵に見る「江戸」の景観』2020/6/24-
http://www.intermediatheque.jp/ja/schedule/view/id/IMT0209
ケ・ブランリ・トウキョウ『聖霊の声――「驚異」の島マダガスカルより』2019/4/16-
http://www.intermediatheque.jp/ja/schedule/view/id/IMT0185
インターメディアテク
 
Img_e0460
Img_e0450
Img_e0454
 
そしてバウハウスのチケット買って待ち時間に丁度良いKITTEにあるインターメディアテク。これだけはく製や骨格標本など見放題で無料という素晴らしい施設。マダガスカルの聖霊の展示が良かったです。


 

| | コメント (0)

古典×現代2020/うみつちのかけら と うつわ

古典×現代2020―時空を超える日本のアート
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/kotengendai2020/
国立新美術館
2020/6/24-8/24
 
日本の古典美術と現代アートを組み合わせた展示を見せてくれる展覧会です。おそらくオリンピック前に外国の人へ向け日本の文化を紹介するような意図もあった展示だったのかと思います。日本の古典文化がポイントで良い作品が出ているので日本人にとってもお得な展覧会でした。
 
Img_e9576
 
仙厓×菅木志雄
まずは「円」をモチーフに菅木志雄さんが石などを床に並べ、その横に仙厓の描いた円の掛け軸を展示。仙厓のヘタウマな絵がとても良いのでもっと沢山見たかったですね。
 
花鳥画×川内倫子
このコーナーは好きでした。日本の花鳥画の掛け軸に並ぶのは川内倫子さんが日常や風景の一瞬を切り取った写真。この写真の一瞬感が良いのです。絵画も一瞬の切り取りなんですね。
 
Img_e9577
 
円空×棚田康司
円空の素朴な仏たち。棚田康司さんの雰囲気のある彫刻。並びにもう少し工夫があると良かったかもですね。
 
Img_e9584
 
刀剣×鴻池朋子
刀剣や古代の鉄。そこに対峙する鴻池朋子さんお皮の緞帳。中央にゆあーんという感じで行ったり来たりする生首のようなものが気になりました。
 
仏像×田根剛
このコーナーは卑怯!と思うくらいに良かった。物は日光菩薩、 月光菩薩のみ。照明が照度を変えながらワイヤーに吊るされ上下する。僧侶たちの声と光のインスタレーションが凄かった。
 
Img_e9579
 
北斎×しりあがり寿
しりあがりさんのパワーが凄い。北斎の絵を元にクスッと笑ってしまうようなアレンジの三十六景。とにかく外しまくってくるのが凄いです。
 
乾山×皆川明
乾山の色絵に対峙するミナペルホネンの模様。古来のデザインと現代のデザインのぶつかり合い。自然に発したものたちは一つにつながっていく。
  
Img_e9621
 
蕭白×横尾忠則
パワー×パワー。癖×癖。とにかく強さを感じます。こちらも並べにもう少し工夫があると良かったかも。
 
 
 
KENICHIRO FUKUMOTO うみつちのかけら と うつわ
https://www.nact.jp/information/museumshop/gallery/FUKUMOTO_KENICHIRO/
B1F SFT GALLERY
2020/6/11-7/20
 
流木とセラミックが組み合わさる作品。これらの異物が一体になるというより、異物感を楽しむものなのかな。
 

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »