« 2020年7月 | トップページ

Chocomoo EXHIBITION -OUR SECRET PARTY- 

Chocomoo EXHIBITION -OUR SECRET PARTY- 
https://chocomoo-exhibition.com/
WITH HARAJUKU HALL
2020/8/13-9/28
 
Img_e2199
 
イラストレーター Chocomoo個展「Chocomoo EXHIBITION -OUR SECRET PARTY-」に行ってきました。会場は原宿駅のすぐ前、IKEAやユニクロが入っているビル「WITH HARAJUKU」の中のホールです。
 
Img_e2280
Img_e2191
 
このWITH HARAJUKUは建築家 伊東豊雄が設計にかかわっているビル。吹き抜けやテナントの間にある通路をぶらぶら歩き、そこから見ることの出来る景色などを楽しむような建築でした。
 
Img_e2195
Img_e2196
 
3階、神宮の森を眺めるテラスにはグザヴィエ・ヴェイヤンの作品。良い眺めです。この景色だけでもここに寄りたくなります。
 
Img_e2264
Img_e2211
 
さて、展覧会ですが、Chocomooさんはいろいろな広告やメーカーとのコラボ作品などで活躍中の方。モノトーンな絵でありながらも目を引くポップな世界感はどこかで見たことがあるのではないでしょうか。
 
Img_e2231
Img_e2221
 
モノトーンの中には白黒のみの絵もあり、単色の色を地として使ったものもあり、差し色でアクセントを付けているものもありと色々なパターンが見えます。
 
Img_2230
Img_e2212
 
60-70年代のグラフィティに繋がる雰囲気だなぁと思いながら見ていたところ、入ってすぐのところにウォーホルやバスキアなどの写真へのペインティングを発見。これらのアーティストへのラブレターの様ですよね 。
 
Img_e2242
Img_e2275
 
音楽と相性が良いのか今までも安室奈美恵、AI、きゃりーぱみゅぱみゅなどとのコラボを実施。先ほどの写真ペイントにはラモーンズのジョーイ・ラモーンも居ましたね。ピアノへペイントしたものも展示されています。
 
Img_e2234
Img_e2238 
 
おそらくご本人も音楽が好きなようで、様々な音楽に関する絵がありましたその中でもこの絵に注目。手に取っているのはマイケル・ジャクソンやビートルズ。壁にはパンクミュージシャン、リチャード・ヘルのポスターも。
 
Img_e2236
Img_e2239
 
そしてデビッド・ボウイのアルバム「アラジン・セイン」が頭だけ出しているのも見逃がせません。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドがあったかと思えば、ビョークなどの最近の音楽もあるという、音楽好きには見ていて楽しい絵。
 
Img_e2214  
Img_e2226
 
展示では撮影コーナーあり、ライブペインティングあり、ミラー張りフレームで自撮りできる作品もあり、と様々な工夫がありました。今どきの若い人たち向けた展覧会になっています。
  
Img_e2251
Img_e2265
 
また、丸やハートなどの変形画版などへの配置のうまさやタイポグラフィとしての文字のデザインも良い。ここら辺のうまさがメーカーとのコラボに繋がっている気もします。
 
Img_e2268
Img_e2276
 
びっくりしたのが、グッズの豊富さ。種類が多くて、まるでライブ会場のグッズコーナーみたい。身近に置いておきたい親しみやすさで人気なのでしょうか。 
  
今ならアートファンは明治神宮ミュージアムや太田記念美術館と絡めても良いですし、同じビルに入っているIKEAに遊びに行くのも楽しいですね。パンケーキの美味しい店もあり、原宿はいろいろ便利な場所です。
 

| | コメント (0)

桜 さくら SAKURA 2020 ―美術館でお花見!―

桜 さくら SAKURA 2020 ―美術館でお花見!―
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2020/sakura2020.html
山種美術館
2020/7/18-9/13
 
山種美術館のコロナ復帰の展覧会は桜尽くし。夏に桜?と思ったものの、いや、良いものですね、桜尽くしを夏に楽しむのも。
 
Img_e1474
 
そう、この展覧会は春に開催する予定だったもの。コロナの影響で延期したわけですが、敢えてこの夏に桜の展覧会をそのままもってきくれました。涼しい館内で夏の花見。
 
Img_e1481
 
やはり一年のどこかで奥村土牛《醍醐》は見たいですよね。大観、春草などが描く桜たちだってあります。となると季節がずれても桜の展覧会は必要なのですよ。そうなんです。 小林古径《桜花》や夜桜コーナーの速水御舟など大きくない作品が個人的には好きです。 千住 博の夜の桜もありました。
 
Wkzz0284
 
ここに来たらカフェに寄ってしまいますね。この暑い夏に神戸サイダーがおいしかった……。

| | コメント (0)

三井家が伝えた名品・優品 第1部 東洋の古美術/第2部 日本の古美術

三井家が伝えた名品・優品 第1部 東洋の古美術
http://www.mitsui-museum.jp/
三井記念美術館
2020/7/1-7/29
 
三井家が伝えた名品・優品 第2部 日本の古美術
http://www.mitsui-museum.jp/
三井記念美術館
2020/8/1-8/31
 
三井記念美術館が持っている極上の品々を一挙公開!な展覧会です。コロナの影響もありいろいろな美術館が所蔵品を中心にした展覧会を開催していますが、ここの展示はモノのすばらしさを直球で伝えてくる展示でした。
 
Img_e0946
 
2回に分けて開催しないと足りないくらいの名品を持っている三井家ゆかりのこちら、1部は中国など東洋から日本へ来た品々。そして2部が日本の古美術となっています。
第1部は拓本のコレクションや刺繍の掛け軸などちょっと変態的にすごいものが並んでいました。切手のコレクションなどもあり。そしてやはり第2部のすごさ。
 
Img_0950
 
茶道具として名品と呼ばれるものばかりの展示。楽焼き祭り?と言うほど楽焼の力強い名品が揃い、その横に野々村仁清の花形の器「流釉輪花建水」の可憐な器が並ぶ。そして応挙まつり?というくらいに円山応挙の良い作品が並ぶのも三井家ならでは。書も見事で紀貫之の器用さ、小野道風の押し付け系センス行成の計算高さなど素晴らしかった刀は則宗が見事としか言えない風合い。利休の細い削られた茶杓も良い。
  
Img_e0953
 
ロビーのイサムノグチソファがディスタンスバージョンになっていましたね……。

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ