« 西武鉄道新型特急車両「Laview」(デザイン 妹島和世) | トップページ | 画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン »

幻想の銀河 山本 基×土屋仁応

幻想の銀河 山本 基×土屋仁応
https://www.company.theginza.co.jp/space/
ザ・ギンザ スペース
2020/6/2-8/2
 
Img_e8204
Img_e8249
 
ザ・ギンザ スペースの今回の展示も良かったです。前回の展示「しきのいろ 志村ふくみ・洋子 × 須田悦弘」も良かったですが、今回も同じような無駄の無い、キリッとした、静かな展示です。
 
Img_e8206
Img_e8265
 
山本 基の塩の造作で作られた空間の中に土屋仁応の木彫りの鹿たちが佇みます。入った瞬間にピリリとした静けさを感じて背筋が伸びるような展示です。
 
Img_8225_20200609103501  
Img_e8260
 
山本さんの作品は床に塩を固めて模様を作っていくもの。迷路の様にも、生物の這った跡のようにも見えます。天上と床がガラス面になっているので無限に映り込んでタイトルの様に銀河を思わせます。
 
Img_e8220
Img_e8246 
 
ガラスの反射によって塩の模様が壁に影を投げかけています。単独の作品も一点掲示。
  
Img_e8242
Img_e8219
 
土屋さんの鹿達はその銀河の中に存在します。まるで水溜りの中で遊ぶようにも見える7匹の鹿達。そして鹿を見守るようにその上空に浮かぶ惑星のような木彫りの球。
  
Img_e8228   
Img_e8210
 
群れを成すように鹿達は白い銀河にあつまり、思いをはせています。土屋さんの作風でもある、凛としたその姿は実在の生々しさと、想像上の高貴な世界、その両方を実現しているもの。
 
Img_e8271
 
一匹、少し遅れて参加しているようにも見えるのが一番小さな個体。何か気になることがあるのか振り向き確認をしながら群れに参加。
 
Img_e8273
Img_e8233-1
 
ガラスの反射の光を受けながら、時間を停めているように白い銀河の雲の世界を生きる尊い鹿。
 
Img_e8285
Img_e8284
 
そして少しはなれたところから7匹の鹿達を見守るように眺める鹿の王。ガラス玉のその目はとても優しく感じられます。
 

|

« 西武鉄道新型特急車両「Laview」(デザイン 妹島和世) | トップページ | 画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西武鉄道新型特急車両「Laview」(デザイン 妹島和世) | トップページ | 画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン »