« 九州紀行その3:大分市行程 | トップページ | 幻想の銀河 山本 基×土屋仁応 »

西武鉄道新型特急車両「Laview」(デザイン 妹島和世)

年明けに西武鉄道の新型特急「Laview(ラビュー)」に乗ってきまいた。建築家 妹島和世がデザインを手がけた特急です。
 
Img_e3236
  
西武鉄道新型特急車両「Laview」
https://www.seiburailway.jp/railways/laview/
https://www.seiburailway.jp/express/limitedexpress/laview/about/
  
Img_e3289
Img_e3300
 
景色を写しこむ銀色の車体。未来的な曲線を描くフェイス部はガラス面まで曲線。そして足元まで広がる大きな窓がすごいです。「今までに観たことがない」車両を目指したとの事。車体は風景に溶け込むようにしたそうです。
 
04206
04219
 
インテリアも特徴的。間接照明を使った曲面天井に黄色い座席が引き立ちます。照明デザインは照明家 豊久将三。そして窓が大きい故に外の景色が良く見える。秩父の山の中を走ると足元まで緑で気持ち良さそうです。
 
04209
 
04210
 
テキスタイルデザイナー 安東陽子がデザインを手がけた黄色い座席は身体をすっぽりと包みこみます。高さの変わるヘッドレスト、背面テーブルなど。座席につく丸い取っ手がかわいい。
 
04211
04207
 
小さな手元のアームテーブルもまるくてかわいい。その下にコンセントがあるのもとても便利。荷物を置く棚板が透明なのも頭上をすっきり見せています。


Img_e3260
04208
 
すっきりと見せているブラインドカーテン止め。シンプルなデザインと最低限の機能でカーテンをおさめています。
 
04212
04213
 
入口エントランス部分も黄色く曲線を使ったデザイン。パウダールームはゆったり目。拡大鏡などもあって、女性のことを考えているデザイン。
  
04215
04216
04214
 
サインのデザインは親しみのあるデザイン。トイレとパウダールームで女の子の首の角度が違うなど細かいところも。
 
Img_e3279
Img_e3304

車内ビジョンにもサインと同じデザインのグラフィックを使用。シルバーの車体にテイストの違うシルバーの車名サインが上品です。グラフィックデザインは建築家 棚瀬純隆。
 
いまトピでこの「Laview」のことを書きましたので是非みて下さい。
 
新型特急「Laview(ラビュー)」がカッコイイ!空気が綺麗なところへ遊びに行こう
https://ima.goo.ne.jp/column/article/8158.html
 
この特急で飯能の「ムーミンバレーパーク」へ行きたいです。ただ、窓の大きさなど考えるとやはり秩父の山の中が映えそう。そこまで行った方がこの電車の良いところを堪能しきれるかもしれません。
 

|

« 九州紀行その3:大分市行程 | トップページ | 幻想の銀河 山本 基×土屋仁応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九州紀行その3:大分市行程 | トップページ | 幻想の銀河 山本 基×土屋仁応 »