« 別府アート、建築編 | トップページ | 九州紀行その1:由布院行程 »

大分市アート、建築編

今年の初めに行った九州大分旅行、由布院、別府、大分市と廻りましたが、最後に廻った大分市の建築/アート情報まとめ。
 
ちなみに今回(年のはじめ)の九州旅行の全体はこちら。
九州紀行その1:由布院行程
九州紀行その2:別府行程
九州紀行その3:大分市行程
 
 
 
大分駅府内中央口広場屋外トイレ
建築設計:矢橋徹、伊藤憲吾(伊藤憲吾建築設計事務所)
https://www.yabashi-aa.com/works/article/44
 
Img_4060
 
まずは大分駅前でふと目に入った建物。トイレがなかなかイイ感じです。
 
 
 
大分駅北口、山口晃氏原画による陶板画「島尽鐵道圖」(しまづくし くろがねのみちず)
※書籍「本気になって何が悪い」(2017 年 唐池恒二著)の表紙画
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2018/02/09/180209ooitastation.pdf
 
Img_4340_20200528100601
 
大分駅には山口晃氏原画による陶板画(制作:大塚オーミ陶業株式会社)がありました。実はこれ2作目(2018年2月作成)で同じ入口の逆側にもう一つ、1作目(2017年10月作成)の陶板画「九州鐡道驛中驛外圖」があったということです。見逃しました。
 
 
 
大分銀行赤レンガ館
建築設計:辰野 金吾
https://www.oitabank.co.jp/atm/akarengakan/
 
14
 
大分の建築と言えばこの辰野 金吾 の建物です。現役で使われているというのが凄い。
  
 
 
鈴木ヒラク「点が線の夢を見る」(地下道アート)
大分市中央通り線地下道(大分銀行赤レンガ館付近)
http://www.beppuproject.com/work/1614
 
13
 
逢坂 卓郎「生成と消滅 大分市」(地下道アート)
大分駅前地下道北側通路
https://www.city.oita.oita.jp/o154/machizukuri/toshi/art.html
 
Img_4334
 
地下道にアート作品を展示するプロジェクトをやっていました。鈴木ヒラクさんの作品は赤レンガ館の前の地下道です。
 
 
 
大分県立美術館 OPAM
建築設計:坂茂
https://www.opam.jp/
 
8
Img_4145
 
もちろん坂茂 設計のOPAMも行きました。CDL 平野敬子×工藤青石のサインデザイン。
 
Img_4137
Img_4140

須藤玲子やマルセル・ワンダース、ミヤケマイのパブリックアートもあります。大分県立美術館に関しては別エントリでまとめてありますので参照下さい。
 ↓
大分県立美術館 OPAM:建築/パブリックアート(建築設計:坂茂)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/06/post-a4183a.html
 
 
他にも大分市には様々な建築やアート施設(磯崎新のアートプラザや大分市情報学習センターや岩田学園、黒川紀章の大分スポーツ公園総合競技場、大分市美術館)があります。時間が無く見ることが出来ずでした。あと、街中のどこかに藤本壮介のHouse Nもあるのですよね。帰りの空港行きバスからどこかに見えないかなぁ、と探してしまいました(見つからず)。

|

« 別府アート、建築編 | トップページ | 九州紀行その1:由布院行程 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別府アート、建築編 | トップページ | 九州紀行その1:由布院行程 »