« ドローイングの可能性/もつれるものたち/いまーかつて 複数のパースペクティブ | トップページ | 気になるアート展メモ2020年変更版(6/25再更新) »

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/olafur-eliasson/
東京都現代美術館
2020/6/9-9/27
変更
 
 
Img_e8638
Img_8483
《太陽の中心への探査》
 
この展覧会が開催されたのが本当に嬉しい。2005-2006年に原美術館で開催された個展を見てとにかく感動した。2009-2010年に金沢21世紀美術館で開催された個展も観に行きました。東京での久々の美術館レベルでの個展開催と言う事で本当に楽しみにしていました。
 
 
Img_e8484

Img_8643
《太陽の中心への探査》床や壁に映る光
 
作品として美しく、今で言えば映えるという表現となるかもしれません。美術館に垣根をつくりたくない、普段美術館に来ない人にも楽しんで欲しいというエリアソン。
 
 
Img_e8494
Img_e8500
《あなたに今起きていること、起きたこと、これから起きること》照明を背に自分の影を壁に映すもの
 
その上でそれを体験することによって環境問題などについて考えるきっかけをつくることにつなげている。それも仕掛けとしてはとにかく単純で、それでいて美しく、楽しい、このバランスが素晴らしい。
  
 
Img_8468 
Img_8664 
《ビューティー》
 
今回の展覧会で最も美しいと思う作品はこの初期の作品《ビューティー》。原美術館の展覧会にもありました。ただ水のしぶきをカーテンにして光を当てているだけの作品。それが美しく、感動に繋がるのです。
 
 
Img_e8540
Img_e8656
《ときに川は橋となる》
 
新作《ときに川は橋となる》も美しい。金沢21世紀美術館の所蔵品、水を使った作品「水の彩るあなたの水平線」の変形のようにも見えます。あちらのは水に映る虹が壁に映りますね。
 
 
Img_e8558
《溶ける氷河のシリーズ 1999/2019
 
今回の展覧会で最もコンセプトを現していると思う作品はこの《溶ける氷河のシリーズ 1999/2019》。1999年に撮影した氷河を10年後の2019年に同じ場所から撮影したもの。こんなに氷河が溶けているとは……氷河って物凄く分厚い塊なのでそう簡単に溶けないんですよね。
 
Img_e8648
 
そしてもう一つ、コンセプトを現しているものと言うと……この装置。展示の一部だと思いますが太陽光で電気をまかなっているのですね。
 
 
Img_e8518
Img_e8509
《サステナビリティの研究室》《力と思いやりの領分(マインドマップ)no. 2,3,5,6,7,8,9,10,11,14》
 
今回の展覧会では、今までの展覧会よりも少し環境へのメッセージの出し方はストレートになっている気がします。少し意識高い観が出てます、笑。ただ、氷河の作品からわかるようにこの10年で環境に対する問題がより進んでいると言うことでしょうか?
 
 
Img_e8523
Img_e8644
《人間を超えたレゾネーター》
 
とは言いつつも、小難しい感じがありながらも、単純な仕掛けで美しさで目を引くのがエリアソン作品。光や水などの自然現象を使いながらも科学的な反応を絡めて、不思議な美しさを出しています。
 
 
Img_e8647
Img_e8536
《おそれてる?》
 
光の波長と色、水と光による虹、人の目による残像、少しの仕掛けで見せるその作品は実は色々なことを語っている。そういう見せ方がとてもうまい作家さんですね。

 

 

 
 
Img_e8472
Img_8477
《クリティカルゾーンの記憶(ドイツ-ポーランド-ロシア-中国-日本)no. 1-12》
 
これなんだろう?と思って解説を読むとそうなっているのか!と繋がってくる、そんな楽しさがこの展覧会にはあります。揺れや動きを感知して描かれる装置を飛行機や電車で運ぶと上の様な写真の作品が出来上がります。つまり二酸化炭素の排出の形ともいえるのです。これも、素通りしていたらその意味はわかりません。
 

 

 
Img_e8471
《あなたの移ろう氷河の形態学(過去)》、《メタンの問題》、《あなたの移ろう氷河の形態学(未来)》
 
Img_8522_20200616144901
《サンライト・グラフィティ》、《あなたの光の動き》
 
氷河の氷を溶かしたにじみで描いた絵や、ソーラーライト「リトルサン」で壁に描く絵なども同じく。ソーラーライトでのお絵かきは体験可能(かなり人気なので待ち時間あり。早い時間に行って真っ先にこの展示の整理券をもらうのが良いでしょう。)。このソーラーライト「リトルサン」 はショップで販売しています。この売上は電気の無い地域の人が「リトルサン」 を安価に手に入れるために使われるとの事です。
 
 
Img_e8535
《おそれてる?》
 
ずっと同じメッセージを伝え続けているエリアソン。根っこは変わらないまでも少しづつ新しくなり、進化して、そのメッセージを広げているようです。今後もこのメッセージや作品を見ていきたいです。
 

 

|

« ドローイングの可能性/もつれるものたち/いまーかつて 複数のパースペクティブ | トップページ | 気になるアート展メモ2020年変更版(6/25再更新) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドローイングの可能性/もつれるものたち/いまーかつて 複数のパースペクティブ | トップページ | 気になるアート展メモ2020年変更版(6/25再更新) »