« コートールド美術館展/茶の湯の名碗「高麗茶碗」/「PLAY!MAGAZINE」創刊記念展 | トップページ | 淺井裕介「野生の星2」/吉田ユニ展「Dinalog」 »

メトロポリタン美術館所蔵 竹工芸名品展/「みえないかかわり」イズマイル・バリー/フェイペル&ベシャメル「月と太陽」/GHOSTBUSTERS IN THE PARK/マルク・シャガール — 夢を綴る/デザイン百貨店/椅子の神様 宮本茂紀の仕事/Colliu「ディア マイ プリンス―Dear My Plinth―」/谷本景展 古代からⅡ

メトロポリタン美術館所蔵 竹工芸名品展 ― ニューヨークのアビー・コレクション
http://www.momat.go.jp/cg/2019-schedule/
東京国立近代美術館 工芸館
9/13-12/8
 
Img_0710
 
竹でこれを作りますかと言う様な実験的な作品や竹工芸の新しい広がりを作ったような作品まで見応えある展示でした。
 
Img_0817
 
竹の細さや色、そして編み方の組み合わせで無限に広がる可能性を見せられたようです。ここで編み方変えますか?とか、この細さで構造を構築しますか?というものなど。
 
Img_0867
 
用の美でもあり、アートでもある、もしくはそのどちらかに偏ったものや、そのどちらでもないものまで。過去の作品から現代まで網羅している展覧会でした。
 
 
 
「みえないかかわり」イズマイル・バリー展
https://www.hermes.com/jp/ja/story/maison-ginza/forum/191018/
銀座メゾンエルメス フォーラム
10/18-2020/1/13
 
Img_1171
 
一貫したテーマの中には「光」があるようです。光の中にみえるもの。光が無くてはみえないもの。光で作る、そして光以外のものでつくる空間。
 
 
 
フェイペル&ベシャメル「月と太陽」
https://www.hermes.com/jp/ja/story/maison-ginza/window-display/191017/
銀座メゾンエルメス ウィンドウ・ディスプレイ
10/17-2020/1/14
 
Img_1156
 
銀座メゾンエルメスのウィンドウディスプレイが変わっていました。ベルギー人アーティストらしいです。
 
 
 
GHOSTBUSTERS IN THE PARK
https://www.ginzasonypark.jp/program/019/
Ginza Sony Park PARK
10/14-12/8
 
Img_1155

すいません、新しいゴーストバスターズが数年前にやっていたの忘れてました。
 
 
 
マルク・シャガール 夢を綴る
https://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/archive/detail_201910.html
POLA MUSEUM ANNEX
10/4-11/4
 
Img_1185
 
いつもより高年齢の方が多かったですね。有名な作家はやはり吸引力がすごいです。
 
 
 
デザイン百貨店―百花繚乱ブティックデザイン―
https://www.takashimaya.co.jp/shiryokan/tokyo/archives/
高島屋史料館TOKYO
10/23-12/22
 
Img_1191
 
インテリアデザイナー近藤康夫さんのお仕事、そして倉俣史朗さんの名作椅子≪ミス・ブランチ≫の展示。
 
 
 
椅子の神様 宮本茂紀の仕事
https://www.livingculture.lixil/topics/gallery/g-1906/
LIXILギャラリー
9/5-11/23
 
Img_0984
 
宮本茂紀さんが手がけた椅子や修復された椅子など。あの有名建築家デザインの椅子もありました。こだわりだけでなく新しいことも試している、これこそ職人。
 
 
 
Colliu「ディア マイ プリンス―Dear My Plinth―」
https://www.livingculture.lixil/topics/gallery/g2-1910/
LIXILギャラリー
10/12-12/24
 
Img_1014
 
様々な名画のモチーフを単純化してデザインに落とし込み立体化。それでも元絵がわかるのが面白い。力ある絵だからだろうか?
 
 
 
谷本景展 古代からⅡ
https://www.livingculture.lixil/topics/gallery/g3-1909/
LIXILギャラリー
9/3-11/12
 
Img_1012
 
土に埋もれて朽ちかけるもの、を創作物で出す感じというのは何か一周廻ってたどり着いた境地だろうか?
 
 

|

« コートールド美術館展/茶の湯の名碗「高麗茶碗」/「PLAY!MAGAZINE」創刊記念展 | トップページ | 淺井裕介「野生の星2」/吉田ユニ展「Dinalog」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コートールド美術館展/茶の湯の名碗「高麗茶碗」/「PLAY!MAGAZINE」創刊記念展 | トップページ | 淺井裕介「野生の星2」/吉田ユニ展「Dinalog」 »