« 虫展 -デザインのお手本-/カルティエが魅せる職人技/黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 - 美濃の茶陶/私の選んだ一品 -2019年度グッドデザイン賞審査委員セレクション /辰野金吾と日本銀行/エドワード・ゴーリーの優雅な秘密 | トップページ | メトロポリタン美術館所蔵 竹工芸名品展/「みえないかかわり」イズマイル・バリー/フェイペル&ベシャメル「月と太陽」/GHOSTBUSTERS IN THE PARK/マルク・シャガール — 夢を綴る/デザイン百貨店/椅子の神様 宮本茂紀の仕事/Colliu「ディア マイ プリンス―Dear My Plinth―」/谷本景展 古代からⅡ »

コートールド美術館展/茶の湯の名碗「高麗茶碗」/「PLAY!MAGAZINE」創刊記念展

コートールド美術館展 魅惑の印象派
https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_courtauld.html
東京都美術館
9/10-12/15
 
Img_e1280
 
なんか、今年は○○○美術館展とか印象派的な展覧会多い気が。そういうのはあまり観に行きませんでしたが、この展覧会はかなり上質な印象派からポスト印象派あたりの作品が揃っています。そして空いている……笑。
 
 
 
茶の湯の名碗「高麗茶碗」
https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/3997
三井記念美術館
9/14-12/1
 
Img_e1279
 
高麗茶碗の名品がずらっと並んでいて、もともと似たようなものが多い茶碗ではありますが、見比べられるように展示されています。ただし、解説の文章が難しい。茶碗の部位の名称など普通の人は知らない言葉を知っていないと判らない解説になっている。茶碗好きしか来なくて良いということだろうか?知らない人が何を知らないのかを知っている人は知らない、と言うことかと思います。部位名称の図解などが配布資料にあれば良いのになぁ、と思いました。
 
 
 
「PLAY!MAGAZINE」創刊記念展
http://bluesheep.jp/PLAY-MAGAZINE
PLAY!KICHIJOJI
11/2-12/1
 
Img_1235
 
図録などの出版で最近話題のブルーシープが参加している「PLAY!」と言う施設。立川に出来る子どのものための遊び場とミュージアム施設。この施設のイメージマガジン「PLAY!MAGAZINE」の創刊記念展です。この施設のコンセプトとか良いなぁ。好きです。
 
 

|

« 虫展 -デザインのお手本-/カルティエが魅せる職人技/黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 - 美濃の茶陶/私の選んだ一品 -2019年度グッドデザイン賞審査委員セレクション /辰野金吾と日本銀行/エドワード・ゴーリーの優雅な秘密 | トップページ | メトロポリタン美術館所蔵 竹工芸名品展/「みえないかかわり」イズマイル・バリー/フェイペル&ベシャメル「月と太陽」/GHOSTBUSTERS IN THE PARK/マルク・シャガール — 夢を綴る/デザイン百貨店/椅子の神様 宮本茂紀の仕事/Colliu「ディア マイ プリンス―Dear My Plinth―」/谷本景展 古代からⅡ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虫展 -デザインのお手本-/カルティエが魅せる職人技/黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 - 美濃の茶陶/私の選んだ一品 -2019年度グッドデザイン賞審査委員セレクション /辰野金吾と日本銀行/エドワード・ゴーリーの優雅な秘密 | トップページ | メトロポリタン美術館所蔵 竹工芸名品展/「みえないかかわり」イズマイル・バリー/フェイペル&ベシャメル「月と太陽」/GHOSTBUSTERS IN THE PARK/マルク・シャガール — 夢を綴る/デザイン百貨店/椅子の神様 宮本茂紀の仕事/Colliu「ディア マイ プリンス―Dear My Plinth―」/谷本景展 古代からⅡ »