« 印象派からその先へ/アート解放区 DAIKANYAMA | トップページ | 目【me】 非常にはっきりとわからない »

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく/ダムタイプ―アクション+リフレクション/MOTアニュアル2019 Echo after Echo/MOTコレクション 第3期

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/minagawa-akira-tsuzuku/
東京都現代美術館
11/16-2020/2/16
 
Img_3063
 
洋服のブランド「ミナペルホネン」の展覧会です。布からつくり、流行にとらわれないものを作るという皆川明さんの強い意思を見た気がします。
 
Img_3064
 
古いフォルムのようにも見えるその服たちはとてもオシャレにも見えます。きっと10代で着たものが40代でも60代でも、きっともっと上の年齢になっても着ることが出来るのだと思います。
 
Img_3079
 
後半の展示室で実際にミナの服を着た人たちのエピソードの展示がありました。服に出会ったとき、力づけてもらったときなど一つ一つのエピソードに物語があります。
 
Img_3082
 
皆川明さんが構想し、中村好文さんが設計した家はフィボナッチ数列を使ったもの。黄金比を元にした自然の中にある曲線は生活にも馴染むのでしょうか?
 
 
 
ダムタイプ―アクション+リフレクション
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/dumb-type-actions-reflections/
東京都現代美術館
11/16-2020/2/16
 
Img_3114
 
ダムタイムの展示はカッコイイと思う、現代でも。パフォーマンスもふくめた活動団体でもあるので映像を見るべきなのでしょうけど、ちょっと全部見ると疲れそうなので、そこはまた今度……。
 
Img_3120
 
昔から活動しているグループでもあるので、以前のかっこよさを追っているところもあるかもしれない。
 
Img_3130
 
既に少し古いイメージのものもあるかもしれない、技術も今はもっといい物があるかもしれない。それでもやはりダムタイプを見るとカッコ良いと思ってしまうのですね。
 
 
 
MOTアニュアル2019 Echo after Echo:仮の声、新しい影
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/mot-annual-2019/
東京都現代美術館
11/16-2020/2/16

ごめんなさい。まったく面白く無かった。良く判らない展覧会でした。中に入ってこなかったなぁ。
 


MOTコレクション 第3期 いまーかつて 複数のパースペクティブ
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/20191010120416/
東京都現代美術館
11/16-2020/2/16
 
Img_3140
 
こちらは楽しめました。オノ・ヨーコの展示が撮影OKに。丸と線で埋め尽くす人(オノサト・トシノブ)が面白かった。
 
Img_3148
 
宮島達男も古い材料を使った展示品ですがデジタルカウンターに絞ってこだわったのが良かったかかっこいいですよね。
 
 

|

« 印象派からその先へ/アート解放区 DAIKANYAMA | トップページ | 目【me】 非常にはっきりとわからない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 印象派からその先へ/アート解放区 DAIKANYAMA | トップページ | 目【me】 非常にはっきりとわからない »