« 中谷ミチコ : 白昼のマスク / 夜を固める/日本の素朴絵/TOKAS-Emerging 2019 | トップページ | 伊庭靖子展 まなざしのあわい/トーハク BEER NIGHT! 2019 »

Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ― 未来をになう日本画新世代 ―

Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ― 未来をになう日本画新世代 ―
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2019/seed2019.html
山種美術館
8/10-8/23
 
山種美術館が現代の日本画家のための公募展を新たに設立したのが2016年でした。そしてその2回目「Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ― 未来をになう日本画新世代 ―」が今年開催されました。前回の時に、まぁ、知らない作家さんばかりだし、と観に行くのを後回しにしていたのですが、実際に行ってみたらすごく良い作品ばかりだったのが記憶にあります。
 
Img_9411
 
結論から言うと今回の受賞・入選作品44点もかなり見応えありました。同時代を生きる、今だからこその日本画をみることがこんなに楽しいとは!いや、同時代だから、同じ感覚をもつからこその楽しさなのかもしれませんね。
 
前回の感想

Seed 山種美術館 日本画アワード 2016 ―未来をになう日本画新世代―
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2016/06/seed-2016-51b6.html
 
今回も私なりの好きな作品をあげたいと思います、が、その前に今回の大賞、優秀賞、特別賞の3点のご紹介。この3点のみ撮影OKでした。
 
 
Img_9394
 
Img_9399
 
大賞 安原成美 《雨後のほほ》
大賞のこちらは鮮やかな青が印象的な絵で、この色使いがとても綺麗だと思います。枝などはたらしこみの技法で描かれていたり伝統をしっかりと下地にしているのがわかります。これは私も好きな作品の一つです。
 
 
Img_9396
 
Img_9402
 
優秀賞 青木秀明 《鴯鶓ノ図 -飛べない鳥-》
飛べない鳥のエミューと、そこにオーバーラップして重なるように空を飛ぶ猛禽類のイメージ。花や蝶も描かれていて、ストーリー性が感じられる作品でした。
 
 
Img_9404
 
Img_9408
 
特別賞 近藤守 《nostalgie》
森のイメージと駅のイメージを重ねて描かれています。まるで写真のコラージュのような作品ですが、これが日本画として描かれているというのが驚きます。
 
 
Img_9393
 
さて、と言うことで「Seed 山種美術館 日本画アワード2019」で私が好きだった作品、勝手にアワードをはじめます。
 
個人的大賞 小川遥 《やすらい花》
この絵は素晴らしかったです。ただ、写真や図録をみても判らない、実物を見ないとわからない良さ。事前にホームページ等でチェックしていた時はこの絵はノーチェックでした。オレンジ色の地に白く盛り上がる藤の花。構図や間も良く、色のない花の絵なのに、それらが浮き出てくるように奥行き感を感じます。近くで見て、ふと目を留めてしまう作品でした。
 
個人的優秀賞 北川安希子 《新天地》
この絵は見上げた感じの構図が素晴らしいのです。目の眩み、色のにじみを見ていると、この先に明るさがある、そこへ向かって行きたいと思ってしまうような、とにかく見ていて気持ちが良く、前に進みたくなる、そんな絵でした。この方は前回のアワードで、ハシビロコウの絵を描いていましたね。あれも印象に残っています。
 
個人的特別賞 小谷里奈 《彩光》
こちらも実物を見ないと判りにくい絵かもしれません。色のない像を通してその周りにある空気の色を見るような作品。白く点描の様に細かく描かれ、こちらも奥行き感が感じられる作品でした。
 
個人的激励賞 武田裕子《春光の庭》
あ、これ欲しい、と思った絵です。目を引いた絵が必ず欲しい訳でもないのが不思議ですが、実はこの作家さん、前回のアワードでも同じ「欲しい」という理由で選に入れたので、きっと好みなのでしょう。
 
そのほかに気になった作品
 
加藤丈史 《澪つくし》:白の情景が良いです。そう言えば前回の時も白が印象的でした。
川上椰乃子《画室の猫》:幾つかの対象に目線が移っていく様な構図が好きです。
柴田梓 《古人の山》:表現される世界感が好きです。
水津達大 《揺らぐ森》:色が綺麗で、これも欲しい絵の一つでした。
日向一夫《昆虫散華》:1枚の絵に時間を閉じ込めたような絵ですね。
桝谷友子《1月26日》:静かな世界観。絵の切れ目をうまく生かした手法も面白い。
山口暁子 《菊慈童》:表現がうまいですね。他の絵も見てみたいと思いました。
楊喩淇 《暁星沈》:タッチは荒々しく見えるのに、少し離れると繊細に見える絵。
渡邉志保 《翠影》:同系色の色づかいで埋めていく感じのセンスが好きでした。
 
 
美術館の館内やフェイスブックでも人気投票をやっていますね。
 
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019―未来をになう日本画新世代― 人気投票開催!
https://www.facebook.com/seed2019yamatane/
 
皆さんの好きな絵はどれでしたか? 
 

|

« 中谷ミチコ : 白昼のマスク / 夜を固める/日本の素朴絵/TOKAS-Emerging 2019 | トップページ | 伊庭靖子展 まなざしのあわい/トーハク BEER NIGHT! 2019 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中谷ミチコ : 白昼のマスク / 夜を固める/日本の素朴絵/TOKAS-Emerging 2019 | トップページ | 伊庭靖子展 まなざしのあわい/トーハク BEER NIGHT! 2019 »