« クリスチャン・ボルタンスキー - アニミタス II(CHRISTIAN BOLTANSKI - ANIMITAS II) | トップページ | トム・サックス ティーセレモニー(2回目)/COCHAEの絵付伝承折紙/NEWoMan ART wall. vol.17 津上みゆき w/ ANOMALY »

デザインの(居)場所

デザインの(居)場所
https://www.momat.go.jp/cg/exhibition/wheredesign2019/
東京国立近代美術館工芸館
5/21-6/30
 
Img_7832
 
工芸館所蔵のデザイン作品のコレクションの展覧会です。あのチラシやポスターのデザインを見て、もっと賛否分かれるチャレンジングな展示方法なのかと思ったけど、それほどではありませんでしたね。
 
Img_7826 
 
まぁ、いろいろ賛否両論ある攻めたデザインのポスターですが、ここまで横長にするとさすがにちょっとこのデザインでは無理があるかと…。
 
ただ、展示されているものはとても素晴らしいものばかりなので、これで250円ならオススメです。デザインや工芸に関係する人なら是非に。良いものを安く見ることが出来る展覧会。
 
 
Img_7854
 
「国境」という展示タイトルの最初の部屋にはカッサンドルのポスターやクリストファー・ドレッサーなどの作品。産業革命からアールヌーヴォー、アールデコ、バウハウスと様々な国のデザインを見ることができます。
 
Img_7844
 
Img_7856
 
時代や国を象徴するような様々な作品、ガレのガラス、マルセル・ブロイヤーの家具などがありました。
 
 
Img_7865
 
次は「領域」。奥にイサム・ノグチのあかりがあったり椅子やポスターなど須藤玲子の布作品などを見ることが出来ます。
 
Img_7881
 
Img_7879
 
椅子コーナーは剣持勇、柳宗理、イームズ、ブロイヤー、アアルトなど見応えのある名作チェア(とワゴン)が並びます。
 
Img_7867
 
一番奥には田中一光のグラフィック。各コーナーの床にはチラシのデザインを模したコーナーサイン。
 
Img_7888
 
この各コーナーのカテゴリー分けやその名でのコーナータイトル+その説明がここら辺から徐々にわかり難くなってくるんですよね。
展示品を選んでから、思いつくままに分けて、後からはめ込んでる感……。ちょっと表層的だと感じました。このテーマ分けやキュレーションが何を指しているのかは掴めなかったが、ま、先にも書いたように展示物は良いものばかりなのでそこを注目していきましょう。
 
 
Img_7896
 
Img_7914
 
続いては陶器関連の展示となります。人間国宝とデザイナーの作品を並べたり、エンツォ・マーリの作品(SAMOSシリーズのラインナップ全展示)が並んでいます。
 
Img_7919
 
Img_7918
 
エンツォ・マーリがデザインした陶器SAMOSシリーズは形の同じ材でも組み方で違うデザインになったり、同じ組み方でも形の違う材だと雰囲気が変わるとかやってる。
 
Img_7922
 
Img_7923
 
これらは組み方などに注目してみるとまるで竹や木の工芸品のデザインにも見えます。この人は更にこれをガラスでもやってるのが凄いです。
 
 
Img_7906
 
その間に「世界のポスター展」コーナーがありました。伊東深水のポスターは貴重ですね。
 
Img_7938
 
Img_7935
 
そして「時間」のコーナー。イサム・ノグチのあかりがここにもありました。森正幸のお碗を見ると形は同じでも色や模様で印象は凄く違うものだと気づきます。
 
Img_7930
 
Img_7929
 
亀倉雄策や松永真のポスターがあり、その前に椅子に座っていいよ!コーナーも。ジョージ・ナカシマの椅子って不安定そうに見えてすわり心地良いのが不思議です。
 
ほんとうに展示品はとても良いものばかりで、デザインと工芸をつなぐ様なものばかりの必見の展示なんだけど、「つかみどころのないデザイン」(チラシより)を掴みどころないまま表面的に分けて展示してしまった、的にしか見えなかった。なんでこの分け方なのか、がとても表層的に感じました。
 
Img_7951
 
Img_7953
 
最後にある人間国宝コーナーも忘れずに。また、この建物の家具や建物自体のデザインもゆっくりと見て欲しいところ。
 
Img_7955

 
工芸館は石川県へ移転することが決定しています。建物の移築ではないのでこの建物はここに残るのだと思いますが、どう使われるのでしょうか?取り壊されはしないと思いますが今の様に一般の人が入れる施設として使われるかは不明です。
 
Img_7828
 
今回、九段下から初めてこの館に向かったのですが、途中に通る北の丸公園がとても気持ちよかったです。このルートは良いですね。
 
Img_7958
 
あと、近くにある歩道橋ですが、これなんで段数をもっと増やして上を平らにしなかったのでしょうね?階段を上がってゆるやかにスロープになっているのは何故なのかなぁ、と思いました。

|

« クリスチャン・ボルタンスキー - アニミタス II(CHRISTIAN BOLTANSKI - ANIMITAS II) | トップページ | トム・サックス ティーセレモニー(2回目)/COCHAEの絵付伝承折紙/NEWoMan ART wall. vol.17 津上みゆき w/ ANOMALY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスチャン・ボルタンスキー - アニミタス II(CHRISTIAN BOLTANSKI - ANIMITAS II) | トップページ | トム・サックス ティーセレモニー(2回目)/COCHAEの絵付伝承折紙/NEWoMan ART wall. vol.17 津上みゆき w/ ANOMALY »