« 百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-/MOTコレクション ただいま / はじめまして | トップページ | トム・サックス「Smutshow」/LEE MINGWEI「THE TOURIST」/須田一政 追悼写真展/新里明士、田幡浩一 in light-Ceramic and Drawing/アキラ・ザ・ハスラー + チョン・ユギョン/ゲルハルト・リヒター "PATH" »

東京都現代美術館リニューアル

東京都現代美術館 MOTリニューアル
https://www.mot-art-museum.jp/renewal2019/
東京都現代美術館
 
Img_4916
 
Img_4920
 
東京都現代美術館リニューアルに際してサインや什器はスキーマ建築計画と色部義昭さんが担当。
 
Img_4923
 
Img_4927
 
Img_4926
 
色部さんのサインデザインは好きなのですが、このベニヤ合板と仮設パイプの様な什器やサインシステムはこの堅い建物にあってない気がした。
 
Img_4917
 
Img_5163
 
Img_5165
 
ぱっと見、軽い。ただ木の感じを表に出すのは堅い美術館のイメージを変えることには成功してるでしょうか。ただ、どうしてもチープ感が否めないのですよね。
 
Img_4925
 
Img_4918
 
ちゃんと木素材を使って木目を出すというよりもパイプの感じなどと合わせて合板ベニヤ風に見せているのが狙いなのか、それとも予算の都合上こうなってしまったのか、どうなんでしょうね。
 
Img_4921
 
Img_5166
 
Img_5164
 
サインに使われているグラフィックの規定のものを使っているものもあるのかな、トイレとか。描き下ろしていたとしても東京都が選んでいるので比較的硬い方向になるのはあるのかも。
 
Img_5159
 
Img_5161
 
Img_5158
 
Img_5157

飲食コーナーは地下と2階に登るところの2箇所。登る側はサンドイッチ屋さんですが、そこの外が開放されています。前からそうなのですが、なかなか外に出る人も少なかったので、ここを気軽に使えるようになるのは良いかも。
 

|

« 百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-/MOTコレクション ただいま / はじめまして | トップページ | トム・サックス「Smutshow」/LEE MINGWEI「THE TOURIST」/須田一政 追悼写真展/新里明士、田幡浩一 in light-Ceramic and Drawing/アキラ・ザ・ハスラー + チョン・ユギョン/ゲルハルト・リヒター "PATH" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-/MOTコレクション ただいま / はじめまして | トップページ | トム・サックス「Smutshow」/LEE MINGWEI「THE TOURIST」/須田一政 追悼写真展/新里明士、田幡浩一 in light-Ceramic and Drawing/アキラ・ザ・ハスラー + チョン・ユギョン/ゲルハルト・リヒター "PATH" »