« 塩田千春展:魂がふるえる/フェイクニュース?/走泥社―現代陶芸のはじまりに | トップページ | マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展 »

Mechanical Sensations/蚊遣り豚×36/PIXARのひみつ展

Mechanical Sensations
https://art-view.roppongihills.com/jp/shop/adgallery/mechanicalsensations/index.html
六本木ヒルズA/Dギャラリー
6/21-7/7
 
Img_8251
 
10名のアーティストのグループ展。注目はケント紙を使った作品を生み出す2大アーティスト、伊藤 航と小坂 学がそろっています。
 
Img_8255
 
この時計は小坂 学の作品。ペーパークラフトなんですよね、これ。リアルすぎです。
 
Img_8252
 
この細かい工作は伊藤 航のペーパークラフト作品。まさに基盤、回路といった今回のテーマ。
 
Img_8221
 
Img_8226
 
小坂 学作品は他にもあります。とにかく紙で球形に近いものを作るときはどうするのでしょうね。
 
Img_8241
 
Img_8242
 
Img_8244
 
伊藤 航の作品はさらに変質的(褒め言葉)。ファンのやつなんてたまらないですね。
 
Img_8224
 
Img_8225
 
ナカダマコトの少しづつ違う形の木彫を幾つも作り、それでコマ撮りアニメを作るという作品は大変そうですね。
 
Img_8236
 
Img_8237
 
照井 譲の樹脂のつぶを一つづつ置いて作っていった作品。根気が要りそうです。
 
Img_8234
 
村松英俊の良く見ると一部が大理石の彫刻になっている作品も面白い。

 
 
蚊遣り豚×36
https://art-view.roppongihills.com/jp/shop/news/2019/06/3235/index.html
六本木ヒルズ A/Dスペース
6/19-7/7
 
Img_8265
 
こちらは36人の作家が作った蚊取り線香入れの豚。
 
アサ佳、足立貴隆、伊豆野一政、伊藤千穂、稲垣 直、井上裕起、馬川祐輔、金田花季、兼行誠吾、小孫哲太郎、篠原 希、シマムラヒカリ、志村観行、白木千華、高木基栄、瀧下和之、田中雅文、ツォン ウェンティン、苫米地正樹、戸屋ちかこ、ナカムラジン、沼野秀章、原 泰介、原田省平、廣崎沙羅、穂高隆児、堀口彩花、正守千絵、水谷 満、宮岡貴泉、宮下サトシ、宮田 琴、村越琢磨、山口由次、山田浩之、横山玄太郎
 
Img_8263
 
井上裕起さんのは上にサンショウウオ!もう豚関係なく。
 
 
 
PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス
https://www.tokyocityview.com/pixar-himitsu-ten/
東京シティビュー
4/13-9/16
 
Img_8207
 
Img_8210
 
まぁ、正直ピクサーものはあまり今まで見たことないのですが、子ども達やカップルが楽しそうに遊んでいる雰囲気は良いですね。
 
Img_8208
 
Img_8211
 
女性の何人組かで来ている人も多いですが、ピクサーが好き仲間なのか、たまたま六本木ヒルズに来て遊んでいるのか。そういう、たまたま来ても楽しいと言うのはこう言うエンタメ系の展覧会の良いところ。
  
 
 
 
Img_8216
 
六本木ヒルズの上からの名建築見学。黒川紀章設計の国立新美術館が良く見えますね。
 
Img_8219
 
六本木ヒルズの上からの名建築見学。そうか、新国立競技場(隈研吾設計)がここから見えるのですね。あれがザハのあれだったらなぁ、と思ってしまいますよね……。
 

|

« 塩田千春展:魂がふるえる/フェイクニュース?/走泥社―現代陶芸のはじまりに | トップページ | マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩田千春展:魂がふるえる/フェイクニュース?/走泥社―現代陶芸のはじまりに | トップページ | マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展 »