« クリムト展 ウィーンと日本 1900 | トップページ | 国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅 »

東京インディペンデント 2019

東京インディペンデント 2019
https://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2019/tokyo_independent_2019/tokyo_independent_2019_ja.htm
東京藝術大学大学美術館 陳列館
4/18-5/5
 
Img_6091
  
アンデパンダン展、つまり無審査自由出展の展覧会です。600以上の作品出展申込みがあり、それによりオープン日も遅れるという顛末がありました。
 
Img_6075
 
会場内はその物量もありかなりカオスです。作品の合間を縫って会場を内を歩いていく感じで、勢いとパワーを感じられますが、その反面、作品を集中して観るのは難しいという点も。
 
Img_6065
 
これ、物理的許容量を超えて応募があったときはどうしていたのでしょうかね?いや、既に超えている感じですけど。
 
Img_6067
 
有名作家も参加しています。名和晃平の作品もありました。以前はキャプションが無かったようですが、私が行った時は貼り途中でしたが一部マステで作品名/作家名表記がされているものもありました。
 
Img_6077
 
Img_6076
 
O JUN作品も発見。ケースを開けると絵が出てきます。これは良いですね。このカオスの中で見つけたときにホッとしました。
 
Img_6070
 
Img_6074
 
知り合いでもある あおひー氏の作品もありました。2階の一番奥左手の上のほうの壁。黒地に白のヒビ、白地に黒のヒビの写真。これは電車の扉に貼られているシールのひび割れのようです。
 
Img_6087
 
とにかくこの勢いは凄いと思いました。勢いと言えば田中偉一郎の失敗作展示(笑)は勢いがありますね。
 
Img_6080
 
勢いだ、パワーだと言っていたら鹿野裕介作品のスズメに癒されました。
 






|

« クリムト展 ウィーンと日本 1900 | トップページ | 国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリムト展 ウィーンと日本 1900 | トップページ | 国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅 »