« TDC 2019 | トップページ | 松尾穂波個展「海の向こうをゆめみて」 »

色部義昭展「目印と矢印」

色部義昭展「目印と矢印」
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/201904/201904.html
クリエイションギャラリーG8
4/4-5/21
 
Img_5171
 
Img_5186 
 
亀倉雄策賞を受賞した色部義昭デザイン「Osaka Metro」CI計画を中心に様々なサインデザイン実績紹介。
 
Img_5187
 
Img_5188
 
「Osaka Metro」のサインは地下鉄のホームに居るかのように原寸大のサインや映像を見ることが出来ました。
 
Img_5185
 
Img_5181
  
他のサインも基本は原寸大の再現で見せてくれます。サインデザインは機能とデザインの両立が求めら得るもので、原寸で確認するのは大事ですよね。
 
Img_5183
 
Img_5184
 
美術館が多かったです。DIC川村記念美術館、市原湖畔美術館や須賀川市民交流センター、富山県美術館、天理駅前広場など。アンケートに答えるともらえる缶バッチが、サインで使われている「矢印」デザインをバッチにしたものなのですが、矢印一つでも全部デザインが違いうですよね。すごい。
 
Img_5177
 
Img_5191
 
リニューアルしたばかりの東京都現代美術館もありました。こちらは実物を既に観に行っていますが、正直しっくりきませんでした。合板ベニヤそのままの素材感が館に負けていると言うか。柔らかくイメージを変えるという点では良いのですが……。
 
Img_5175
 
Img_5173
 
ギャラリーの入口にある説明からのデザインでしょうか。判りやすい図柄が特徴の色部さんのデザインをじっくり観る良い展示です。

 

|

« TDC 2019 | トップページ | 松尾穂波個展「海の向こうをゆめみて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TDC 2019 | トップページ | 松尾穂波個展「海の向こうをゆめみて」 »