« 世紀末ウィーンのグラフィック | トップページ | 東京インディペンデント 2019 »

クリムト展 ウィーンと日本 1900

クリムト展 ウィーンと日本 1900
https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_klimt.html
東京都美術館
4/23-7/10
 
Img_6050
 
クリムト展、今までウィーン分離派展の中のクリムトなどとして開催されていましたが、クリムトの名前が単独に出てくるのは、作品が借り難いのもあるようでなかなかありませんでした。併せて、ウィーン分離派関連の展覧会が同時期に東京で別に2つ(ウィーン・モダン展/世紀末ウィーンのグラフィック展)も開催されているのでクリムト展をきっかけにその周囲を知ることも出来るこの環境は素晴らしい。
 
去年の2018年はクリムトの没後100年、このタイミングでクリムト展があるのではないか?という噂もあったのですが、おそらくヨーロッパ内で開催される没後100年記念展覧会に先に作品が抑えられてしまったのでしょう、日本での開催は2019年になってしまいました。ただ、それだからこそ、作品の取り合いにならずに作品を集めることが出来たのではないでしょうか?
 
Img_6053
 
展示作品は写真やスケッチなども多かったですが、油彩作品が25点以上もあつまり、ポスターにもなっている『ユディトⅠ』や『ヌーダ・ヴェリタス』などクリムトの描く官能的な女性をたっぷり楽しむことが出来ます。クリムトが生涯独身だったのに、モデル達と関係を持ち十四人も子供がいたとか、男の肖像画はほとんど描かなかったとかいうエピソードも面白いです。ああ、ラファエル前派の面々と同じように女性にはだらしなかったのね。
 
ラファエル前派の男女関係に関しては「いまトピ」に書きましたので参考までに。

【スキャンダラスな男女関係!】美男美女揃いのラファエル前派周辺をめぐるメロドラマ
https://ima.goo.ne.jp/column/article/7033.html
 
正直、デザイン的なイメージがあったクリムト作品ですが、実物を見ると、かなり筆跡もあり、色がのっぺりとしていなかったです。ゴッホの絵からの影響もあったようなので、あの荒い筆跡はそこからでしょうか。『家族』などの黒っぽく見える黒の面も単一な暗さで無い分よけい闇が深く感じられます。『ヘレーネ・クリムトの肖像』や何故かニワトリが沢山いる風景画など1800年代の絵は比較的真面目に描いていますが、1900年前後から急に独自性を発揮します。『丘の見える庭の風景』はゴッホの影響もあったようで風景画でもかなり独特です。
 
Img_e6061
 
『女ともだちⅠ』など構図はデザイン的な魅せる上手さがある気がします。『女の三世代』の背景や『白い服の女』の黒白の分断もそうですね。『オイゲニア・プリマフェージの肖像』の様にカラフルでデザイン的な構成に、荒いタッチの筆跡の服の描写、そして丁寧に描かれた女性の人物像とこの組み合わせをやってのけるセンスは素晴らしい。あと、見どころとしては原寸大複製の『ベートーヴェン・フリーズ』。複製とはいえかなり精巧に出来たこの作品はウィーンに行って実物を見てみたい欲をかきたてます。
 
Img_6055
 
クリムトの日本美術の関連性なども展覧会では扱っていした。ウィーン・モダン展はまだ観ていないですが、世紀末ウィーンのグラフィック展でも日本美術とウィーン分離派作品の影響についての話は出ていました。浮世絵の表現についてはかなりウィーン分離派の面々は勉強をしていたようですね。前から言われている琳派からの影響云々についてはあまり確実な情報もないですが、感覚的にはやはり影響関係がある気がします。
 

|

« 世紀末ウィーンのグラフィック | トップページ | 東京インディペンデント 2019 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世紀末ウィーンのグラフィック | トップページ | 東京インディペンデント 2019 »