« ギュスターヴ・モロー展― サロメと宿命の女たち ― | トップページ | 吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵 »

トルコ至宝展/うつわベーシック 碗と椀/Bunkamura Gallery Selection/米田知子「アルべール・カミュとの対話」/国立新美術館のデザイナーズチェア

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美
http://www.nact.jp/exhibition_special/2019/turkey2019/
国立新美術館
3/20-5/20
 
Img_5736
 
トルコ イスタンブールにあるトプカプ宮殿のお宝が来ています、と言う展覧会。その実は、なんとチューリップ展でした!いや、もちろんトルコ石やダイヤモンドなどの宝石が眩い装飾具なども沢山あります。
 
Img_5737
 
オスマン帝国の皇帝の住処であるトプカプ宮殿。宮殿内にあったハーレムは有名です。奴隷として連れて来られたトプカプ宮殿内にあった女性を集めたエリアです。その女性たちも運よく皇帝の寵愛を受け皇子を産めば待遇が良くなるのですね。
  
Img_5739
  
その宮殿にはあちこちにチューリップをモチーフにした装飾があります。この花はトルコ語で表現される4文字の綴りがアッラーの並び替えになることより、とても崇められていたそうです。最後にあった日本との交流ゾーンも面白いです。
 
 
 
うつわベーシック 碗と椀
http://www.nact.jp/information/museumshop/gallery/utsuwabasic/
SFT GALLERY
3/13-5/13
 
Img_5721
 
16名の作家さんのつくる茶碗(椀)の展示。購買も可能です。小野哲平さんの茶碗があり、現在、私も使っているのもあってかこの風合い好きだなぁと改めて思いました。
 
 
 
Bunkamura Gallery Selection
https://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/190417selection.html
Bunkamura Gallery
4/17-4/24
 
Img_5668
 
出展アーティスト:大矢加奈子 奥澤華 経塚真代 ZUCK 長友由紀 西浦裕太 伏黒歩 丸山純子 水田典寿 渡邉知樹。
 
Img_5671
  
以前BankARTでも見た丸山純子さんのレジ袋の花がありました。ただ、この作品、見る場所でだいぶイメージ変わりますね。
 
 
 
米田知子「アルべール・カミュとの対話」
http://shugoarts.com/news/8947/
シュウゴアーツ
4/13-5/25
 
小説家 アルベール・カミュに関わる土地に実際に行って撮影された映像と写真の展示。フランスのパリ日本文化会館や上海ビエンナーレで展示されたものを再構成したものだそうです。
 
 
 
そう言えば、国立新美術館の館内にある休憩用の椅子等はデザイナーズチェアなのは前から知っていましたが、作家と作品名のキャプションがあるのは気づいていませんでした。埼玉近美にも同じようにデザイナーズチェアが置いてありますし、埼玉の方が種類は多いですが、物の具合はこちらの方がいい感じですね。
 
Img_5716
アルネ・ヤコブセン「スワンチェア/エッグチェア」
 
Img_5732
ハンス J. ウェグナー「CH07 シェルチェア」
 
Img_5734
ハンス J. ウェグナー「CH25 ラウンジチェア」
 
Img_5717 
紺野弘通「RINチェア」
 
全部で何種類あるのか探してみたいです。 
 

|

« ギュスターヴ・モロー展― サロメと宿命の女たち ― | トップページ | 吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギュスターヴ・モロー展― サロメと宿命の女たち ― | トップページ | 吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵 »