« 埼玉県立近代美術館の建築/椅子 | トップページ | 志賀理江子 ヒューマン・スプリング »

塩田千春 《 6つの船 》/二人のカラリストの出会い デイヴィッド・ホックニー|福田平八郎

塩田千春 《 6つの船 》
ギンザ シックス 2F中央吹き抜け
2/27-10/31 (予定)
 
Img_3571
 
ギンザシックスの吹き抜けのアート作品が変更されました。今回は塩田千春さんです(森美術館の監修)。今年6月から森美術館で個展が開催されますのでそのアピールも含めてですね。
 
塩田千春展:魂がふるえる
森美術館 6/20-10/27
 
Img_3605
 
Img_3593
 
雨が降りしきる中、彷徨う様な6つの船がどこかへ向かう、と言う様な具合に見えますね。今までニコラ・ビュフ/ダニエル・ビュレン/草間 彌生がこの場でインスタレーションを創り上げてますが今回が一番好きです。
 
Img_3582
 
Img_3610
 
雨の様に見えるのはすべて白い糸。これは吊るすのは大変だったでしょうね。何本あるんだろう?船は黒い布で構成されています。賑やかな空間の中で寂しそうにも見えます。ただ、アートとしての質は今まで一番高いように見えます。
 
Img_3594
 
Img_3608
 
全て船首の向く方向も違い、どこへ行くのでしょうか?黒い色と相まってこの世ではないところへ向かっている気もします。この中空の空間をうまく生かしたものになっていますね。
 
 
 
二人のカラリストの出会い デイヴィッド・ホックニー|福田平八郎
THE CLUB
2/16-3/30
 
蔦谷書店の中のギャラリー。ホックニーが平八郎に影響を受けていたとは知りませんでした。そして福田平八郎は琳派の影響を受けているのですよね。それが面白い。
 

|

« 埼玉県立近代美術館の建築/椅子 | トップページ | 志賀理江子 ヒューマン・スプリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩田千春 《 6つの船 》/二人のカラリストの出会い デイヴィッド・ホックニー|福田平八郎:

« 埼玉県立近代美術館の建築/椅子 | トップページ | 志賀理江子 ヒューマン・スプリング »