« 闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s/近藤嘉男と憧れのヨーロッパ航路 | トップページ | タムラサトル展 Wall to Wall »

アートフェア東京2019

アートフェア東京2019
東京国際フォーラム
3/7-3/10
 
Img_3685
 
アートフェア東京の個人的まとめ。金曜夜のディスカウントタイムで混んで来るタイミングでしたが、それでもゆったり目で見ることできました。入場料が5000円と高いので、一般の来場者を絞り商談しやすくする、ビジネスフェアとして成り立つようにするのが主催の狙いでしょうか?
 
Img_3771
 
アトリウムエリアは無料の展示でしたので、こちらでアートファンを増やしていくと言う様な役割を賄う感じでしたかね。個人的にはアートファンがもっと増えて欲しいので気軽に入ることが出来るフェアの方が好きです。
 
 
 
Img_3684
 
まずB1フロアアトリウムの無料ゾーンで気になったブース。
 
 
Img_3698
 
Img_3776
 
P12 花影抄 佐野藍
大理石の肌を持つドラゴン達の可愛くも艶やかな姿は目を惹きます。ツイッターで作家さんのコメントを頂きましたが、この写真の二点は、親子という裏設定だそうです。私はイメージが似たものを並べたのですが、正解でした。
 
 
Img_3689
 
P10 JINEN GALLERY 戸賀﨑珠穂
フラットな景色に不思議に引き込まれました。個人的に買いたい作品の一つです。
 
 
Img_3686
 
P05 四季彩舎 瀬戸優
テラコッタで作られた動物ですが、手の跡を残しているのにリアルに見える、この跡の生かし方がうまいですね。
 
 
Img_3687
 
P06 ex-chamber museum 小野川直樹
なんと小さな折鶴を無数に使って盆栽のようなものを創り上げています。すごい。
 
 
Img_3709
 
C07 金沢卯辰山工芸工房 田中陽子
花の様にも見える陶芸。こんな薄い花弁は磁器として焼く時に割れることもあるようですね。
 
 
Img_3700
 
C02 三越 内海聖史
内海さんの作品はやはり目を惹きますね。
 
 
 
Img_3674
 
今度はB2階のアートフェア東京 有料ゾーンで気になったブースです。
 
 
Img_3725
 
Img_3726
 
G21 文京アート 篠原愛 金巻芳俊 中里勇太 川島優
このブースは充実でした!このラインナップは凄いですよね。好きな作家さんばかりです。金巻芳俊さんの幾つもの顔を持つ女の子は可愛いし、川島優さんのモノトーンでゴシックな感じにも見える美人画も良い。
 
 
Img_3744
 
Img_3743
 
Img_3748
 
G119 秋華洞 鏑木清方 伊東深水 竹久夢二 池永康晟 中原亜梨沙 蒼野甘夏
このブースは凄かったです。「美人画の行方」と題したブース。清方や深水、夢二の美人画と現代アートの組み合わせ。中原亜梨沙さんの絵が良かった。池永さん、蒼野さんの絵も良いですね。
 
 
Img_3734
 
Img_3765
 
G38 古美術 鐘ヶ江 竹内栖鳳 前原冬樹 鈴木祥太
超絶技巧系多し。ブリキや陶器に見える前原冬樹さんの木彫り作品。栖鳳の掛け軸と現代の鈴木祥太さんの金属で作成された綿毛の組み合わせも良い。
 
 
Img_3760
 
Img_3758
 
G40 みんなのギャラリー サガキ ケイタ
一見、千●札のように見えますが、近くで見て、これ!
 
 
Img_3717
 
G63 永善堂画廊 難波田龍起 猪熊弦一郎
難波田さんや猪熊さん、まさかこの様な作品まで見ることできるとは。このブースは日本洋画を中心とした展示でした。
 
 
Img_3739
 
G76 水戸忠交易 増田敏也
ドット絵の様な低解像度ピクセル風の陶芸作品。これは面白い。
 
 
Img_3747
 
G128 ときの忘れもの 倉俣史朗
倉俣さんの作品買えるんだ……。
 
 
Img_3750
 
G45 ギャラリー玉英 野口哲哉
小さな武者の野口さんは人気ですね。
 
 
他にも……
G24 NUKAGA 一面ミラーにグラフィッティを描いていたブースは目を惹いた
G98 祥雲 仏頭や縄文土器なども
G46 ガレリア・グラフィカ ジュリアンオピー(フンをしているカラスが良い、笑)
G42 みぞえ画廊にジャコメッティ(9億と言う噂)
G93 ポーラミュージアムアネックスではもちろん今の展示と同期して佐伯洋江さんなど
G04 EUGENE GALLERY 入江明日香さんの絵を発見
 
Img_3767
 
有名ギャラリーでは安心の展開
G01 SCAI THE BATHHOUSE イエッペ・ハインのベンチ
G08 ミズマアートギャラリー 山口藍
G34 シュウゴアーツ 丸山直文 米田知子 三嶋りつ惠など
G26 ケンジタキギャラリー 塩田千春
 
と言う具合です。数年前のアートフェアで、思わず会場で町田久美さんのリトグラフを見かけて買ってしまった、と言う様な出会いは今回はありませんでしたが、それほど買うつもりではないアートファンが、ふと買うことを考えてしまうようなきっかけが出来ると良いので、やはり入りやすいフェアが個人的には望ましいです。もちろん色んな都合もあるのでしょうけどね。
 
 

|

« 闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s/近藤嘉男と憧れのヨーロッパ航路 | トップページ | タムラサトル展 Wall to Wall »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アートフェア東京2019:

« 闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s/近藤嘉男と憧れのヨーロッパ航路 | トップページ | タムラサトル展 Wall to Wall »