« 「ピアニスト」向井山朋子/アンバー・ダーウェン「Bug Nets」 | トップページ | イケムラレイコ 土と星 Our Planet/21st DOMANI・明日展/東京五美術大学連合 卒業・修了制作展 »

『佇まいの本』展/「佐藤慶次郎の不思議な世界展 『何ごとか?!を求めて』」/「富士屋ホテルの営繕さん-建築の守り人-」/「工藝」とは・・・/寄神宗美展 「RE-CREATIONS」

『佇まいの本』展
森岡書店 銀座店
2/19-2/24
 
Img_2776
 
森岡書店さんの一冊の本の為だけのスペース。今回の本は『佇まい』、そしてこの本に載っている6人の作家さんの物を展示。安藤明子(衣服)、安藤雅信(陶芸)、岩田圭介(陶芸)、岩田美智子(オブジェ)、辻和美(ガラス)、三谷龍二(木工)と言うラインナップでとても贅沢な面々。
 
 
「佐藤慶次郎の不思議な世界展 『何ごとか?!を求めて』」展
ギャルリー東京ユマニテ
2/4-2/23
 
ふと横を通ったら面白そうな展示が。ぐるぐる廻ったり行ったりきたりしている装置がたくさん。役に立たない、でも一個くらい欲しいね……的なものたち。
 
 
「富士屋ホテルの営繕さん-建築の守り人-」
LIXILギャラリー1
2018/12/6-2019/2/23
 
Img_2784
 
箱根の名門ホテル、富士屋ホテル。建築も名建築で有名だし、もちろんサービスも一流です。
 
Img_2785
 
Img_2786
 
その富士屋ホテルの営繕さんの紹介展示。歴史ある名建築だけあって、既製品で作られたものではないものが多い。タイルもイチョウ型で独特。
 
Img_2788
 
Img_2790
 
印刷物も活版を使って内部で作成して出していたこともあるとか。この人たちがいるから私たちは気持ちよく泊まれて、古き良き建物を今も見ることが出来るのですね。ありがとうございます。
 
 
 
 
「工藝」とは・・・
LIXILギャラリー2
2/7-3/19
 
Img_2797
 
この一番手前にある本間秀昭さんの竹工芸、細い竹材を曲げてあるもので面を構成していました。凄いな。竹と言う素材だからこそ、本当に無限に可能性がある。
 
Img_2795
 
曲げた竹で面を構成していると言うことは、曲げの湾曲具合がほぼ同じでないと面としてバラバラになってしまうのでそこらを揃えて、波の表現をしているのが凄いなと。
 
 
寄神宗美展 「RE-CREATIONS」
LIXILギャラリー3
1/18-3/21
 
Img_2780
 
一度割ってからそれを組立てていくという手段を経て創られたもの。割れるという偶然の形状を取り込む作品。
 
 
 
Img_2778
 
そういえば京橋の近くを歩いていたら、こんな銭湯の看板が。ぱっと見は「ゆ」に見えるのですが、じっくり見ると「ゆ」に見えなくなってくる。親子が向かい合っているのかな。
 

|

« 「ピアニスト」向井山朋子/アンバー・ダーウェン「Bug Nets」 | トップページ | イケムラレイコ 土と星 Our Planet/21st DOMANI・明日展/東京五美術大学連合 卒業・修了制作展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『佇まいの本』展/「佐藤慶次郎の不思議な世界展 『何ごとか?!を求めて』」/「富士屋ホテルの営繕さん-建築の守り人-」/「工藝」とは・・・/寄神宗美展 「RE-CREATIONS」:

« 「ピアニスト」向井山朋子/アンバー・ダーウェン「Bug Nets」 | トップページ | イケムラレイコ 土と星 Our Planet/21st DOMANI・明日展/東京五美術大学連合 卒業・修了制作展 »