« 子どものための建築と空間展 | トップページ | 「ピアニスト」向井山朋子/アンバー・ダーウェン「Bug Nets」 »

ソフィ カル ─ 限局性激痛

ソフィ カル ─ 限局性激痛
原美術館
1/5-3/28
 
Img_2710
 
やはりこの美術館があるうちに、この美術館でやっているのを観に行こう、と。行ってきました。この展示は前に2度ほど観ました。2016年に原美術館でやっていた「ハラ ドキュメンツ10 佐藤雅晴 ─ 東京尾行」では2部のみ展示されていました。
 
Img_2717
 
その前、いつかは忘れましたがだいぶ前にハラミュージアムアークでも見ました。その時は1部は展示されていたかな。どうだったか覚えてない。とにかく痛い展示です。自分が彼に振られてそれが日本に滞在した時に起こる。そしてその痛みを癒すために他人の痛い話を聞き、自分を癒していくという展示。
 
Img_2714
 
ただ、原美術館のために構築されたこの展示を、この建物でやるということに意味があるこの展示を、この建物で再現しているものを、ここでしっかり見ることができて良かった。
 
 

|

« 子どものための建築と空間展 | トップページ | 「ピアニスト」向井山朋子/アンバー・ダーウェン「Bug Nets」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフィ カル ─ 限局性激痛:

« 子どものための建築と空間展 | トップページ | 「ピアニスト」向井山朋子/アンバー・ダーウェン「Bug Nets」 »