« 岡田美術館:田中一村の絵画/その他常設展示(去年の話) | トップページ | 江之浦測候所 | 小田原文化財団 2018年8月メモ(去年の話) »

ポーラ美術館:ルドン ひらかれた夢/平野薫展、その他コレクション展(去年の話)

去年の夏休みは湯河原と箱根へ行ってました、が、まだここに書いていなかったので改めて。
 
その時の全体工程のざっくりしたまとめはこちら。
夏休みの湯河原/箱根の記録(江之浦測候所、岡田美術館、ポーラ美術館、温泉など)
 
箱根で行ったポーラ美術館ではルドン展とコレクション展などを見ました。
 
Img_7075
 
Img_7085
 
 
 
ルドン ひらかれた夢―幻想の世紀末から現代へ―
ポーラ美術館
7/22-12/2
 
Img_7090
 
ルドン作品、ルドンが影響を受けた先達や同時代の画家の作品、そしてルドンの影響を受けた現代作家作品を鑑賞できる展覧会。現代アートだけでなく漫画まで扱う展覧会は見ていて面白い。
 
Img_7088
 
ルドンと言えば最近三菱一号館で展覧会がありましたが、あちらはルドンの花の絵を中心の展覧会でした。こちらは黒の時代も含めた作品と、それに併せてルドンに影響を受けた他の作家の作品が展示されていました。
 
Img_7091
 
同時代の作家あり、現代アートもあり、漫画もあり。モネ、スーラ、鴻池朋子、イケムラレイコ、漫画「寄生獣」岩明均など。『悪の華』の関連もあるのか黒の時代の方が影響が濃い気もします、
 
 
 
平野薫 記憶と歴史
ポーラ美術館
7/22-9/24
 
Img_7077
 
Img_7081
 
古着や古い道具などの糸を解き、そこから作品を作り出し、インスタレーションにするという作家さんでした。
 
 
 
西洋絵画名作選
ポーラ美術館
7/22-12/2
 
フジタからの贈りもの―新収蔵作品を中心に
ポーラ美術館
7/22-12/2
 
ガラス工芸名作選-花の様式
ポーラ美術館
7/22-12/2
 
Img_7099
 
Img_7116
 
Img_7135
 
Img_7122
 
モネやルノワールなどの西洋絵画のコレクションやガレやドーム兄弟、ティファニーなどのガラス工芸の本当に名品と呼ぶに相応しいものを観ることが出来ます。その中に最近の作家の作品なども一緒に展示しているのもいいですね。このときは橋爪彩の作品がありました。お得意のフジタのコレクションなども。
 
Img_7113
 
美術鑑賞本『いちばんやさしい美術鑑賞』を読んだばかりなのでモネやセザンヌやピカソ(本に載っていた作品は出てなかった)、ガレのガラス作品などを観るのにちょうど良かった!
 
 
 
増田セバスチャン×クロード・モネ "Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-"
ポーラ美術館
7/22-12/2
 
Img_7148
 
Img_7142
 
増田セバスチャンの展示は以前ポーラミュージアムアネックスで見たものをベースにしていましたね。
 

|

« 岡田美術館:田中一村の絵画/その他常設展示(去年の話) | トップページ | 江之浦測候所 | 小田原文化財団 2018年8月メモ(去年の話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポーラ美術館:ルドン ひらかれた夢/平野薫展、その他コレクション展(去年の話):

« 岡田美術館:田中一村の絵画/その他常設展示(去年の話) | トップページ | 江之浦測候所 | 小田原文化財団 2018年8月メモ(去年の話) »