« 扇の国、日本 | トップページ | 北斎の橋 すみだの橋/すみだ北斎美術館の建築 »

「国宝 雪松図と動物アート」

「国宝 雪松図と動物アート」
三井記念美術館
12/13-2019/1/31
 
Img_1127
 
この展覧会に関してはいまトピで見どころのまとめを書きました。
 
キャッチーな動物たち勢ぞろい!国宝、超絶技巧、屏風、能面、切手なんでもありのすごい展覧会。
 
おおまかには上記記事で言っているのですが、補足も含め、重なっている部分もありますが、こちらのブログでも書いておこうかと思います。
 
※写真は内覧会により許可を得て撮影をしております。
 
Img_1084
 
まずは毎年、年明けに三井記念美術館で展示されるのが国宝 円山応挙「雪松図屏風」。今年は年内から展示されています。
 
Img_1234
 
中央ほどにあるこの展示室が屏風や掛け軸のみで占められているのを見るのは壮観です。この展示室はこのような展示をするように設計されているとのことです。
 
Img_1086
 
この部屋にある展示物でもう一点注目は長沢芦雪「白象黒牛図屏風」。あのプライスコレクションとほぼ同じもの。微妙な違いはあるようです。芦雪が同じものを注文で請けたのでしょうか。
 
Img_1077
 
この部屋には応挙の作品も多くあり、円山応挙「蓬莱山・竹鶏図」などは当時流行の鶏を描いたものです。三井家と応挙は仲が良かったようで、応挙が直接持ち込んだ作品もあるそうです。三井家の小襖に鹿を描いたものもありました。
 
Img_1128
 
もうひとつの国宝 「志野茶碗 銘 卯花墻」は茶室を模したケース内に展示されています。茶道具なので畳みの上で見るのは良いですね。
 
Img_1116
 
さて、国宝の2点以外は今回は「動物」をテーマにしてます。想像上の生き物や虫なども含めて生き物を扱っているとのこと。去年は鳥でしたね。上の花入れは惺斎「竹置筒花入 銘 白象」、そう、象の足に見えるからという見立て。これはセンスが良いですね。これと関連して、この隣にあった象の置物は、館の人曰く「下手だなぁ、と思って見ていたら、どんどん愛着が沸いてきた」というヘタウマ系作品です。
 
Img_1106
 
個人的イチオシはこの大西浄林「十二支文腰霰平丸釜」。ボッてっとした形状がたまりません。周りには十二支が描かれています。年末年始にいつでも出せる万能作品。
 
Img_1123
 
この野々村仁清「信楽写兎耳付水指」も面白い。器の耳が兎の耳。ダンボみたいに空を飛んできそうな兎ですね。かわいい。
 
Img_1110
 
兎のモチーフも幾つかありました。樂旦入「黒楽兎絵茶碗」は正面から見た兎が描かれてます。兎は子孫繁栄の象徴だったり、中国ではめでたい扱いだったりするからでしょうか。酒井抱一の作品などもありましたね。
 
Img_1172
 
超絶技巧系も面白い。高瀬好山「昆虫自在置物」は関節が動く虫のオブジェ。稼動プラモデルの高いやつ、と言うと怒られそうですね。
 
Img_1171
 
超絶技巧系と言えばこの人、安藤緑山「染象牙貝尽置物」。この人はかかせないです。しかし、何で象牙で貝を彫ろうとしたのでしょうか?
 
Img_1143
 
鹿の作品も多く、三井家を辿ると藤原家になり、藤原家の納める神社などに欠かせない神の使いである鹿、それを三井家は重宝したそうです。そういえばこの美術館のエレベーターを降りた正面に池田勇八「嶺」が居ましたね。
 
Img_1197
 
切手の展示などもありましたし、能面の展示などもありました。
 
Img_1148
 
この展覧会、本当になんでもありで、上記の切手や能面、屏風や掛軸などの絵画、彫刻、茶碗や花入などの茶道具、香合、超絶技巧系など幅の広いジャンルのものがありました。それが動物モチーフと言うので判りやすく、楽しく見ることが出来ました。

|

« 扇の国、日本 | トップページ | 北斎の橋 すみだの橋/すみだ北斎美術館の建築 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「国宝 雪松図と動物アート」:

« 扇の国、日本 | トップページ | 北斎の橋 すみだの橋/すみだ北斎美術館の建築 »