« カタストロフと美術のちから展 | トップページ | それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio »

会田 誠とChim↑Pomのカラス/石塚隆則「飛天」/平成展 1989-1999

MAMコレクション008:会田 誠とChim↑Pomのカラス
森美術館
10/6-2019/1/20
 
Img_9612
 
Img_9613
 
カタストロフィ展と同時開催です。森美の会田誠展に出ていたこのカラスの屏風絵も災害モチーフな感じですね。
 
Img_9623
 
Img_9627
 
この絵、松林図屏風を参考にしたという話ですが、本当にかっこいい。そして会田さんのうまさがわかります。鳥の形のうまさとかすごい。そう言えば、今年やっていた会田誠展で出ていた新宿御苑の黒板絵に描かれていた動物たちもうまかったです。会田さんの絵で図鑑とか作りたいです。
 
Img_9620
 
Img_9622
 
ただ、よく見るとかなりグロテスクな点もあります。世紀末的な。
 
Img_9616
 
Img_9618
 
この屏風と対応する様にチンポムのカラスを集める映像も出ていました。
 
 
 
石塚隆則「飛天」
六本木ヒルズA/Dギャラリー
9/28-10/21
 
Img_9629
 
Img_9631
 
可愛い熊が仏様の形に飛び回る様な彫刻作品。なぜ、仏像を熊で彫る!と思いはしますが、ま、可愛ければ、良いか!
 
 
 
平成展 1989-1999
東京カルチャーリサーチ(六本木ヒルズ森タワー52階 THE SUN & THE MOON内)
8/31-10/31
 
Img_9393
 
Img_9396
 
平成を象徴するかの様な各種グッズや映像などが散りばめられた空間で、平成の中に入り込む(?)VRがありました。それは体験しませんでしたので、グッズを眺めるのみで。
 

|

« カタストロフと美術のちから展 | トップページ | それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会田 誠とChim↑Pomのカラス/石塚隆則「飛天」/平成展 1989-1999:

« カタストロフと美術のちから展 | トップページ | それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio »