« 田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Search & Research(ギャラリー間) | トップページ | WAKU WORK 津森千里の仕事展 »

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018
東京ミッドタウン各所
10/19-11/4
 
今年のDESIGN TOUCHもミッドタウンのあちこちで「みらいのアイデア」をテーマにして色々なイベントを開催しています。私は初期の頃に行って来たのでまだ開催されていないものもありましたが、とりあえず観たものを簡単にメモ。
 
Img_9739
 
PARK PACK by ULTRA PUBLIC PROJECT
(ミッドタウン・ガーデン及び芝生広場:10月19日~11月4日)
今回芝生広場で展開されているのはRhizomatiks Architecture、ティー・ワイ・オー、電通ライブで立ち上げたユニット。うん、少しいつもよりも企業展示っぽい気がする。
 
 
Img_9748
 
Img_9750
 
Swell
(ミッドタウン・ガーデン:10月19日~11月4日)
「we+」が手がけるキラキラ光るメッシュ素材を使った展示。女性たちが集まっているので何かと思ったらキラキラな素材の前で自撮りしているのですね。こう言う自撮りのネタってどうやって見つけてくるのでしょうか?
 
 
Img_9743
 
Img_9745
 
Salone in Roppongi vol.6 2018
(ミッドタウン・ガーデン:10月19日~11月4日)
建築家の家所亮二さんが手がける展示。何かヒラヒラしているのとブランコベンチがありました。
 
 
Img_9690
 
Img_9686
 
Tokyo Midtown Award 2018
(プラザB1:10月19日~11月11日)
上の人型メトロノームは鈴木康広さん作のトロフィー。
 
Img_9697
 
<デザインコンペ>で個人的に良かったのはurucoの「ねこに小判」。お金の形をしたキャットフード。まぁ、型取りしただけなのだがタイトルの勝利ともいえる。
 
Img_9719
 
Img_9721
 
<アートコンペ>青沼 優介さんの「息を建てる/都市を植える」。なんとタンポポの綿毛で作った都市模型。ただ、これ展示していたら壊れて(壊されて?)しまったようです。作家さんはショックだったでしょうね。これからこの都市を修復していくようです。
 
 
Img_9731
 
Img_9732
 
Img_9738
 
NTTドコモ デザイン展
(アトリウム:10月19日~10月28日)
何か天井か降ってくる、と思ったら携帯電話サイズの色とりどりの紙。鈴木康広さんのまばたきの葉みたい。

|

« 田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Search & Research(ギャラリー間) | トップページ | WAKU WORK 津森千里の仕事展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018:

« 田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Search & Research(ギャラリー間) | トップページ | WAKU WORK 津森千里の仕事展 »