« フェルメール展 | トップページ | SHIMURAbros「Seeing Is Believing 見ることは信じること」 »

竹工芸家 初田徹 個展「煤竹と茶杓」

竹工芸家 初田徹 個展「煤竹と茶杓」
SPACE YAUPON(スペースヤポン)
9/14-9/16
 
Img_7758
 
少し前の展示ですが、竹工芸家 初田徹さんの今年に入って2回目の個展。前回と同じ会場での開催です。この回の展示は茶杓をメインに竹の良さを知ってもらうというもの。
 
Img_7757
 
茶杓というものはまだ自分の好みと言うのがわからない道具の一つです。どんなものが好きなのか、どこを見たらよいのか?自分自身の好みが掴めていない。
 
Img_7744
 
茶碗や茶入れなども以前は全くわからなかったのですが幾つも見ていくうちに好みが出てきました。なので茶杓も知識だけではわからないけど、幾つも見ていくうちに好みが出てきそうな気がします。
 
Img_7745
 
そういう意味でもこう言う実際に手に取って見て肌合いを楽しむ事が出来る展示はいいですね。茶杓の他にも菓子切りや花入れ、ペーパーナイフなどもありました。竹に触れる事が出来る展示ですね。
 
2018年最後の個展は12月8日(土)より東京都内で
 
初田さんは年内にもう一回個展を開くということです。12月8日から16日までと、今までより少し長めの期間です。こちらも見に行きたいと思います。

|

« フェルメール展 | トップページ | SHIMURAbros「Seeing Is Believing 見ることは信じること」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/67263271

この記事へのトラックバック一覧です: 竹工芸家 初田徹 個展「煤竹と茶杓」:

« フェルメール展 | トップページ | SHIMURAbros「Seeing Is Believing 見ることは信じること」 »