« 北川 宏人展ーWOMENー | トップページ | 竹工芸家 初田徹 個展「煤竹と茶杓」 »

フェルメール展

フェルメール展
上野の森美術館
10/5-2019/2/3
 
Img_8779
 
始まりましたね、秋の展覧会の注目の一つ「フェルメール展」。会場が上野の森美術館と言うこともあり混雑を想定してかなんと日時指定制。前もって日時指定のチケットを買っておいて入場と言う形になります。それぞれの入場時間枠は以下の6枠です。
 
9:30-10:30
11:00-12:30
13:00-14:30
15:00-16:30
17:00-18:30
19:00-20:00
※閉館は20:30
 
枠が空いていれば当日券も出るようです。入れ換え制ではないので入ってしまえば閉館までは制限はありません。
 
Img_8784
 
私は二日目の土曜日15時に申し込んで行って来ました。混雑状況としては、まぁ、そこそこ、と言う感じです。
 
15時~16時30分の間に入場する指定券なのですが事前の情報では入場指定時間ギリギリに行くと入場までに並んでいるとのことで少しずらして15時30分頃到着。少し並んではいるものの実質15分くらいで入れました。15時ちょうどでは30-40分位並んでいたという話を聞きます。15時45分で数分待ち、16時前くらいだとほぼ並ばずに入れそうです。時間に余数があれば枠内での時間ずらしは有効です。
 
Img_8915
 
また、館内ですが、まず2階でオランダ絵画のコーナーを見て、その後に1階のフェルメール部屋に行く流れになっています。人は入っていますが、少し待てば絵の前に行けると言う感じの混み具合。特に2階は次の枠の入場前ギリギリ(私の場合は次の枠は17時入場だったので16時50分-17時位の間)はフロアに誰も人が居ないで独占してみることが出来る位に空いていると言う話も聞きました。
 
残念ながら1階のフェルーメール部屋はずっとある程度の人はいます。入る時間によってはまず1階のフェルメールを先に見て、後でゆっくり2階のオランダ絵画を見るという手もありそうです。
 
実際には1時間半から2時間程度で見終わると思うので、入れ換え制をしなくてもある程度の人は2時間後には館から出ていると思います。それよりも長く居るのはよっぽど好きな人なのでそれ程人数が居るわけでもないでしょうから、入れ換え制にしなくても大丈夫だと思います。
 
Img_8782
 
そしてフェルメール作品。この段階では8点の絵画が並んでいます。全35点とか37点とか言われているフェルメールの作品が日本に居たままで一度に8点も見ることが出来るのだから凄いことです。ちなみに展示換えがあり初来日の作品「赤い帽子の娘」は12月20日までの展示です。代わりに「取り持ち女」が1月9日から東京展最終の2月3日まで展示されます。12月21日から1月8日までの期間はフェルメール作品が7点になってしまうので要注意ですね。
 
また、この後、この展覧会は大阪に巡回しますが、大阪では日時指定制ではなくなりますがフェルメール作品の展示は6点となります。先ほどの東京で1月9日から展示される「取り持ち女」も大阪で展示されます。大阪のみでの展示作品「恋文」もあります。つまり東京で初期に8点を見て、その後大阪で観れば全部で10点フェルメール作品を見ることが出来るのです。これ、このまま頑張ればコンプリート出来るのじゃない?と思ってしまいそうになります。ええ、勘違いですが。
 
ここら辺の展示作品スケジュールに関してはこちらのブログにわかり易く上がっていました。
 
アートの定理「フェルメール展 いつ・どこで・何が見られるの?図表で整理して分かりやすく解説!」
 
 
Img_8856_2
 
しかし、フェルメール作品8点を一つの部屋に展示するとは凄いですね。見応えありました。時代が違う作品を8点並べています。1階の広い展示室のほとんどをそれに使っています(映像コーナーと期待を高めるプロムナードが他にもあり)。床やステンドグラスの模様、小物や人の表情、手の表現などをじっくりと見て、比較して楽しむことが出来ました。
 
東京のみの展示作品ではありますが「牛乳を注ぐ女」がやはり逸品でした。とにかく色が綺麗。細かい描き込みも、光の差している感じも見事としか言い様がありません。「真珠の首飾りの女」「ワイングラス」も東京のみのの展示となりますが良かった。個人的には「リュートを調弦する女」が気になっていましたが、実際に見たらこの黄色い服の女性シリーズの中では「手紙を書く女」が一番良かったですね。
 
Img_8788 Img_8789
 
さて、フェルメール展としてはいるものの、今回の展覧会には他にも素晴らしいオランダ絵画の作品が来ています。こちらも注目、じっくり見て楽しむことを推奨します。肖像画、神話や宗教画、風景画、静物画、風俗画とジャンルごとにコーナー分けしてありますがオランダ絵画の特筆でもある風俗画が特に凄かったです。
 
オランダ美術史を研究されている熊澤弘先生オススメのハブリエル・メツーの作品「手紙を読む女」「手紙を書く男」の2点にはおどろきました。事前に写真で見たときは構図や人の描き方がフェルメールと似ているのもあり「こう言うのが流行っていた描き方なのだろうなぁ」程度にしか思っていませんでした。ところが実物をみたら、ごめんなさい、本当に凄かったです。とにかく全体的に明るい。そして詳細に描かれいます。フェルメールとは別ものですね。犬の描き方のリアル具合などを見てもフェルメールよりも技術は上手い。フェルメールの絵よりも高額で扱われていたというのも納得です。
 
もう一つヘラルト・ダウの「本を読む老女」と言う作品も凄かった。老女やその衣服の精密さも凄いのですが、読んでいる聖書を一文字一文字絵画で描いています。この精密さは驚きでした。
 
Img_8853
 
配布される作品リストは簡易解説付きの冊子形式です。その分会場内に解説のキャプションはありません。作品数がそれ程多くないので出来るのでしょうが、解説は後で読む人とかは絵の前でキャプションを読まなくても良く、後で読み返せるので良いと思います。上野の森美術館はそうしても館内が混んでしまうのでそなんとか工夫をしている様ですね。それでも一部混んでいるエリアもありますが、「怖い絵」展や「エッシャー」展の様に外で何時間も待って、中でもギュウギュウと言うことは避けられそうです。
 
更に音声ガイドが無料で付いてきます。それも石原さとみのガイドです。チケット料金は2500円と他の展覧会に比べて割り高に見えますが、音声ガイド付きで、何時間も並ばなくて良いと言うことを考えればお得だとは思います。石原さとみ本人は付いてきません。ええ、付いてこないのです。
 
Img_8857
 
ショップもなかなか盛況でした。なんと言っても「牛乳を注ぐ女」とミッフィーのコラボはかなり人気になりそうです。
 
フェルメール関連の本も多く出ていますよね。ショップにあるものだと、図録か公式ガイドブックが良かったです(両方買いました)。また、ショップでは売っていませんが、書店などにおいてあるフェルメール特集の本の中からは私はこれ『フェルメール会議』を買いました。フェルメール35作品がすべて載っていますし、他の本とはテイストが少し違う感じが良い。先に書いた熊澤先生のメツーをはじめとするオランダ絵画についての文章も載っています。
 
 
Img_8778
 
 
さて、後半に行くにつれ普通は混雑が増すのが展覧会の通常ですが、この展覧会はどうでしょう?それよりも今回大阪含めて10点をコンプ目指すのか、それとも東京のみの9点制覇とするか、少なくとももう一回はどこかで見に行くことになるかもしれません。どうするかなぁ。
 

|

« 北川 宏人展ーWOMENー | トップページ | 竹工芸家 初田徹 個展「煤竹と茶杓」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/67259917

この記事へのトラックバック一覧です: フェルメール展:

« 北川 宏人展ーWOMENー | トップページ | 竹工芸家 初田徹 個展「煤竹と茶杓」 »