« 「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展 | トップページ | 小原古邨展 -花と鳥のエデン- »

[企画展] 日本画の挑戦者たち ―大観・春草・古径・御舟―

[企画展] 日本画の挑戦者たち ―大観・春草・古径・御舟―
山種美術館
9/15-11/11
 
日本美術院の創立120年を記念した展覧会です。日本美術院の創立に参加した横山大観・菱田春草、そしてそれに続く世代で活躍した小林古径・速水御舟の4人の作品を中心に新たな日本画を開拓しようとした画家たちの活動を紹介する展覧会になっています。
 
内覧会に参加させていただきました。写真は内覧会にて特別に許可を得て撮影したものです。展示作品はすべて山種美術館所蔵です。
 
 
Img_7953
小林古径《清姫》全8点のうち5点
 
今回の展覧会、注目する点として小林古径の《清姫》全8点展示があります。様々に伝わる道成寺の伝説に能や歌舞伎のエピソードなども加え総括した古径ならではの清姫の物語をつくりあげたとのこと。
 
 
Img_8052
速水御舟《名樹散椿》の関連グッズなど
 
また、もう一つ注目したいのが後期(10/16-11/11)に展示される速水御舟の《名樹散椿》(重要文化財)です。9月28日に全国公開される映画「散り椿」の公開を記念した展示だとのこと。今回、山種美術館にはこの《名樹散椿》関連のグッズも沢山出ていました。
 
映画「散り椿」公式サイト
 
51tdzrbq1ll
 
この映画、岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子 等という豪華キャストの映画なのですが、原作小説にあたる葉室麟「散り椿」(角川文庫)の表紙にこの絵が使われているそうです。それが縁で試写会会場の舞台挨拶背景に《名樹散椿》複製パネルが使われたとか。
 
 
Img_7943
横山大観《喜撰山》※裏に金箔を貼り、紙を剥がして赤みを出す
 
さて、今回の展覧会の中心となる日本美術院、ここら辺の日本画についての時代や歴史の流れは実は私はそれほど詳しくなく、苦手意識があったりします。個々の作家や絵は好きなものも多いのですが。それなのでちょっと歴史背景を勉強をしてみようと思いました。それには最適の展覧会です。
 
Img_7921
橋本雅邦《不老門・長生殿》
 
時代は明治。東京大学で講義をしていた雇われ外国人 フェノロサの指示の元に狩野派の狩野芳崖が古いモチーフと近代様式を組み合わせた絵を描くようになります。橋本雅邦も共に活動。フェノロサに学び、新しい日本画を発展させたのが岡倉天心。橋本雅邦の門下生が横山大観。岡倉天心はまず東京美術学校を創立しますが、反対に追われ新たに日本美術院を谷中の地で創立します。その時の中心メンバーが橋本雅邦、横山大観、下村観山、菱田春草です。
 
Img_7933
菱田春草《雨後》
 
空気を描くことは出来ないか?という天心の問いに対して横山大観や菱田春草は朦朧体と言う技法を試みます。輪郭線の無い、ぼかしを多用した描き方はまるでターナーの絵のようです。それらの試みは当時の画壇には受け入れられず日本美術院は運営が悪化し五浦へ移転、一度は衰退します。
 
Img_7965
富取風堂《もみぢづくし》
 
天心がなくなった後、横山大観や下村観山に加え今村紫紅、小林古径などにより日本美術院は再び谷中で復興。この時復興に参加していた今村紫紅、そして紫紅と共に赤曜会を結成した速水御舟や富取風堂などの次世代の画家達がそれから活躍していきます。
 
Img_7985
速水御舟《柿》
 
Img_7989
速水御舟《牡丹花(墨牡丹)》
 
先ほど、日本美術院周辺の歴史背景が苦手とは言いましたが、個人的には速水御舟の絵は大好きなんです。今回も御舟の絵が幾つかあり、嬉しいところでした。
 
Img_7974
速水御舟《昆虫二題 粧蛾舞戯》
※この作品は10/14まで一般オープン日でも撮影がOKです(10/16以降は速水御舟《名樹散椿》が撮影OKとなります)
 
Img_7971
速水御舟《昆虫二題 葉蔭魔手》
※この作品は10/14まで一般オープン日でも撮影がOKです(10/16以降は速水御舟《名樹散椿》が撮影OKとなります)。
 
それから新たな日本画の創造という院の方針を今に引き継ぎ現在も日本美術院は続いていきます。なかなかこれだけの流れを一通り見ることの出来る展覧会は他ではあまり無いと思います。
 
近代日本画を作り上げていき、それが現代まで続いている。これらは過去の産物ではなく今への道のりなんですよね。なかなか貴重な機会だと思います。
 

|

« 「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展 | トップページ | 小原古邨展 -花と鳥のエデン- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/67191945

この記事へのトラックバック一覧です: [企画展] 日本画の挑戦者たち ―大観・春草・古径・御舟―:

« 「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展 | トップページ | 小原古邨展 -花と鳥のエデン- »