« ビーマイベイビー 信藤三雄 レトロスペクティブ/コレクション展「新収蔵・北杜夫コレクションを中心に」 | トップページ | 「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展 »

エルメス「彼女と。」/「となりにくらす生きもの」安田ジョージ

エルメス「彼女と。」
国立新美術館
7/11-7/30(予約制)
 
Img_5699
 
だいぶ前に体験した展覧会のレビューになります。「彼女」。そしてその彼女を追いかける「作家」。この2人を中心に紡がれる物語の展覧会です。と言っても何か良く判らないですよね。それをエルメスが展開していると言うから余計不思議です。
 
Img_5624
 
美術館の展示場に映画のセットが造られています。そしてそこで「彼女」と言う一人の女性を追い求める撮影をしています。
 
Img_5614
 
「彼女」を追う「作家」を演じる役者、もしくはエキストラとして私達はそこに参加するという段取りです。日時指定の事前申込み制。「作家」を演じる役者は各回で一人しか参加できないためあっという間に予約は埋まってしましました。エキストラは各回につき20人くらいは居たでしょうか?役者で参加の方が盛り上がるのは間違いないですが、残念ながらエキスとでの参加となりました。
 
Img_5656
 
Img_5646
 
会場に居るのは「作家」役の参加者、そして彼女の友人を演じる何人かの役者、撮影スタッフを演じる何人かの役者。「彼女」自体は出てきません。彼女を追う物語。これがドキュメンタリーなのか、フィクションなのかの設定もありません。 観ているうちに、フィクションとノンフィクションが混ざっていきます。はたして彼女は実在するのか?それとも映画の中だけの話なのか?
 
Img_5657
 
Img_5660
 
凄いな、と思ったのは場内にエルメスの宣伝的な文字がほぼ無いということ。もちろん役者さん達の着ている服や道具などはエルメスのもの。そう、この展覧会は動くエルメスの秋冬カタログなのですよね。もちろん私はそれを見てエルメスかどうか判断は出来ないので、まぁ、宣伝の対象外なのでしょうけど、笑。
 
Img_5617
 
映画館のような映写室ではじめに設定を知らされます。画面で見た「彼女」に会いたくなた「作家」。「彼女」は「作家」に3人の友人の連絡先を渡す。「作家」はその3人から話を聞き、彼女の一面を知る。最後に彼女と自宅で会うことになる。そしてそのストーリーを私達エキストラと一緒に映画にし、その撮影をこれからします。と言う流れです。
 
Img_5619
 
中に入ると映画の色々なシーンのセット。最初の友人から聞く話は冬の海のエピソード。ちなみに良く観ると杉本博司の「海景」シリーズが飾ってあるじゃないですか!これは本物ですよね、きっと。エルメスのコレクションでしょうか?
 
Img_5626
 
二つ目のセットはアパートメント。彼女の恋人からスカイプで話を聞きます。パーティーから雪の中を逃げ出す彼女との想い出を語る彼。そして三つ目は彼女の隣人である花屋とのシーン。彼女の仕掛けた屋根の上でのパーティーの思い出の話が出ます。
 
Img_5635
 
「作家」役として参加する人という設定がうまいな、と思いました。一般からの参加者なのですから台詞は少なめです。それでも話が流れるようなストーリーになっています。そして「作家」役でもあるし、「彼女」の友人に話を聞くインタビューワーの役割なので常にノートなどを手に持っていてもおかしくありません。つまり台本を常に抱えて見ることが出来るのですよね。そして「作家」なので男性でも女性でも大丈夫。この設定はいいですね。
 
Img_5636
 
Img_5639
 
さて、ここまで3人から話を聞きましたが、これらはあくまでも作家の想い出は話を映画で撮影するという建前です。それを演じる役者たちのメイクブースや小道具が置いてあるストックヤードがセットの裏にありました。
 
Img_5654
 
そして、先ほどの友人の語った思い出の中にあったシーンも撮影をされています。冬の海の波打ち際のシーンのセット。ここで彼女が冬の海に入って泳ぐシーンが撮影されていたのです。撮影時の映像が流れていました。
 
Img_5642
 
また、恋人とパーティーを抜け出したシーンのセットもあります。こちらも撮影は済んでいて、撮影風景が流れています。
 
Img_5666
 
Img_5668_2
 
Img_5669
 
次は隣人が語った屋根の上のパーティーのセット。ここで私達エキストラの登場です。モデルさんと一緒に乾杯をするなんて、夢のようなシーンを撮影します。
 
Img_5677
 
Img_5681
 
さて、最後のシーン。ここでは彼女の妹から彼女の家の鍵を受け取ります。ただ、そこには彼女の姿はありませんでした。ただ、家にあるものから彼女がどの様な人か伝わってくるようです。
 
Img_5687
 
Img_5685
 
正面にある絵画が誰の作品かが気になりました。ちなみに聞いているレコードは「Isaac Delusion」でした。
 
Img_5693
 
Img_5694
 
最後、出口そばにあったのは「彼女」の控え室。ここに居るのは彼女自身なのでしょうか?彼女の役を演じる役者なのでしょうか?虚構と現実が混ざり合いそうです。
 
 
 
 
「となりにくらす生きもの」安田ジョージ
国立新美術館 SFT GALLERY
6/13-8/20
 
 
布や木彫りで造る動物達。安田ジョージさんの造る動物たちはその木の肌感や布の質感のせいかとても優しく感じます。ドローイングもとてもいい雰囲気。土に還るもので制作するというこだわりもいいですね。
 

|

« ビーマイベイビー 信藤三雄 レトロスペクティブ/コレクション展「新収蔵・北杜夫コレクションを中心に」 | トップページ | 「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルメス「彼女と。」/「となりにくらす生きもの」安田ジョージ:

« ビーマイベイビー 信藤三雄 レトロスペクティブ/コレクション展「新収蔵・北杜夫コレクションを中心に」 | トップページ | 「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展 »